転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > IT・WEB > 他と差をつけるITフリーランスの名刺

他と差をつけるITフリーランスの名刺

🕒 2018/05/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
他と差をつけるITフリーランスの名刺

ITフリーランスなのに名刺は必要なの?

と思うかもしれません。しかし、ITフリーランスだからこそ他者との関係性が大切になってきます。ITフリーランスでは自分で営業をして仕事をさせてもらわなければなりません。

名刺で他のITフリーランスと差をつけることがインパクトを残し仕事をもらうのに必要です。

ITフリーランスの営業と名刺の必要性

ITフリーランスにとって最初にぶつかる壁は営業です。

知名度のない自分にとって仕事をもらうことは簡単ではありません。最初はイベント等で名刺を配り少しでも知ってもらうことが大切です。

その少ないチャンスを生かすためにも凝った名刺は武器になります。デザインが得意な人であれば、名刺一つで自分の能力をアピールでき、名前を覚えて貰う可能性が高くなり仕事が舞い込みやすくなります。

簡単に名刺がもたらす役割を紹介します。

①自己紹介になる

企業に所属していないからといって名刺交換の機会がなくなるといったことはありません。むしろ、企業に所属していないからこそ企業の後ろ盾がないフリーランスには必要です。

②顧客の獲得につながる

名刺に書かれた情報をもとにして連絡をもらうことがあります。名刺はそのきっかけを作ることができます。

インパクトのある名刺を作り自分をブランディングする名刺を準備するのがフリーランスの営業の第一歩です。

名刺に記載する事項

ITフリーランスの方の名刺に記載する必要がある事項はいくつかあります。

①基本情報

ここに記載するのは自身の名前、肩書、会社名や団体名がテンプレートです。肩書はシンプルに自分が何の専門家であるのか程度で良いと思います。自身の名前は覚えてもらうためにも少し工夫したものが良いです。

例えばインパクトのあるニックネームなんかがよいかもしれません。

②連絡先の情報

以前は電話でのやり取りが主流でしたが、昨今、連絡を取る手段は格段に増えました。特にスカイプに登録している場合はスカイプの登録番号を記載するのもよいでしょう。

③SNS情報の記載

SNSを見てもらうことで自分の自己紹介にもなります。また、自分が発している情報が相手方に対して有益であった場合、それだけで関係性を築く可能性もあります。

④自身の今までの経歴と所持している資格等

名刺のスペースは限られているためここに記載すべきものはITフリーランスとして活動していくうえで武器となる経歴や資格等のみでいいです。

上記で上げたような必要事項を記載して名刺の限られたスペースで自信をアピールすることが大切です。

名刺の作成方法

ITフリーランスになられた方は最初、どのようにして名刺を作成していくかわからないと思います。

ここではフリーランスになられた方の名刺の作成方法を説明します。

①自分でソフトを使って名刺を作成する

デザインを考える、作成するのが得意な人はillustratorなどのソフトを使って自分で名刺を作成することをおすすめします。自分が納得するデザインにすることができるのが最大のメリットです。

②クラウドソーシングを利用して名刺を作成する

自分でソフトを使ってデザインすることができない人であっても、クラウドソーシングを利用することでオリジナルの名刺を作ることができます。また、印刷業者などに依頼するよりも低コストで作ることができるのもメリットです。

③名刺印刷業者に依頼して作成する。

一番手っ取り早く名刺を作成することができる方法です。代表する業者にラクスル、プリスタなどがあります。しかし、業者を通しての作成となるためコストが一番かかってしまう方法でもあります。業者にはそれぞれ特徴があるのでコスト面やデザインの満足度などの総合的な判断が必要となります。

以上のように名刺を作成する方法はさまざまありますが、自分で作成するにしても業者に依頼するにしても自分が納得する名刺を作ることが大切です。

名刺は複数作成したほうがいい?

名刺は用途別に複数所持しておくことをおすすめします。

業務用とプライベート用で区別するのは最低限必要です。業務用は上記でも挙げたようなものでよいと思います。

プライベート用はもっとラフなものでよいと思います。資格や経歴が記載されていると固い印象を持たれることも少なくないので、シンプルにニックネームと肩書程度でよいと思います。特に婚活イベントなどで女性に対して名刺を渡すときには、抵抗を与えないようなシンプルなものがよいです。

また、業務用であってもシチュエーションに応じた名刺を使い分けることをおすすめします。営業で使うものとイベント等の場で渡すもので分けておくことをおすすめします。

最初のうちは1枚でもよいかもしれませんが、徐々に仕事を行っていくうえで複数必要となっていくこともあるので初めのうちから考えておく必要がありそうです。

まとめ

ITフリーランスの方であっても、自分をブランディングしてくれる名刺を持つことは大切です。企業に所属していないから名刺交換をする機会が少ないといった固定概念を持たず、自分をアピールするいい機会だ!

と思ってインパクトがありかつ自分が納得するデザインの名刺を作成して他のフリーランスと差をつけていただきたいと思います。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職エージェントからの紹介案件をうまく断る全方法
転職エージェントから紹介された案件よりも他の案件が気になる。そういった場合の上手い断り方とはどうい…
転職したいけど身元保証人がいない!そんなあなたに対処法を教えます
転職をするときに企業によっては身元保証人が必要になることがありますよね。扱う仕事の内容や会社の規模…
薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧
転職を考えている皆さん。薬剤師になることを想像したことはありますか。薬剤師の待遇面をじっくりと見て…
学歴がなくても転職しやすい職種・利用すべき転職エージェントまとめ

求人でよく見る「学歴不問」って本当なの?

学歴を気にしている転職者必見!

未経験可能…

pagetop