転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 転職エージェントの通過率って実際どうなの

転職エージェントの通過率って実際どうなの

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェントの通過率って実際どうなの

転職を真剣に考えたことがある人は、「転職エージェントを利用したら専攻通過率ってどのくらいなのだろう」と思ったことがあるでしょう。新卒採用の就職活動と違って、転職は自分だけでは分からないことばかりです。従って転職エージェントが存在し、精一杯サポートしてくれます。

では転職エージェントを利用した選考で通過率をあげる方法はあるのか、ご紹介します。

転職を考えている人は、実情が気になると思うので是非最後まで読んで下さいね。

選考対策

まず転職エージェントを利用した際の一般的なプロセスと、それぞれの通過率を見ていきましょう。書類面接→一次面接→最終面接→内定が一般的な転職採用フローとなります。企業によっては一次面接の前に筆記試験を実施し、一次面接の後に二次面接を取り入れているところもあります。

それぞれの選考通過率を見てみましょう。

書類選考30%

一次選考30~40%

最終選考30~40%

いかがでしょうか。つまり転職エージェントを利用しても内定までたどり着くのは約6~7%ととても狭き門なのです。また書類選考が意外と低いことが分かります。従って転職成功のカギは書類選考が握っていると言っても過言ではありません。

書類選考通過率向上のカギ

あくまで30%は平均値なので、転職エージェントによっては80%を超える通過率もあります。まず書類選考が通らない原因を振り返ってみましょう。

大手転職エージェントでの登録者に埋もれてしまう場合

大手の転職エージェントは登録者がとても多いので埋もれてしまい、選別されてしまうことがあります。掲載企業数が豊富など、大手エージェントの良い点はたくさんありますが、志望する業界や職種が決まっているのなら。その方面に強みを持つ転職エージェントを利用することが、書類選考がうまくいくコツとなります。

自分の経歴と見合わない企業を受けている

書類選考が通らない人の多くに共通している点として、自分の経歴が全くの対象外、つまり見合っていない企業にエントリーするところです。有名な企業だからと、イメージ選考のエントリーをするのは失敗する大きな原因となります。自分がやりたいことを明確にしてから書類選考に臨みましょう。もし難しいのなら、その分野に強い転職エージェントに相談してみるのも1つの手です。

求人に合致したアピールを出来ていない

本人は希望条件を満たしていると思ってエントリーしても書類から企業に伝わっていないケースです。自分では分かりやすく書いたつもりでも、他人に読んでもらうと全然伝わらない事がよくあるので、エントリーする前に転職エージェントなどに添削してもらうことをおすすめします。

一次選考通過率向上のカギ

最初の難関書類選考を通過するといよいよ面接です。よくコミュニケーション能力がるのに就職活動が上手くいっていない人を見かけませんか。面接でのコミュニケーション能力は普段とは求められているものが違うのです。

まず心がけることは、・第一印象が明るいか・転職理由が主体的であるか・人事の質問にきちんと応えられるか・企業研究できているかの4点です。一次選考が通らない大きな原因は、転職理由をしっかりと説明できていないことです。他責であったり、環境のせいにします。多くの求職者がいる中で企業はそのような人材を求めていません。

従って一次選考の際は、転職理由の明確化と自分の志望理由の納得してもらう形で言語化することが重要になります。

最終選考通過率向上のカギ

最終選考ではどの企業でも役員クラスが出てきます。従って、彼らにいかに御社への熱意があるかをアピールしましょう。彼らは長く働いてくれる人を当然求めています。また。指示をしっかり聞けるなど素直さをアピールすることも忘れないでおきましょう。

転職エージェントの裏側

ここまで選考通過率向上のカギをお伝えしてきましたが、忘れてはいけないのが転職エージェントに振り回された転職活動をしてはいけないということです。なぜなら転職エージェントは利用者が内定してやっと成果が出る立派なビジネスだからです。利益が出るように努力するのは当然ともいえます。

そこで転職エージェントの裏側を少し見てみましょう。内定までたどり着いてやっと利益が出るので、登録後の面談の際にその後の彼らのやる気が見て取れるのです。

ホテルや飲食店の場合。エージェントがなんとしてでも会いたいと思う利用者は当然競合他社も会いたいと思うので、ホテルなので面談をして本気度を示します。

エージェント自社での面談。これが一般的です。担当のメンターがくるのですが当然相性の良し悪しがあるので、自分を内定までサポートしてくれる相性の良い人を探しましょう。

電話面談の場合。電話面談を促されたら、本気度は低いといっていいでしょう。紹介される数が少なかったりします。

まとめ

いかがでしたか。転職エージェントを利用しても内定までたどり着くのはとても難しいと分かりましたね。転職成功には自分にマッチするエージェント選びと書類選考通過が大きなカギになります。是非参考にしてくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

意外とやりがち!転職面接を失敗に導くNGの逆質問パターン
転職面接のラストでよく聞かれる逆質問、答え方によって逆転する場合と失敗する場合があります。面接を失…
大東建託は転職先としてどうなのでしょうか
転職をお考えの皆さん、大東建託という名前はご存知でしょうか。大東建託が転職先として良いのか悪いのか…
キャリアカーバーに出ているアプリケーションエンジニア求人の特徴
キャリアカーバーに出ているアプリケーションエンジニア求人の特徴を実際の求人情報から紹介します。
リクナビNEXTがイチオシ!大手上場企業に転職しよう
転職するなら、大手・上場企業がいいと思いません。大手ってだけで何か憧れますね。このページでは、大手…
pagetop