転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 人事・総務・経理 > 会計士の転職で一番気になる有利な年齢とは

会計士の転職で一番気になる有利な年齢とは

🕒 2018/04/05
このエントリーをはてなブックマークに追加
会計士の転職で一番気になる有利な年齢とは

会計士への転職を目指されている方!

年齢制限はあるの?転職に有利な年齢とは?

そして、もう有利な年齢を過ぎてしまったけどどうしよう…

おすすめの転職サイトは?

など、お悩みになっていること、ありますよね。

そんな、年齢関係で悩まれている皆さんに向けて、とっておきの情報をまとめてみました!

一緒に転職について考えていきましょう!

転職に有利な年齢は?

最初にお伝えしておくと、転職に有利な年齢は、ありません。

35歳以上は、採用されないなどと言われることがあるかもしれませんが、

会計士にとって年齢は経験値数となるため全く関係ないのです。

つまり、公認会計士において最も重要視されるのは年齢ではなく経験値と言えます。

年齢というよりは経験値!?

会計士への転職は年齢は関係ない!と先ほどお伝えしましたね。

経験値が必要というのは、年齢が高い=経験値が高いということにも繋がることを意味しています。

なので年齢は関係ありません。

また、公認会計士に合格する年齢が遅けれは採用時の年齢も変わってきます。

合格の年齢が遅ければ年齢はいっているけど経験が少ないこともありえます。

なので年齢は採用の指標となりにくいとも言えるでしょう。

会計の知識や審査がある程度あることに加えて、それら会計士になってからの積み重ねた経験が採用の決め手となるわけです。

転職希望するすべての世代が経験豊富でなくてもいい。

これまでの中で、「私はまだ若くて全然経験ないから会計士への転職は無理かも…」

と諦めてしまいそうな方いらっしゃいませんか?

全然大丈夫です!!

’年齢が高いと経験値も高くなる’というのは、’年齢が若いと経験値も乏しい’ともいえますね。

なので言ってしまえば若い方は経験値が少なくて当たり前です!

経験がないからと言って諦めずチャレンジすることをオススメします。

年代別に求められる人材とは

先ほども少し申し上げましたが年代によって、経験が無いからと言って諦める必要はありません!

年代別に必要とされる、求められる人物像がありますのでそれをまとめて見ました。

何度も申し上げてる通り、年齢が採用の指標とは限らないので、是非参考までに読んで頂けるとありがたいです♪

  • 20代
  • 20代で転職される方は、会計士としての経験が豊富ではありませんね。

    それは誰もが分かっていることであり、経験を求められたりはしません。

    そのかわり求められるのはポテンシャルやコミュニケーション能力であり、人格です。

    知識や経験は転職後に身に着けていって貰えれば良いので、努力する体力と気力と頭脳を持ち合わせていれば十分認めてもらえるでしょう。

  • 30代
  • 30代で転職する人はポテンシャルや体力などの他に大きな経験をいくつか積んでいることが求められてくるでしょう。プロジェクトに関わることも考えられるので、リーダーをできるくらいの器であると有利かと思われます!

    強みや得意分野などを理解しておく必要がありますね。

  • 40代
  • 40代は、役員クラスへの転職が考えられます。その会社を担うだけの知識と技量を兼ね備え、会社を引っ張る力が求められます。新しい環境で役員として働く器と技量も必要であり、仲間ととけこむ能力もあるとなお有利でしょう。

    年齢をカバーするには?

    いくら年齢は関係ないと言っても、気になる方いますよね。

    40代で未経験だったりしても、企業側も考えてしまうところもあると思います。

    そこでその年齢をカバーし採用に近づくポイントを2点、お伝えしていきたいと思います!!一点目は

  • 資格取得
  • 公認会計士の資格を取得している場合は、とても有利となるでしょう。

    二点目は

  • エージェントの利用
  • 自分で1から転職活動を行うのは、時間的にも体力的にも大変な部分がありますよね。

    働きながら転職活動をする人は特にそう言えるでしょう。

    転職エージェントを使うことによって効率よく転職活動を行うことができる場合もありますので、サイトを登録することをオススメします。次にそのエージェントに登録して、転職活動を行う上での注意点をお伝えしていきたいと思っております!

    エージェントをうまく利用するには?

    エージェントをただ登録し利用すれば転職活動が上手く行くわけではありません。

    必要な情報を簡潔に入手するためにも自分の軸となるものを決めておくことは大事ですし、

    それをエージェントの方にも登録、伝えておくことが必要です。

    また、エージェントから得る情報としていくつかのポイントに絞って見ていくと良いでしょう。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    中途採用で容姿を重視する『顔採用』に関係する話
    社会の噂である顔採用ですが、本当に存在しているのでしょうか。実際に転職を考えている方に向けて、顔採…
    たったこれだけ!リクナビNEXT登録後の配信メールの停止方法
    転職サイトに登録すると、いろいろなメールがきますね。運営から届くメールなので迷惑メールとは言えませ…
    罠にはまるな!交通費支給と交通費全額支給の違いと意味を解説
    転職活動をしていると、企業の求人広告をたくさん見ますね。交通費を企業がどれくらい払ってくれるのかを…
    中途採用の人事担当者の目に留まる転職に有利な中国語資格まとめ
    中国語は今や日本の大学では英語に次いで学習人数の多い言語となっています。ある程度規模のあるビジネス…
    pagetop