転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > お役立ち転職コラム > リファラル採用が流行る中、友人少ない人の転職活動はいかに

リファラル採用が流行る中、友人少ない人の転職活動はいかに

🕒 2020/11/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
リファラル採用が流行る中、友人少ない人の転職活動はいかに

最近転職業界で流行しているのが、リファラル採用です。日本ではまだまだ知名度は低いですが、海外では主流な転職手法です。なんといってもリファラル採用は企業とのミスマッチが少ないともっぱらの噂なのです。しかし友人が少ない人には向いていないという噂もあります。

また転職エージェントにとってはとても痛手です。そこで今回はリファラル採用がどのような手法なのか見ていきたいと思います。メリットからそこに潜む危険性まで見ていきます。

転職を視野に入れていて、初めて聞いたという人はぜひ最後まで読んで下さいね。

リファラル採用について

転職エージェントを脅かしつつある実態を見ていきましょう。

リファラル採用とは簡単に言うと、自社の社員が友人や知人を自社に紹介するシステムです。これだけでも見て分かるように、転職エージェントは転職エージェントに登録、メンターと面談、企業と面接が大まかな流れになるので、転職エージェントよりはるかに簡単です。要するに縁故による紹介なのですが、現在日本ではベンチャー企業を中心にこの手法が用いられています。大企業になると、リクルートやサイバーエージェントなどが積極的に利用しています。また紹介知ると、その社員に対してインセンティブとして数万円払われることが暗黙の了解になっているのです。また現在転職業界において、縁故紹介は意外にも2割を占めます。

では何が企業に魅力を与えているのでしょうか。

リファラル採用の長所

手数料がかからない

通常、転職エージェントを利用するなら、その転職エージェント経由で入社すると、紹介手数料を入社者の見込み年収の30%程度払わなくてはいけません。例えば年収600万円が見込まれる場合200万円を転職エージェントに支払うのです。当然転職者は1人ではないので、紹介手数料はとても大きくなります。しかしそこで採用費を削減するために、社員の縁故にむやみに頼っても上手くはいかないのです。

優秀な人が入社する確率が高い

社員は会社に対して自分の知人を紹介するからには、会社で活躍してくれそうな優秀な人を紹介します。従って優秀な人が集まる可能性が高いのです。転職エージェントの場合、利用者を企業に押し込もうとするので、優秀でない人と無駄な面接をすることがよくあります。時間と労力をカットできるのです。

会社にフィットしやすい

会社の雰囲気やルールを理解している社員から紹介されるので、利用者も理解、了承してから入社します。従って転職エージェント経由より採用後のミスマッチが格段と減るのです。

辞めにくい

会社にとってはこれが一番大きなメリットかもしれません。なぜならリファラル採用は、優秀な人が集まり、かつ長期間働いてくれるのですから。たとえ不満が出でも、紹介してくれた社員などを頼りに解決策を見つけることが出来るからです。会社にフィットするところとリンクする部分がありますが、この2点がリファラル採用の大きなメリットです。

リファラル採用の短所

一見完璧に見えるリファラル採用にデメリットはあるのでしょうか。

同じ系統の人が集まる

社員は出来る限り優秀な知人を会社に紹介するので、優秀な人材は集まりますが、結果的に企業が求めている会社の雰囲気と変わってくることがあるのです。また、紹介ということもあり基準が甘くなってしますので、もし優秀でない人材が入ってっきた場合リストラしにくい面もあります。

社員から不満が出る

当たり前ですが、リファラル採用で入社した企業には新卒で入った社員がたくさんいます。従って、紹介で入ってきた人ばかりが活躍してしまうと、生え抜き社員のモチベーションの低下にも繋がります。生え抜き社員とのバランスはとても重要です。

友人が少ない人はどうやって転職するのか

見てきましたように、デメリットはもちろん存在するものの、採用コストもかからず優秀な人材が入社する確率が高いので企業にとってメリットの方が大きいです。

そこで思い出してほしいことは、知人友人の紹介ということです。では友人が少ない人は、リファラル採用が主要になったら転職できなくなるのでしょうか。転職エージェントを利用する以外に何か方法はないのでしょうか。

社外での知人の作り方を見ていきましょう。

イベントに行きましょう。ワークショップ型のイベントに行くと作業をともにするので自分の興味がある人を見るけることが出来るでしょう。そして知人ができたら、TwitterやFacebookなどSNSを最大限駆使して発信していきましょう。発信していくと声をかけてくれる人が出てくるでしょう。地道な作業ですが、そのように知人をふやしていくことが近道です。

コミュニケーション能力も必要になりますし、難しいという人は転職エージェントを利用しましょう。もちろん転職エージェントを利用しても希望する条件に合った企業に入社することは可能です。

まとめ

いかがでしたか。転職エージェントとは違う社員知人の紹介型採用のリファラル採用はとても魅力的ですね。友人が少ないから難しいと感じるかもしれませんが、イベントに積極的に出向くなどして、知人を増やしましょう。

友人が少なくても、イベントに登壇したりすることでこの手法を使っている人はいます。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

【サンプル付】書類選考通過のメールへの正しい返信をパターン別にご紹介
中途採用で書類選考に合格したら、選考通過に関してのメールが届くことがあります。もちろん内定をもらっ…
本当は人に話したくない女性の転職理由5選
女性が転職を考えるきっかけとなる理由は何なのでしょうか。5つに分類して徹底的にに解説したいと思いま…
【人材コンサルタント厳選】英語力を120%活用できる業界・職種一覧
グローバル化が進んで英語の重要性が高まる一方。英語に自信がある人はどんな業界や職種を狙えばいいのか…
意外に落とし穴?!転職先への通勤時間が長すぎて辛い…
転職先の企業選びの基準として、年収や福利厚生などを思い浮かべる方が多いでしょう。しかしながら、年収…
pagetop