転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > メーカー・製造 > 化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣

化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣

🕒 2020/04/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣
化学メーカーと一口に言っても業種は様々。この記事ではメーカーでの研究開発職から転職したいと考えている方が、どのように対策すれば転職を成功させられるかをご説明します。

化学メーカーの研究職から転職したい理由とは

化学メーカーの研究開発職は、自分の専門が活かせるとあり、比較的離職率の低い職業です。

しかしそれでも辞めたいと考えている人はいます。

転職したいと考える理由はなんでしょうか。

上司からのプレッシャー

1つ目は、上司からのプレッシャーが大きいということです。

「なんだ、そんなのどの職業でも同じじゃないか」と思うかもしれません。

しかし、研究職ならではの秘密があるのです。

それは営業部などとは違い出張がないので、四六時中顔を合わせなければならないことです。

また、直属の上司だけではなく他の部署の上司からのプレッシャーもあります。

例えば営業部から「○○までに資料を完成させてくれ!」という依頼も入ることがあります。

顧客からのプレッシャー

2つ目は、顧客からのプレッシャーもあるということです。

研究職は化学メーカーの商品の売上に直結するものです。

その分、顧客のニーズに応えた商品を作らなければいけないというのが、やりがいでもある反面負担にもなり得るのです。

結果が出るまで時間がかかる

3つ目は、すぐに結果が出るものではないということです。

研究テーマの中には莫大な時間がかかるものも少なくありません。10年、20年かかったりもします。

そういうものはすぐには商品に出来ません。

数年間も商品に出来ないものをテーマとして扱うのは、将来性を疑ってしまいますよね。商品だけではなく自分の未来も見えなくなり不安になるのも当然です。

女性にとってやや働きづらい

4つ目は、女性が働きにくいということです。

化学メーカーはホワイト企業であることが多いので、育児休暇が取れないといった心配は少ないかもしれません。

しかし化学メーカーの研究職と言ったら、男女比は圧倒的に男性のほうが多いです。

その環境が窮屈だと感じる女性も少なくないようです。

海外勤務がほとんどない

4つ目は、海外勤務がほとんど無いということです。

海外での勤務に憧れている人もいるでしょう。

研究の一環で出張に行くことはあっても現地で実際に研究する機会はそうそう与えられません。

グローバルな職場を希望して化学メーカーに入社した人は失望したかもしれません。

研究職からおすすめの転職先

化学メーカーの研究開発職から転職すると、転職先としてはどのようなものがあるのでしょうか。

生産技術職

まずは生産技術職が挙げられます。

研究者として実験に精通しているという場合、実験装置の製作を行います。

研究よりもより現場に近い場所で商品開発に携わることができます。

特許事務所

次にご紹介するのは、特許事務所への転職です。

研究開発に携わっていれば、特許の話は切っても切り離せません。

業務は依頼された案件についての書類作成や官庁への提出など事務的なもので、研究職とは全く異なります。

しかし特許を取得しようと申請する多くの最新技術に触れることができ興味深いのではないでしょうか。

商社

最後にご紹介するのは、商社への転職です。

「これは自分の研究テーマや専門知識が生かされないな。」と思われたかもしれません。

しかしそれが意外とそうでも無いのです。

商社の中には、化学品を取り扱う会社も多く存在します。その場合は化学についての知識があることに越したことはありません。

さらに海外勤務を希望している人には、商社は海外勤務のチャンスが多くあるので、向いていると思います。

研究職とは違い、スピーティ-で流動性のある仕事ですが、それも刺激的なのではないでしょうか。

doda|化学メーカーから転職でおすすめの転職エージェント!

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数約63,000件対応地域全国47都道府県
非公開求人約110,000件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

化学メーカーから転職をしたい方には、まず業界最大級の求人数約120,000件を誇る"doda"を強くオススメします。

上記でご紹介した「生産技術職(約1,700件)」「特許事務所(約80件)」「商社(約140件)」の求人をすべて取り揃えており、あらゆるニーズにかなったサービスを提供してくれるんです。

2020年4月現在で年収1,000万円の求人が約8,600件もあり、他社サービスと比較すると高収入を実現できる求人が多数掲載されているのも嬉しいポイントです。

またdodaはオフィスを全国12ヶ所(東京、横浜、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡)に点在してアクセスがかなり良好なため、面談や相談の際も使い勝手がいい点も評判。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

訪問介護の実態とは?転職のためのおすすめの求人サイト
訪問介護の仕事とは?労働環境は?おすすめの転職サイトは?訪問介護職員に転職するために知っておくべき…
看護師と薬剤師ってどちらがいい?仕事や給料の事情を徹底比較
皆さんの中で薬剤師と看護師で迷っている方はいませんか?様々な意見があると思います。では実際どちらが…
未経験からインフラエンジニア|ホワイト企業に転職するための全知識
2018年現在、ITエンジニアの中で最も需要が堅調で重宝される職種は間違いなく「インフラ系エンジニア」で…
30代、40代管理職の転職を成功に導く究極なコツ
超売り手市場で熱くなっている転職。管理職のあなたも、この波に乗っかって転職を考えていませんか。30代…
pagetop