転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > HISについて転職を考えている方には朗報です!

HISについて転職を考えている方には朗報です!

🕒 2018/02/26
このエントリーをはてなブックマークに追加
HISについて転職を考えている方には朗報です!

東京オリンピックが間近に迫ってきている理由もあり、現在訪日外国人旅行者が日本での存在が強くなっています。それを外国人旅行者の恩恵に日本国内の旅行会社の業績も絶好調です。こういった業界で働きたいと考えている人が多くなりました。

そこで今回、日本国内の旅行会社の顔とも言うべき、株式会社エイチ・アイ・エスについて紹介していきます!

まずはHISの基本情報から書いていこうと思います。

HISの基本情報

会社名 株式会社エイチ・アイ・エス
代表者 代表取締役社長 澤田 秀雄
設立 昭和55年12月19日
売上高 6,060億円(平成29年10月期連結業績)
従業員 16,932名(グループ全体 平成29年10月31日現在)
本社 〒163-6029 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー29階
事業内容 旅行代理事業

HISの歴史と事業内容

エイチ・アイ・エスは1980年に資本金1000万円から設立した会社です。わずか5年で日本から世界へ飛び立て、1985年に香港支店を初海外にオープンした。2004年には東証一部上場企業になり、その十年後に海外拠点が150店舗突破しました。

最近の海外から日本旅行のブームを追い風に、エイチ・アイ・エスは新卒、中途採用を積極的に採用し始めています。

HISの特徵

国内大手旅行会社で、格安航空(LCC)の販売を強みにしている

テーマパークやホテルなど多角的に事業を拡大

国外支店への進出国数では世界旅行業界1位

HISNにはこれらの特徵があります。

HISへの転職のポイント

エイチ・アイ・エスは通年採用を積極的に取り入れています。

ただし、中途採用で求めている職種が狭いです。

ホームペジで採用情報を出しているというより、転職エージェントに任せている傾向が多いです。特に専門職のポジションは転職エージェント意外から求人情報を得ることは難しいです。

業界、職種未経験者の正社員求人も多数

上記で中途採用の経由で選べる職種は少ないと言いましたが、非公開情報からの求人職であれば話しが違います。

旅行コンサルタント/国内旅行バス企画/ウェディングプランナー

WEBマーケティング/経理/法務

WEBエンジニア/WEBプログラマー/WEBデザイナー兼コーダー

ネットワークエンジニア/サーバエンジニア

などの職種が構えています。

中途採用の平均年収

会社四季報の情報によると

転職時の平均年収:400万~600万

社員の平均年収:432万円(平均年齢33.5歳)

HISの平均年収から見ると、JTBや近畿日本つY-リストなどの同業界競合会社と比べて給与は一般的です。

満足度は待遇面などが充実していないと感じている社員が多いため、極めて低い。

HISの労働環境

HIS会社の中で働いた人の口コミによれば、中途採用でも待遇が違います。中途採用は社員と従業員に分かれます。社員として採用された場合、上記のような条件になりますが、小規模の店舗には属した従業員(カウンターセールス)は、無条件でボトムの給与、残業代含め13万円しか貰えなかったと言っていました。

と言うように給与へのふまんは、同業他社と比べて低評価になったいます。

同業界他社の口コミにも見当たることですが、旅行業界全体の給与支給が低く、HISの場合は実力主義を重視している会社であるため、そういった競争心の薄い人に取ればとても不満につながっています。

仕事に対するやりがいの程度

仕事のやりがいに付いては他業界と比べるとやや高く、同業界内でも高評価を持っている会社です。

海外支社で働けるチャンスがたくさんあること、若いうちから世界に触れることだけでなく、そこで働けると魅力を感じる方が仕事のやりがいでHISを高評価にしています。

また、大手企業ではあるが、ベンチャー気質を持っていて、教育については習うよりなれるという考え方が社内の中では強いです。

自ら積極的に物事に挑戦する方にとっては良いが、新しいものに対して被動の方にとれば日々の仕事は辛くなります。

人間関係・社員の雰囲気

会社の雰囲気は、同業他社と比べて比較的高評価です。

上記でもお伝えしたようにこの会社は大企業ではあるが、べんちゃーの気質も持っています。その為、年功序列という制度はないが、若手の意見を積極的に取り入れてくれる会社であり、沢山の事業をしている特徴があります。また、社員同士の年齢が若いということもあって職場の雰囲気は明るいです。

ただ、次々と新しい事業があるため、事業の拡大で、現場は振り回されている声も聞こえます。

このように、積極的に新しいことを挑戦したいような挑戦者はHISの社風に向いています。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

オファーが届いたらどうする?リクナビNEXTのスカウトの仕組みとは
リクナビNEXTって、転職サイトなのにオファーが届いて、しかも種類が複雑だしどう対応すればいいかよく分…
ドン・キホーテへ転職すべき?口コミで見る中の実態
誰もが知る総合ディスカウントストアのドン・キホーテ。ドン・キホーテへの転職にスポットを当て、今のド…
未経験でプログラマに転職するってぶっちゃけどう?
プログラマはよく残業が多いとネガティブなニュースが目に付く職種ですが、実は会社によって働く環境が非…
「営業職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『営業職の転職事情』『営業職に強い転職サイ…
pagetop