転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > IT・WEB > LINEに転職すべき?中途採用の実情をまとめてみた

LINEに転職すべき?中途採用の実情をまとめてみた

🕒 2018/05/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEに転職すべき?中途採用の実情をまとめてみた

LINEと聞いて皆さんが思いつくものは、やはり無料通話アプリの「LINE」ですよね?そんなLINEですが、一体どんな会社かご存知ですか?

実はLINEが浸透してきたのは2010年頃からで、とても歴史の浅い会社でもあるのです。常に新しいこと、周りがやらなかったことを行っており、急成長を続けています。

そんなLINE株式会社ですが、全体の採用割合としては中途採用が多いとのことでした。

では、そんな急成長を続けているLINEは、なぜこんなにも中途採用を採っているのでしょうか。その内情と採用情報、その他実際に働いている人の口コミも含めてまとめていきます。

LINEの会社情報と主な業務内容

では、まずはじめに会社情報についてです。

社名LINE株式会社
設立2000年9月4日
代表者代表取締役社長 出澤 剛
本社所在地東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
資本金82,372百万円(2017年9月末時点)
従業員数1,716名(LINE株式会社単体、2017年10月31日時点)
事業内容インターネット関連事業、ウェブサービス事業

元々LINE株式会社は韓国で創業された会社で、ネクストライブラリ株式会社(ネイバー)の子会社として存在しています。

2017年4月に新宿へ本社を移転し、社員としてもとても通いやすい場所にあります。サービスもどんどん変化しており、常にユーザーが満足できるよう社員も力を入れて仕事に取り組んでいるイメージがあります。

主な事業内容

LINEは前述した通り、ネクストライブラリの子会社ですが、「LINE」「NAVERまとめ」など、Webサービスにおいてなくてはならないものとなっています。

採用情報

次に転職の際、どのようなポジション、採用情報があるのかをご紹介します。

採用情報

現在LINEの中途採用では、ビジネス企画職、サービス企画職、技術職、デザイン職、ビジネスサポート職のLINEにある5つ全てのポジションで転職者を募集しています。

技術職では、サーバーエンジニアやソフトウェアエンジニアなどIT企業ならではの様々な開発職があります。ビジネス企画職は経営企画、新規事業、広報など一般企業にも存在する企画営業職のような役割を担っています。

その他にも、LINEスタンプなどの企画、ディレクターを担うサービス企画職、LINEの持つ全てのコンテンツのデザインを担当するデザイン職、ビジネス企画職などその他のポジションのサポートを行うビジネスサポート職など様々なポジションがあります。

LINEの平均給与は?

続いて、LINEの給与などは一体いくらなのでしょうか。

平均給与:743万円

DMMやDeNAなどの他のIT企業に比べても、業界内では一般的な給与と言えます。しかし、給与の昇給スピードが遅い、待遇面であまり充実感を感じないという口コミも見られることから、環境に対して給与があまり見合っていないのかなという見方もできます。

しかし、残業時間は約40時間となっており、他のIT企業と比べても比較的少ない時間であると言えます。IT企業は残業時間が長い傾向にありますが、このLINEはしっかりとしたワークライフバランスを保てるのではないかと思います。

LINEに転職する方法

では、LINEに中途採用するにはどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

LINE対策をしっかりと行う

一般的に転職の際、面談と職務経歴書の提出を行う場合が多いです。しかし、その中で具体的にどのような質問をされるのか、自分自身の行ってきた過去の経歴をきちんと言語化することがとても大事です。LINEは中途採用での入社も多く、転職者にとっても人気の企業となっています。ですので、他の人にはない特別な経験、スキルを面接時しっかりと言葉にすることがとても大事になってきます。

転職エージェントを活用する

LINEに転職するにあたって、転職エージェントを利用することをオススメします。大手のエージェントは、過去LINEに転職した方が、どのような経験をしていたか、以前どんな会社に努めていたか、面談時どんな質問をされていたかなどの情報を握っている場合が多いです。そのような具体的な情報を持っているエージェントと共に転職活動を行うことは、とても大事なことであると思います。

doda|WEB業界に強みを持つエージェント

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

dodaは株式会社パーソルキャリアが運営している転職支援サービスです。公開求人を閲覧できる転職サイトと、一般の方が閲覧できない非公開求人を紹介する転職サービスの「dodaエージェント」があります。

運営会社のパーソルキャリアは現在人材派遣会社のテンプスタッフの傘下にあり、リクルートに次ぐ人材業界2位の地位を築いています。

将来性のあるLINE株式会社に転職しよう

いかがでしたでしょうか。LINEという企業は、給与などはIT企業としては一般的ですが、ワークライフバランスなどを保つことができる会社であることが分かりました。しかし、やりがいという面で満足していない社員も多くいるイメージを持ちましたので、自分自身でしっかりした企業研究を行うことが一番かと思います。転職エージェントを利用することで、面談時のコツなどと共にLINEという会社の詳細まで詳しく教えてくれると思うので、ぜひ利用することをおすすめします。

皆様の転職活動が成功することを心からお祈りしております。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

株式会社ポケモンに転職するためには?会社概要と転職するための方法を紹介!
株式会社ポケモンにどのように転職すればいいのでしょうか。この記事を参考にすることで今やらなければな…
マイクロンメモリジャパンに転職すべき?~年収や評判、就職難易度~
マイクロンメモリジャパンに転職しようかと迷っている方へ。このページでは、大手人材会社に勤務していた…
三菱地所に転職すべき?年収上位企業ランキング2019に選ばれた会社の評判
今回は総合デベロッパーとして有名な三菱地所について徹底解説します。口コミを含めた転職事情も紹介して…
コンサルに転職するために覚悟しておくべき3つのこと
コンサルに転職を考えている方が必見の記事です!数多くのコンサル志望者の中で、どうすれば選考に突破で…
pagetop