転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 金融・保険・証券 > 地方銀行員の転職先はどこがいい?メーカーなどおすすめの転職先とキャリアチェンジの成功法

地方銀行員の転職先はどこがいい?メーカーなどおすすめの転職先とキャリアチェンジの成功法

🕒 2019/12/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
地方銀行員が転職するとしたらどこがいい?おすすめの転職先と選び方

「地方銀行の仕事はつまらない…」
「やりがいを感じない…」
「ほかの職業より激務だ…」

地方銀行の転職にはなにかとネガティブな噂があります。

確かに銀行というのは昔ながらの体育会系気質の職場な傾向があります。

労働時間が長めで、部署によって常にパワハラ・アルハラの危険に脅かされています。

残酷な環境と厳しい出世競争がイヤになり、思い切って転職活動に踏み切る方も少なくありません。実際に離職率が高い業界の筆頭でもありますね。

今回は現役で活躍中の金融キャリアコンサルタントの知見をもとに、地方銀行員が転職活動を成功させるポイントをお伝えします。

なぜ地方銀行員から転職したい?

地方銀行員の転職に悩む女性たち

銀行の離職率が高い理由は次の3つです。

  • 忙しくて自分の時間がとれない
  • 営業ノルマがきつく、顧客のためになる提案ができない
  • 体育会の古い体質、厳しい出世競争

「忙しくて時間がとれない」のは新卒入社から3年程度は多くの資格を習得する必要があり、休みの日も勉強にあてる銀行員が多いです。

次の「営業ノルマ」、営業職の場合、支店や上司の方向性によって販売する商品が傾斜されており、本当に顧客のためになるかわからないまま決められた商品を売らなくてはいけないというケースがあります。


また、銀行そのものの「体質」に疑問を感じている人も少なくないんです。

体育会的な雰囲気があることも事実ですね。また、皆さんが出世を目指しますが、その席数が少なく、周囲との競争を苦手に感じている人にはストレスに感じることもあります。

銀行員の転職先として最も多い業界・部署とは?

頭をかしげる女性

イチバン多い転職先は銀行・金融機関!

銀行員の転職先として多いのは同業の銀行、金融機関です。


銀行員は安定性を重視する方が多い傾向にあり、結局似た業種に転職するケースや、前職の銀行より雇用条件を落として、あるいは同条件程度で転職する方が多いんです。

外貨金融機関、ノンバンク、リース、クレジットカード、保険、証券など、何かしら金融と関わっている業界に転職します。

その他転職先として多い業界

その他にも転職先の業界として、不動産業、コンサルティング会社などが代表的です。


ただし、小売りや、飲食業界などサービス業、製造業に転職される方は、経営企画などの間接部門へ転職されるケースがほとんどです。


銀行員経験がある年齢が23歳~26歳までの第二新卒枠での採用の場合は、比較的にどの業種にも転職しやすく、企業からも重宝されやすい傾向にあります。

管理部門は銀行・金融機関の転職者が多い

転職先の部署・役職でみると企業の管理部門が最も多いです。


大企業、スタートアップ問わず、数字周りの管理は非常に重要な仕事になります。


最近新しい傾向としてベンチャー企業のCFO職や、経営管理などの間接部門の責任者などになる人が非常に増えてきています。

銀行員をはじめ金融機関出身者は日頃から数字周りに細かく、リスク管理のできる人が多いため管理部門系に多い傾向があります。


また上場を目指すベンチャー企業では社内体制が整っていない会社もあるため、体制を整えたうえで円滑な事業運営を期待しているのでしょう。


自分の能力や経験を存分に発揮したい、ベンチャー企業の管理部門の責任者への転職も検討してみてください!

地方銀行員が転職活動をおこなう上でのポイント

ここでは、地方銀行員が転職活動をおこなう上で注意すべきポイントをお伝えします。

タイミングさえ間違えなければ地方銀行員の転職は簡単!

とにかく、銀行員は転職のタイミングを間違えてはいけないんです。


基本的に銀行員は即戦力スキルが蓄積されていない傾向にあります。そのため転職環境が悪く、即戦力が求められる時期の転職は困難です。


しかし、銀行員は転職市場において基本的なビジネススキルは高いとされており、転職環境が良い時期、ポテンシャル採用が多い時期の転職では比較的カンタンに転職できます。


転職には在職中に転職活動をおこなうケースと退職後におこなうケースがあります。銀行の職務は激務なことが多く、在職中にあまり時間が取れません。


そのため、代わりに面接日程のセッティングや求人を紹介してくれる転職エージェントを利用する方が多いです。
また多種多様な形態の企業があるため、企業研究は入念に行ったほうがよいでしょう。

銀行から転職で持っていると良いオススメの資格は?

銀行員として勤務していると多くの資格を取得する機会があります。


転職先によっては持っているとメリットになる資格も変わります。


  • 金融業界:ファイナンシャルプランナー、証券外務員など
  • 不動産業界:宅建など
  • 管理部門・事務職:簿記、行政史、会計士など

どうやって転職の時期を見極める?

銀行員の転職時期を見極める方法は転職エージェントに複数登録することです。


各エージェントが抱えている「非公開求人の質」で転職のタイミングが分かります。


非公開求人とは緊急の募集や少人数の募集、企業が戦略的に非公開にしているもので、公開にすると応募が殺到してしまう求人のことです。


非公開求人の中に優良大手の求人が集中しているため、複数のサービスに登録した方が優良大手の企業に転職できる可能性が広がります。


ビズリーチ×type転職エージェントはそれぞれの特徴や強みを活かせる、一番人気のセットといえます。実際に数多くの転職成功者はこのセットを利用しています。

銀行からの転職での後悔や失敗は?

銀行員から転職しても、「転職して一層忙しくなった」「雇用が安定しない」「昇進が遅れ年収が上がらない」という声をよく聞きます…。


しかしどんな環境に移っても、それなりに忙しく苦労することはあります。


特に転職となると、新卒文化の強い会社の場合、昇格のタイミングが他の人と比較して遅れる可能性があります。


銀行に残った同期と比較して「出世が遅れた」と感じる人もいると思います。


しかし、転職というのは新たな環境で1から関係性作りや実績を積み上げること。
そのようなリスクはあると心に留めておくと良いでしょう。

30代前半・男性・地方銀行→専門商社・年収30万円ダウン
銀行から転職してみて感じることは?

他企業に就職した場合でも前職が銀行員ということで、無駄に期待値が高くみられるというような高いプレッシャーを感じる場合があるかもしれません。

また転職先企業の会社の規模の差や、仕事への意識の差、福利厚生の差などに不安を抱くこともあるかもしれません。

しかし、そのようなギャップに対応する能力も転職の際には求められるスキルの一つだと思います。


20代後半・女性・地方銀行→アパレル業界・社会的信用が落ちてローンを組めない
銀行から転職してみて感じることは?

大学で経済学を専攻していて周りが銀行関連の職に就いており、それに流されてしまったことが失敗というか後悔というか…。

「アパレルの仕事に就いたからダメ」ってわけじゃないと思うんですけど、銀行員だった時に比べるとカードローンの審査が途端に通らなくなりました…。

審査に通るときもありますが、それでも金利が銀行員の時より数倍高くてさすがに驚きましたね…。

もし銀行員の方で「住宅ローンとか自動車のローンを組みたいな」って思ったら、なおさら注意しないといけないですね。


40代前半・女性・地方銀行→地方公務員・志望動機を明確にしていなく入ってから苦戦
銀行から転職してみて感じることは?

とりあえず公務員なら銀行員ほど激務じゃないだろうと思って転職しましたが、すでにその時点で失敗していました。

たしかにノルマもないし割とノビノビやってけそうかなと思いましたが、とりあえずの気持ちで転職してしまい、やりがいのことはあまり考えてなかったんです。。

しかも公務員から民間企業への再就職が難しい点も考慮しておらず、なにかと中途半端でした。。

もっと現実と業界研究を丁寧にすべきだったなと正直かなり後悔しています…。

銀行員が転職を成功させるにはどうすればいい?

銀行員からの転職を成功させるには、以下4点をクリアすると成功の確率が上がります。

  • とにかく転職理由を明確にする
  • 転職で何を妥協するか決めている
  • 家族・配属者と転職意思を共有する
  • 転職エージェントを使ってみる

一つずつ見ていきましょう。

とにかく転職理由を明確にする

退職理由をあいまいにしたまま転職する人って多いんですよ。でもこれは転職で失敗する方に多い特徴です。


転職がうまくいく人はまず転職理由が明確です。というのも、退職理由は次の職場を選択するにあたって特に重要な判断基準となるからです。


この記事の冒頭でも述べましたが、「残業が多いから」「自分の時間を取れないから」「体育会的な雰囲気が苦手」など人によって転職理由はさまざま。


言語化できるくらい転職理由をクリアにし、「少なくともこんな職場には就かない」という判断基準持ちましょう!

転職で何を妥協するか決めている

転職で「ここは譲れない」「最悪ここはあきらめてもいい」の基準をハッキリさせましょう。


こんな感じで言語化できるのが理想ですね↓

  • 譲れない条件:年収500万円以上・残業月40時間以内・IT業界
  • あきらめてもいい条件:東証一部上場企業である・管理職ポジションで働ける・東京23区に会社がある

家族・配属者と転職意思を共有する

特に待遇の良い銀行からの転職となると、ご家族や配偶者の方から反対されることって多いんです。


そのまま転職してしまうとトラブルの引き金になりかねませんので、あらかじめ家族や配偶者に転職意思を共有しましょう。


お子さんがいる場合だと子どもの将来もよく考えなければなりません。理解を得て、スムーズな転職活動を心掛けましょう!

転職エージェントを使ってみる

銀行員から転職をするならば、転職エージェントの利用も強くオススメします。


転職エージェントを利用するメリットは7つあります。

  1. 転職に必要なサポートを0円で受けられる
  2. 転職に成功する確率が格段に上がる
  3. 面接対策をしてくれる
  4. 求人広告やホームページに無い非公開求人を教えてくれる
  5. 書類選考の通過率が上がる
  6. 履歴書や職務経歴書などの書類の作成が簡単に済む
  7. 給料などの条件面を代行で交渉してくれる

特に初めて転職する方なら、まず利用すべきです。めんどくさい転職のアレコレは、転職エージェントにおまかせしちゃいましょう!

今回は銀行員からの転職をお考えの方におすすめの、優良転職エージェントを厳選して3つご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

マイナビ金融エージェント|金融業界経験者に寄り添う転職エージェントNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数10万件対応地域全国
非公開求人3万件ターゲット層金融業界経験者
強い業界金融年収UP実績97%

マイナビ金融エージェントは金融業界に特化した転職エージェント最大手です。

元銀行員出身の転職コンサルタント在籍数が各エージェントの中で一番多い
ので、きっとあなたの気持ちを理解して的確なアドバイスをくれるはずです。

ビズリーチ|高年収特化型スカウトサービスNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。

グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。

1,300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けられるのが最大の特徴です。


ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

マイナビエンジニア|メーカーへの転職におすすめ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数5万件対応地域全国
非公開求人紹介可能ターゲット層メーカー転職希望者
強い業界ものづくり、メーカー年収UP実績97%
マイナビエージェントエンジニアは、メーカー・ものづくり業界で転職したい方におすすめの製造業界特化型の転職エージェント。

国内外の大手一流メーカーの求人を業界最多取り扱っているので、メーカー志望の方が登録すべき転職エージェントの一つです。
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職エージェントの言いなりは危険!ノルマの存在を理解しよう
転職サイトのエージェントはどうして対応の仕方にムラがあるのか?転職エージェントに課せられているノル…
危険な行動ばかりじゃない!公務員からの転職事情
せっかく難関の公務員試験を受かったものの、その安定した地位と収入を手放し、より不安定な民間企業への…
味の素に転職すべき?口コミから見る会社の実態と評判
味の素に転職してみたいと考えて入るが、実際にどういった会社なのかまだ詳しく知らない。当ページではそ…
有限責任監査法人トーマツへの転職のポイント
有限責任監査法人トーマツへの転職を考えている方に向けて、トーマツの事業や給与面の特徴、社風など知っ…
pagetop