転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > エージェントはやはり日系?日本人向けの中国転職成功マニュアル

エージェントはやはり日系?日本人向けの中国転職成功マニュアル

🕒 2018/03/07
このエントリーをはてなブックマークに追加
エージェントはやはり日系?日本人向けの中国転職成功マニュアル

中国と言えば、トイレが汚いなどまだまだ発展途上国のイメージが残りますが、一部の地域では急速に発展していることはもはや皆さんもご存知でしょう。

最近のニュースだと、中国の大手通信機器メーカーHUAWEIの日本支社が求人サイトに掲載した初任給が40万円として話題になったり、世界で最もキャッシュレス化が進んでいたり、「日本はもしかして抜かれてる?」と思う人もいるでしょう。

環境汚染や政治問題などネガティブの要素があっても、市場の大きさと成長性に加え最近はテクノロジー分野で躍進している中国を魅力的な転職先と思う日本人は、この記事を読んでいるあなたかもしれません。

では日本人にとって中国で転職することは可能なのでしょうか。結論から言うと十分に可能です。

経済大国の中国は競争が激しいですが、日本にいるより高い年収をもらえる可能性があります。日進月歩の中国は数年前の情報はあまり参考になれず、2018年3月に執筆したこのページでは最新の情報が満載なのでぜひ最後まで読んでください。

中国に転職する条件

日本で転職と違って、中国は外国のため就業ビザが必要です。中国で働くには中国政府から就業ビザを発行してもらわなければなりません。

その就業ビザ取得の条件は以前は年齢、学歴、日本での就業経験という3つだけでした。

  • 年齢は60歳以下であること
  • 学歴は本科卒以上(例外あり)
  • 就業経験は日本での2年以上の就業経験

昨年2017年からポイント制が導入され、就労ビザ発行の条件が大幅に変更されました。日本人に限らず、外国人に対する就業ビザの発行が厳しくなったといえます。

ポイント制とは

ポイント制とは、中国に長期滞在する外国を年齢、学歴、中国語検定のレベルなどによってランク分けする制度です。

合計ポイントが高ければハイレベル人材に認められ、逆に低ければ制限をかけられる可能性が高くなります。

現時点でそのポイントが60点以上ないと就労ビザが出にくいというのが現状です。

A類 85ポイント以上のハイレベル人材 中国でその高い技術や能力が求められている専門職・技術職・管理職、あるいは起業家など
B類 60ポイント以上85未満 A類ほどハイレベルではないがある程度の学歴や経験(そもそものZビザ取得条件である本科卒以上や2年の就業経験)が求められる
C類 60ポイント以下 季節労働者や臨時的な雇用、専門的な知識・技術が必要ない一般的なサービス職など

この制度は中国本国の一般労働者の雇用を守るために作られているので、C類に当たる外国人は今後もっと厳しくなることが予想されます。

60ポイント以上を取ることはそんなに難しいかというと、そういうわけではありません。中国語をある程度話せて、学部を出ていれば、年齢が高すぎなければ、基準を満たせますので、過度に心配する必要もないと思います。

中国で働いている日本人の種類と最新動向

中国で働いている日本人は大きく3つに分類できます。

  • 日系企業に勤める日本企業からの出向者
  • 日系企業に勤める現地採用社員
  • 中国系など日系以外の企業に勤める現地採用社員

今中国で就業している日本は10万人以上います。その数は少し減りつつありますが、日本人での求人の募集は減っていません。今まで駐在員として派遣された日本人は、現地で転職活動を行いカウントされなくなったからです。現地採用の枠で日本人を雇用したい企業が増えており、管理職や専門職など高いポジションの募集は特に数が多い上、待遇においても日本に遜色ありません。

今まで製造業の求人が圧倒的に多かったのですが、深センや上海など主要都市ではここ数年IT企業やサービス業の求人が著しく増えている傾向です。

日本人だから特別に優遇されることはあまりありませんが、20代、30代で1000万円以上の年収を手に入れるチャンスで言えば、成熟している日本より激動している中国のほうが多いようです。

中国企業への転職について

中国企業への転職ってあまり聞いたことがありませんが、実は技術者の世界ですでに珍しくありません。

日本人で中国企業へ転職する最も多いパターンは、大手家電メーカーを早期退職、定年退職して顧問として中国企業に入社する技術者です。

日本の製造業は世界でも定評があるので、日本の技術を取り込んで技術レベルを高めたい資金力豊富な中国企業がたくさん現れています。一つの人材バブルとも呼べるでしょう。

中国企業の待遇はスキルや経験によって大きな差が存在しますが、日本人の場合は総じて高いです。その分、管理職として中国人部下のマネジメントと育成など中国だから起きうる課題も多いようです。

また、技術を取り込む目的以外にも、日本市場の開拓や日本人顧客の対応などがあります。技術職は通訳が付くことが多いですが、それ以外となると中国語能力が一般的に問われます。営業職の待遇について技術職より低いものの、インセンティブの割合が大きいので稼げる人は稼げます。

こんな日本人は中国転職で有利になれる

日本人が中国で高いポジションや高給与の会社に転職するには、以下4点に該当すればするほど有利だと言えます。

外国人の就労ビザが年々厳しくなっている中、逆に以下のすべてに満たさない人は中国転職を諦めた方が良いでしょう。

  • 中国語が話せる
  • 専門的な技術や知識を持っている
  • 管理職の経験がある
  • 適応能力がある

ここからはそれぞれ詳しく説明します。

中国語が話せる

中国語が話せることは非常に大きな強みということはもはや言うまでもありません。実際に中国語で意思疎通ができる日本人はとても少ないため、中国語が話せると大きなアドバンテージです。

どうやって証明するかというと、HSKという世界的に認められた中国語の資格があります。HSKで4級程度を取得できれば、中国語が話せる証拠になります。

専門的な技術や知識を持っている

中国は理系社会ともいえるほど、専門的な技術がある人をリスペクトする国です。

製造現場で通用する知識、製図などの設計能力、飲食店などの調理師免許などがあればビザや待遇で優遇されるに違いありません。

管理職の経験

勤務地が中国の求人を見てみると分かりますが、ほとんどはポジションが管理職の求人です。管理職としての経験や実績があれば、大きなアピールポイントになり好待遇に期待できるでしょう。

中国人の部下を管理するにあたって、中国語が話せることが必須条件ではありませんが、やはり同じ言葉を使ったほうが業務をスムーズに行えるはずです。

適応能力がある

中国は日本の隣国ですが、気候や食べ物、国民性、商習慣など日本と大きく異なります。

適応能力がないと、せっかく転職できてもうつ病になったり、体調を崩したり、うまく行かないケースが多くなるはずです。そのため、20代、30代の若い人のほうが、環境適応能力が高いので転職に向いています。

中国で転職する方法

まずは人材会社には複数登録しておく方が良いでしょう。人材会社によっても得意不得意がありますので、自分に合った求職情報が少ないと思ったら他の会社にも登録しておきましょう。

年齢的には30代が最も多いので、そのあたりの人は中国赴任経験が無くても中国転職できる可能性が高いです。逆に新卒や定年後の再就職は非常に難しいです。

最近は面接をスカイプで行う企業も増えており、中国へ来なくても転職活動が可能となっています。興味のある企業があれば、スカイプ面接を実施しているかをまず確認しておくと良いでしょう。

日系転職エージェントに登録すべき?

中国に転職しようと決めたらまずは転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは大きく日系、中国系と分けることができますが、あなたの希望する企業や、能力によって選びましょう。

中国語が堪能な場合、日系・中国系両方から情報を入手するために両方登録しておくのが良いでしょう。中国語が話せない場合はやはり日系エージェントを中心に登録することになりますが、日本でも大手転職エージェントの多くは中国に進出していますので、それらを利用するのが良いでしょう。

ビズリーチ|中国語を活かせる求人量No.1会員制転職サービス

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けることができることが最大の特徴です。

ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

初めての海外転職はどうする?アジア編
初めて海外転職することになりそうな方、アジアの転職に興味を持たれている方へ、アジアへの転職のメリッ…
大手人材会社が発表した転職したい企業ランキングを比較してみた
このページではdoda、マイナビ転職、リクナビNEXT三社が発表した転職したい企業ランキングを比較し、本当…
東京へ転職や移住に役立つアドバイス
東京での転職を考えている方に、東京の転職事情と、人気業界について紹介していきます。またおすすめの転…
彼女への転職祝いプレゼントには大人なものを贈ろう!
彼女への転職祝いプレゼントを買うときに気を付けるべき点は4点。一つ目は年相応のものを。二つ目は趣向…
pagetop