転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 英語が出来れば転職しやすい?グローバル企業が求める人材とは

英語が出来れば転職しやすい?グローバル企業が求める人材とは

🕒 2018/03/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
英語が出来れば転職しやすい?グローバル企業が求める人材とは

皆さんが転職を希望する理由は何でしょうか。

企業と合わない、上司と合わない、もっと挑戦したい、など様々あると思います。

そんな時、もしもあなたが英語が得意だったら転職がスムーズに行くかも知れません。

最近、多くの日本企業は日本国内に限らず海外にまで手を広げています。

そんな中で転職活動を行っているとTOEICの点数を聞かれることが多いでしょう。

これは、企業が世界規模で事業をしていこうと考えているということが読み取れます。

では、現在世界共通語とされている英語力は転職において有利に働くのでしょうか。

グローバル人材とは?

皆さんの中に、英語ができればグローバル人材である、と思っている人がいるかも知れません。

確かに、英語を話せれば海外の企業ともやり取りが出来るので、企業にとっては嬉しいかも知れません。

しかし、単に英語が出来るだけでグローバル人材と言ってしまっても良いのでしょうか。

グローバルに働くということは、大きく言うと海外と日本を繋げることであるとも言えます。

そのため、異文化理解がとても重要であると言えます。

海外の文化を理解して初めて海外企業と良い仕事ができるでしょう。

言い方を変えると、どんな状況にも柔軟に対応できる力が必要であると言えます。

世界規模で仕事をしていると、今までとは違う状況に置かれるときがあるでしょう。

そのようなときでもいつもと変わらずに結果を出すことが求められます。

こうみると自分とは程遠いと思ってしまうかもしれませんが、英語が得意である皆さんであればグローバルに働くことができる可能性はとても高いと言えるでしょう。

英語力で業種の幅は広がる?

現在、日本企業の多くが事業の海外進出を目指しています。

なぜなら、世界規模にビジネスをした方が企業が成長していくと見込んでいるからです。

それは、金融から商社、不動産、IT、メーカー、製薬、保険まで多岐にわたります。

そのなかでも、メーカーは特に海外進出を必要としているでしょう。

何故なら、日本は少子高齢化によって今後急激な人口減少が見込まれているため、海外での顧客発掘が企業成長の鍵になってくると言えます。

また、商社など輸出入を行っている企業は国内需要の低下によって、今後更に海外企業との取引増加が必要になってくるため、さらなるグローバル人材の獲得に力を入れていくと考えられます。

このように、日本の人口減少に影響を受けやすい企業は海外進出が必須となっていくため、グローバルな人材はとても必要とされます。

そのため、皆さんはメーカーや商社を考えてみるのもありかもしれません。

外資系企業

英語能力にそれなりの自身を持っている方でしたら、外資企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

当然、外資企業は海外を拠点とした企業のため、かなり高い語学力が求められます。

ただ、その分メリットも多く考えられます。

転職を考える理由の多くが、「職場環境を変えたい」や「報酬に納得できない」等の問題でしょう。

確かに、日本企業でも転職すれば環境は大きく変わり、給料も大幅に増える可能性は大いにあります。

しかし、日本には終身雇用や年功序列等、日本特有の雇用制度が深く根付いている企業が多く、また環境に合わないかもしれません。

また、年功序列によって賃金が決まる企業も少なくないので転職を繰り返す可能性も否めません。

そこで、思い切って外資企業という全く別の環境に身を置いてみませんか。

外資企業は企業それぞれに特徴があり、雇用形態も様々で、報酬も個人個人を評価して決定することが多いです。

そのため、現在、日本企業に所属していて満足できないという方々には良い選択なのかもしれません。

転職で使える英語

皆さんは英語を話すことが出来ますか?

例え出来たとしても、転職時には目に見える語学力が求められます。

つまり、TOEICやTOEFLといった誰もが知っている英語能力試験での特典が転職時には有効となるでしょう。

ただ単に「留学経験があるので、語学には自身があります。」などと言っても、肝心の証拠がないですし、人と比べてどの程度得意であるかも測り用がありません。

そのため、英語にある程度の自信を持っている方は、転職の準備の1つとして英語能力試験を受験すると良いでしょう。そこで注意してもらいたいのは、TOEICやTOEFLなどの公式な試験は結果が届くのに最低でも数週間かかることです。

エントリーに間に合わない事のないよう、早めの受験をオススメします。

ちなみに、TOEICの場合、600点以下/600点以上/730点以上/800点以上などと区切られることが多いですが、自分の強みとして履歴書に書く場合は800点前後の点数が望ましいでしょう。

最後に

転職は皆さんの人生を大きく左右します。

そんな人生の岐路に立った時、最適の選択をするのは難しいことです。

皆さんの語学力を大きな武器としてより良い選択ができるよう、心から応援しています。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

※リクナビNEXTに登録したことを会社にバレない全方法【2018年最新版】
誰でも今勤務中の会社に転職活動していることを知られたくないですね。リクナビNEXTの場合はどうなの?詳…
登録できない?転職エージェントに断られる原因と対処法まとめ
転職エージェントに頑張って登録したものの、「お断りのメール」を送られたあなたへ。転職エージェントに…
アメリカやカナダで働きたいあなたへ海外転職のアドバイス
北米への海外転職について、必要な基礎知識からビザの取得難易度、役立つ転職エージェントまで一挙に解説…
転職エージェントで経歴詐称・学歴詐称するとバレてしまうのか?
転職エージェントの利用者で少しでも企業に自分をよく見せようと経歴・学歴詐称する人がいます。立派な犯…
pagetop