転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職サイト > 転職口コミサイトの信憑性って?鵜呑みにしたら危険!

転職口コミサイトの信憑性って?鵜呑みにしたら危険!

🕒 2018/03/14
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職口コミサイトの信憑性って?鵜呑みにしたら危険!

自分が就職するかもしれない企業がどんな企業なのかというのはどの就活生も気になるところですよね。

そこで活用できるのが転職口コミサイトです。

ここでは企業側だけでなく社員などの生の声を聞くことができます。

しかしその記事の中には過激な告発文のような口コミもしばしば…

こういった口コミサイトはどこまで信じていいのでしょうか?

そこでこの記事ではどこまでこれらを信じていいのか、口コミを見る際の信憑性を見極めるポイントを紹介します。

そもそも転職口コミサイトって?

そもそも転職口コミサイトとはどのようなものなのでしょうか。

ネットで検索をかけるといくつものサイトが出てきますが、それらは全て会社の社員や元社員の口コミを見ることができ、それぞれの会社の年収や雰囲気などを知ることが出来るサイトです。

大手だと「転職会議」、「Vorkers」、「キャリコネ」、「カイシャの評判」などがあります。

サイトによってグラフ化されたデータだったり扱っている企業などが違う場合もあります。

でもこういったサイトのどれを見て、それをどの程度参考にしていいのしょうか

投稿数に注目

まずその口コミの信憑性を判断するのに有効なのが、投稿数をチェックすることです。

前提として、口コミというものは個人の主観であることについて好き勝手に書いたものです。

だからある人がこの会社はブラックだといっても同じ会社の他の人にとってはこれくらい普通だよ、ということも普通にあります。

そこで注目すべきなのが投稿数です。

同じような口コミが何件もあるということはたくさんの人がその会社に対して同じことを思っているということです。

一見個人の主観に過ぎない一口コミでも、似たような意見が複数あがっていれば当然その情報の信憑性は高まります。

そのためまずどのサイトを見るかという段階でも、必ず情報の母数となる投稿数はチェックするようにしましょう。

ネガティブな意見には注意!?

そもそも口コミは誰が書いているのでしょうか?

多くは現役社員か元社員です。

ではなぜ社員がわざわざ自分から口コミを書くのでしょうか?

答えはその会社に対して不満を持っているからです。

口コミというのは多くがストレス発散の場として使われがちです。会社がブラックだけど辞めようにも辞められない現役社員だったり会社の人間関係がうまくいかず辞めた元社員だったり、そういう不満を持ちつつもその不満をどこにも吐き出せない人が口コミサイトに投稿するのです。

だからこそこういったネガティブな意見を鵜呑みにしてしまうのは危険です。

そういった人たちは会社への憎しみや憎悪から、多くが客観性を欠いた過激な意見を書きがちです。

口コミでそういった過激な意見を見るとそんな会社なのかとびびってしまいそうになりますが、あくまで一個人の意見であり必ずしも正しくどの部署にも当てはまるというわけではありません。

じゃあポジティブな意見は?

ネガティブな意見が信憑性が低いならポジティブな意見ならいいの?と思った人もいるでしょう。

実際ネガティブな意見よりはポジティブな意見の方が信憑性があることが多いです。

特に具体的な数字で表されているものは信憑性が高いと言えるでしょう。

たとえば年収や週休制度、福利厚生などです。

これらは嘘をついたり盛ったりしている可能性が他と比べて低く、その内容がポジティブなら参考にしてもいいでしょう。

また元社員の投稿でポジティブなものも参考になるでしょう。

元社員というのは多くが会社に不満をもって辞めていくので、その中で会社にいい印象を抱いているというのは優良企業である可能性が高いです。

しかしこれもたまたまその部署がよかったり、上司が変わって雰囲気がまるで変わってしまった、なんてこともありえるので一概には言えませんが。

投稿日時も見る

それから気を付けなければならないのが投稿日時です。

近年では労働基準やセクハラなどに関する法改正も多く日々会社はその改善を迫られています。

そのため5年以上前は口コミの通りだったとしても、その後改善または悪化している可能性は十分に考えられます。

特に創業してまだ年数の経っていない会社や小規模な会社は会社自体が不安定なので数年で大きく変化している可能性があります。

よって古すぎる口コミはあまり気にしない方が得策でしょう。

おわりに

どうでしたか。

口コミサイトは匿名で誰でも投稿できるというその気軽さゆえに信憑性が高いとは言えないことが分かったと思います。

自分が就職するかもしれない企業の雰囲気がどんなものなのか、企業側からの情報だけでなく生の声を聴きたいという気持ちもとてもわかります。

しかし口コミはあくまで個人の意見であり、偏りがあります。

過激な一口コミに大きな影響を受けて自分が行きたかった企業を蹴る、ということはしない方がいいです。

よって口コミサイトはあくまで軽い参考程度に眺めるくらいが一番いいでしょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

想定年収の意味とは?転職サイトに書かれているものの実態
転職をする上で最も重要になってくると言ってもいい年収について、やはりお金は大切。しかし転職サイトに…
転職サイトで空求人・釣り求人はなぜあるのか?その原因を徹底解説
転職先を探すとき、空求人や釣り求人に出会うことがあるかもしれません。そもそもそれは一体なぜあるのか…
他と差をつけるITフリーランスの名刺
ITフリーランスなのに名刺は必要なの?と思うかもしれません。しかし、ITフリーランスだからこそ名刺が自…
パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル
パワハラの被害に会っている方で早く現在の会社を辞めて、他社に転職したいでも、また同じことが起きるこ…
pagetop