転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 人事・総務・経理 > 国家公務員が仕事しながら税理士に転職できるのか?

国家公務員が仕事しながら税理士に転職できるのか?

🕒 2018/04/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
国家公務員が仕事しながら税理士に転職できるのか?

現在国家公務員の人でも税理士になりたいと思って税理士試験を受験している人は多くなっています。

しかし税理士になるのはとても難しいです。5科目合格しなければいけなく、どの科目も合格率は10%~20%ととても低いです。

安定した国家公務員の給料から転職して給料が減るかもしれなく、家族を養えるか不安な人も多いと思います。そこで、税理士のなり方、転職する時期など紹介していきますので参考にしてください!

税理士までの道

税理士のなり方

そもそも税理士とは個人や中小企業の「税金」について色々なサポートをする仕事ということは税理士になろうと思った人は誰もが知っていると思います。その税理士になるためには税理士試験に合格しなければいけません。受験資格は大学で法学部・商学部・経済学部・経営学部を卒業した人またはそれらがない人は簿記1級に合格すれば受験資格は得れます。どちらにせよ簿記1級くらいの知識は必要になりますので無駄な勉強にはなりません。ここでは受験資格がある人に向け紹介しようと思います。

5科目合格しよう

税理士になるためには5科目合格しなければいけません。人によって勉強時間はまちまちだが短くて2500時間、長くて5000時間くらいです。そのため今年はこの科目、来年はこの科目と目標を決めて5~6年かけて取る人が多いです。国家公務員のかたならこのような計画をたてて勉強しないと仕事と勉強が追いつかなくなり仕事のパフォーマンスが落ちます。そのためしっかりと勉強時間の確保も大事です。しかし就職もして家族もいた場合は勉強する時間もない人もいると思います。そこで「スキマ」を利用しましょう」!

スキマの利用

日常生活のなかで様々なスキマ時間があります。例えば通勤時間とかです。もし仕事場が1時間のところでしたらそこで1時間勉強できます。テキストを読んで頭の中で反復するなど繰り返してみて下さい。

他にもお風呂の時間とかもありますね。勉強でいちばん大事なのはインプットとアウトプットです。なのでお風呂のときは声に出してやると頭に残ります。またトイレの時もスキマ時間があります。壁に単語の説明など貼っとけば自然と目に入り勉強ができます。このようにスキマを使って勉強すれば働いている人も十分勉強ができます。

転職の時期

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数569件対応地域全国(沖縄を除く)
非公開求人8割ターゲット層税理士の方
強い業界会計事務所/税理士法人/コンサルティングファーム/事業会社年収UP実績90%

転職の時期ですが全科目合格してから転職をしたほうが良いです。仮に4科目合格した状態で税理士事務所で働いていても給料は国家公務員のときと比べて減ります。また最後の科目だからといって大丈夫だと思っている人もいると思いますが最後の科目は皆さんが避けてきたものなので受かったモノよりも大変に思えるはずです。だから絶対に5科目合格してから転職することをオススメします。

税理士になると独立開業も可能ですがいきなり独立するとどのように顧客をとるのかわからない場合もあります。なので独立したい人もまずは税理士事務所にへ転職し、税理士としての仕事を学びましょう!

どの事務所に転職すればいいの

たくさんある税理士事務所の中でどれがいいのかわからないと思います。そこでオススメしたいのは「マイナビ税理士」です。

理由は税理士の転職市場を知っている專門のキャリアアドバイザー求めている条件で一生懸命探してくれるからです。

しかも「マイナビ税理士」が取り扱う求人案件は約80%で非公開求人です!なぜ非公開求人が多いかと言うと税理士は年々減っているのでどの事務所も欲しがっています。公開求人が多いと奪い合いが発生します。求人側にもいい事務所が見つかるというメリットがあります。

しかもマイナビ税理士の「利用者満足度」高いことも大きなメリットです!それだけ求人をもとめている事務所も転職したい人の満足度を大切にしているのが分かります。これが多くの転職に導く秘訣なのかもしれません。

他にも科目合格者の人達にも役に立つ情報が多くあり充実しています。キャリアアドバイザーだけではなく最新情報の提供という点でも素晴らしいサービスがあります。

例をだすと「税理士業界コラム」という記事を出して情報を提供しています。このような記事は転職活動において役に立つだけではなく転職後の業務にも役に立ちます。情報を得るための手段としても使ってみてもいいです。

税理士は経験がものをいう世界なのですが、このような転職エージェントを使えば採用率の高い求人など紹介してもらえます。また年収アップにも繋がります。国家公務員から転職して税理士になりたい人はこのような税理士エージェントを使ってみてください。

最後に

税理士の5科目合格など大変です。しかも専門性もあり難しいものだと言えます。しかし現在資格取得者が減少していて活躍の場が広がっているとも捉えることができます。

給料も高く、やりがいもあります。なので転職を考えている人はしっかりと計画をたて税理士になってください!参考になればとても嬉しいです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職でトラブルに遭わないために知っておくべき全てのポイント
初めての転職は最後までスムーズに事を運んでいきたいですよね。トラブルが一切ないようにうまく段取りを…
薬剤師って労働時間どのくらい?
皆さんは薬剤師の労働時間がどのくらいなのか想像できますか?薬剤師はどのくらい働いているのでしょうか…
営業職向いていないと気付いたら内勤営業に転職すべき
「毎日外回りで体力的にきつい」「口下手でクライアントとなかなか信頼関係を築けない」「毎月の営業ノル…
リクナビNEXT利用者限定!【経理】の転職を成功させる方法
リクナビNEXTに掲載されている経理職求人の傾向や特徴、経理の方が転職をするうえでの注意点などを紹介し…
pagetop