転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > 第二新卒エージェントneo > 第二新卒エージェントneo詳細

『第二新卒エージェントneo』の求人特徴・サービス評判まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
『第二新卒エージェントneo』の求人特徴・サービス評判まとめ
『第二新卒エージェントneo』は、人材事業で急成長し続けている株式会社ネオキャリアが手がけている20代男女の第二新卒・既卒・フリーターの就職や転職を支援しているサービスです。

オフィシャルは就職支援サービスとしか公表していませんが、実質は若手人材向けの転職エージェントです。

何となく大学を卒業したけれど、やりたいことが見つからない...新卒で入社できたけどブラック企業だった...といった不遇に苦しんでいる若者を正社員として就職させる、ホワイト企業に転職させることを目的に立ち上げられました。

第二新卒向けの求人を専門的に取り扱っている転職エージェントは数社ありますが、ネオキャリアの第二新卒エージェントneoはどんな強みや特徴を持っているのでしょうか。

これから就職・転職を考えていて第二新卒エージェントの評判を調べている方はこのページを最後まで読めば、第二新卒エージェントを使うべきかが自分で判断できるようになるでしょう。

第二新卒エージェントneoの公式ページへ

第二新卒エージェントneoの基本情報

ユーザー評価
評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星 (4.2)
公開求人数
-
非公開求人
-
対応地域
東京/埼玉/千葉/神奈川/大阪/京都
設立
2013年
口コミ件数
5件
職種 営業/企画/販売/接客/事務/管理/エンジニア
業界 IT/サービス/小売/不動産
ポイント 未経験歓迎/ホワイト企業が多い/急成長

第二新卒エージェントneoは未経験者可、未経験者歓迎の案件を中心に求人紹介を行っています。現段階で取り扱っている求人数は公式的に発表されていませんが、過去に16,000名以上の20代人材の就職や転職を成功させてきた確固たる実績を持っています。

第二新卒エージェントの求人は「学歴不問」「研修充実」「残業少なめ」「転勤無し」「福利厚生充実」といったキーワードが入ったものがほとんどです。職種で言えば、営業・企画系、事務・管理系、販売・接客系、技術系といったメジャーな職種の求人が目立ちます。

何も要望がなければ、未経験でも研修を受ければ問題なく仕事をこなせる求人を優先的に紹介してくれるのでご心配なく。

すべての紹介先は第二新卒エージェントneoの専門アドバイザーが実際に訪問しリサーチしたことがある会社なので、求人広告では伝わらない職場の雰囲気や実際の労働環境などの実像を詳しく教えてくれます。

企業と求職者両方を詳しく知っているからこそ、希望に合った求人紹介が可能です。20代~30代前半の第二新卒・既卒・フリーターはぜひご登録を!

登録と利用は完全無料です。スマートフォンからの登録はこちらのQRコードからどうぞ!
第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneoの公式ページへ

第二新卒エージェントneoの口コミ

匿名さん(男/23歳)
2018/01/04 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
転職できました!!!!

紹介してくださったサイトの方に親切に教えていただいて転職成功させること出来ました!

新しい職場の方が親切でとても楽しく働かせてもらってます!

新しい職場選びが曖昧だったので2つ紹介して頂…

匿名さん(女/21歳)
2017/12/02 総合評判  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
転職するのやめました

転職したところで自分のやりたいことではありませんでした。

専門学校に行く費用もないんで転職サイトを探している方もまずは資金集めを考えたほうがいいですよ。

やみくもに専門家になることを目…

第二新卒エージェントneoの職種別に見る求人の特徴

まず、第二新卒エージェントneoで紹介可能の案件を職種別に見ていきましょう。詳しい職種と対応求人数は以下の通りです。

第二新卒エージェントneo職種

職種別に探せる公開求人は合計363件と第二新卒特化とはいえ少なめです。

実際に相談を申し込むと、オフィシャルサイトで公開されている求人以外の非公開案件を紹介してくれる場合もありますので、出会える求人は決してこの限りではありません。

ここでは、職種別に見る求人の傾向を簡単にご説明します。

営業・企画系の求人は全体の約半数

あまり驚かないかもしれませんが、営業・企画系の求人は142件でほかの職種より圧倒的に多いです。業界を見れば自動車、不動産、商社、メーカーなど多岐に渡ります。どんな業界に興味を持っていても第二新卒エージェントneoで希望にあた求人が見つかるはずです。

営業や企画という職種は、自社の商品やサービスを市場に届ける役割を担っています。一部の求人では専門知識も必要とされる場合もありますが、経験がなくても始めやすい職種の筆頭といっても過言ではありませんね。

また、ほとんどの企業は何らかの商品やサービスを取り扱っており、それをマーケットに届けて売上に繋げる人が必要なので、ニーズは途轍もなく大きい。

景気回復や人手不足の影響で、即戦力のみを求めてきた企業も、未経験者の採用枠を増やしつつありますので、今がチャンスだと言えるでしょう。

第二新卒エージェントneoのサービス特徴・魅力ポイント

第二新卒エージェントの魅力は何と言っても求人数の充実度です。下記のグラフで直近3年間の取扱い求人数(非公開求人含む)を確認すれば、求人数がどんどん伸びていることをお分かり頂けるでしょう。

第二新卒エージェントneo

既卒者向け就職サービスを比較している方が最も気になるのは、ずばりサービスの特徴・強みです。第二新卒エージェントneoのサービス特長は以下3点にあります。

ブラック企業を徹底排除してくれる

社会問題となっているブラック企業は「長時間労働」「社会保険がない」「離職率が高い」「残業代を払わない」「新人の面倒を見てくれない」などの特徴があります。

第二新卒エージェントneoには企業の事情を熟知している経験豊富なキャリアコンサルタントがたくさんいます。ブラック企業を見抜ける調査員が実際に企業を訪問し長時間のミーティングをすることで、少しでも問題を感じたら、紹介先リストからその企業を除外します。

上記の特徴に該当する企業を絶対に紹介しませんので、安心できます。

現場の生の情報が伝わるので、職場の雰囲気や採用担当の考え方など詳しく教えてくれます。

第二新卒出身の担当者にしかできないアドバイスがある

実は第二新卒エージェントneoには第二新卒出身のキャリアアドバイザーも多数在籍しています。就活の失敗談、フリーターとしての不満などを親身になって聞いてくれて、同じ境遇だった人ならではのアドバイスをしてくれます。

第二新卒からの就職・転職経験者がサポートし、経歴不足をカバーできる選考のコツもとことん教えてくれます。

マンツーマンのサポートはとにかく手厚い

第二新卒エージェントneoは大手企業が運営している大手転職エージェントではないため、知名度に関してリクルートエージェントなどに及ばないものの、求職者一人ひとりのサポートにかけるリソースは大手に遜色がないと言えます。

第二新卒エージェントneoのような一人当たりの面談、ヒアリング時間は10時間以上の転職エージェントはかなり少ないと言えるでしょう。

他社の転職エージェントは1人のコンサルタントが複数の求職者を掛け持ちする場合が多く、カウンセリングや面接指導にあまり時間を取らないところもあります。

第二新卒エージェントneoではキャリアアドバイザーも企業担当もマンツーマンで、選考対策のみならず社会人としての基本を教えてくれる上、明確に未経験の若手を募集している企業のみを紹介しているので、書類選考や面接通過率は既卒の平均より一段と高いです。

第二新卒エージェントneoはこんな方におすすめ

第二新卒エージェントneoは以下の方をターゲットにしている就職支援サービスです。

  • 第二新卒の方
  • 既卒の方
  • フリーターの方

もっと具体的に言うと、まず20代で初めて就職活動、もしくは転職活動をする場合は間違いなくおすすめです。

「自己分析ってどうやってするの?」、「どんな業界や職種が自分に向いているかが分からない」、「履歴書、職務経歴書の書き方がいまいちわからない」、「面接で何を聞かれてなんて答えればいいんだろう」などの悩みや迷いを感じたら、すぐキャリアコンサルタントと相談しましょう。

第二新卒エージェントneoは元フリーターなど同じ状況だったコンサルタントがたくさんいるので、就活で挫折してフリーターになった、事情があって大学を中退した、前職がブラック企業でパワハラにあったなど、周りの人に話しにくい話題についても、心を開いて相談でき、深堀したアドバイスがもらえます。

第二新卒エージェントneoの登録から内定までの流れ

まず、第二新卒エージェントneoと求人先企業、そして求職者(あなた)はどのような関係性を持っているのでしょう。下記の画像を確認するとわかりやすいです。

第二新卒エージェントneo

ここからは第二新卒エージェントneoを利用して就活や転職活動を成功させるまでの流れを見ていきましょう。

  1. 登録・面談日程予約
  2. キャリアカウンセリングを受けてコンサルタントと一緒にキャリアプランを決める
  3. 書類添削や人事目線での模擬面接、セミナーを活用して就職力を高める
  4. 紹介求人に応募、面接時のフィードバックをもらい次の面接に活かす
  5. 入社日や条件交渉をしてもらい、内定後研修を経て入社

このように、第二新卒エージェントneoを利用して就職成功までの流れは至ってシンプルと言えます。「転職エージェントを使うのが面倒くさい」「やり取りをするのがだるい」といった転職エージェントへの固定観念を覆すのが、この第二新卒エージェントです。

第二新卒エージェントneoの公式ページへ

第二新卒エージェントneoを実際に利用した方の口コミ・評判

実際のところどうなのかは、利用者の声を聞いてみないと分かりません。ここでは、第二新卒エージェントneoを利用した方の口コミを良い悪い両方をピックアップしてお見せします。

第二新卒エージェントneoについての良い評判

販売・女性・22歳・年収250万
総合評価:★★★★★

大学で勉強とバイトを両立できず、単位をたくさん落としました。就活も、単位が残っているせいで時間をかけられず、内定がないまま卒業してしまいました。

人生に絶望してバイトで繋いでいたときに、ネオキャリアに出会いました。

私を担当してくださった方は20代後半の爽やかなイケメンで、同じく就活に失敗した経験を持ちます。

書類の書き方、面接での喋り方を何度も丁寧に教えてくれたおかげで、ある家具メーカーの販売員に就職できました。

給料こそ高くないですが、これからの人生に希望を持つようになったのが何よりです。

第二新卒エージェントneoについての悪い評判

営業・男性・24歳・年収300万台
総合評価:★★☆☆☆

ちゃんとした社会人の経歴がないと分かっているんですが、あんな利用者をなめた口調はさすがにない。

年収400万以上の仕事が欲しいと伝えたら、「給料に高望みしすぎている。うちにはそんな求人がない」と言われ、偉そうな態度でした。

結局、妥協して年収300万代の営業職を紹介してもらって入社できましたが、なんだか腑に落ちないですね。

面接対策を受ける時も当たり前のことしか言っていなかったし、就職できたのは私自身の実力だと思います。

他社と比較して分かった第二新卒エージェントneoのメリット・デメリット

ほかのエージェントと比較してはじめて、第二新卒エージェントneoは信頼すべきかが分かります。ここでは、第二新卒エージェントneoと他の会社を徹底的に比較してみます。

他社と比べて第二新卒エージェントneoのメリット

スピーディーに就活や転職活動を行える

第二新卒エージェントneoはとにかくスピード感のある会社です。通常の転職エージェントは、登録後に電話で面談の日程を調整しますが、第二新卒エージェントneoの登録フォームに面談希望日を入力でき、登録を終わらせるとともに面談する日にちを決められます。

思い立ったらすぐ面談に行き、その場で求人を紹介してくれることができ、煩わしいステップを踏まなくても大丈夫です。

活動が長引くと経済的にもメンタル的にも良くなく、メリットがないです。

第二新卒エージェントneo経由で就職できた方の中には、面談からわずか3日で満足のいく会社を見つけて就活を終わらせた方もいます。

成長企業の求人をたくさん紹介してもらえる

第二新卒エージェントneoは主に直近5年間の売上が年々増加している企業を中心に営業活動を行っているため、取扱い案件を見てみると成長企業がほとんどです。

成長企業は必ず良いとは言えませんが、業績拡大のため急募の場合が多く未経験者にもチャンスがあるというのがメリットです。

IT、営業、マーケティング職などメジャーな職種が多く、会社とともに成長したい方に向いています。

他社と比べて第二新卒エージェントneoのデメリット

外れの案件に当たることがある

第二新卒エージェントneoは首都圏近辺を中心に求人紹介を行っていますが、稀に低品質な案件を紹介された、という評判もあります。

また、若手のキャリアコンサルタントが多く在籍していて、年齢層が近く相談しやすい、熱意があるといったメリットがある一方、専門性に欠ける支援という場合もあるようです。

関東と関西以外の求人が少ない

対応地域について順次拡大中ですが、現時点で以下のエリア以外は対応していません。

  • 東京都
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 海外

第二新卒エージェントneoの本社は東京都新宿区にあり、事業拡大に伴い2016年に大阪市北区に関西拠点を新設しました。

これからもどんどん対応地域が増加していくことが予想されますが、現時点で関東圏と関西圏以外で求人を探している方にとって不向きです。

良い案件を優先的に紹介してもらう方法

第二新卒エージェントneoは急成長しているベンチャー企業が運営しているとはいえ、大手企業のように人手が常に足りている状況ではなく、キャリアコンサルタントの数は限られています。

一方、サービス申し込む者が急増しており、優先度が低いと判断された場合、対応を待たされる可能性はないとは限りません。

条件の良い求人は基本的に早い者勝ちなので、できれば優先的に対応してもらいたいですよね。ここでは、そのテクニックをご紹介します。

ファーストコンタクトはなるべく実際に会う

地方住まいなど交通が不便な場合、面談なしで電話だけで完結するケースもありますが、なるべく初回面談に足を運びましょう。担当者がシステムで検索をかける時に、まず「面談希望」を選択した人から声を掛ける、といった場合も有り得ます。

転職希望時期を聞かれたら「すぐにでも」と伝える

コンサルタントにとって売上目標というものがあるため、すぐ転職しようと思う人を優先的に対応しています。最初の面談でいつ転職する予定なのかを聞かれた際に、「良いところがあればすぐにでも転職したい!」と答えるようにするのがベストです。

そうすれば売上に繋がると思われ、優先度の高い求職者として対応してくれるでしょう。

マメに連絡を取る

転職エージェントは社内のデータベースの中から条件を絞り応募者を探して企業に紹介していくのですが、ほとんどの場合表示順番が最終接触日の新しい順なのです。最終接触日(更新日)が何カ月前だと、すでに転職先が決まった可能性が高いと判断され、後回しにされます。いくらプロフィールが魅力的でも、日付が古いと自動的に後回しになるので、気をつけましょう。

第二新卒エージェントneoに限らず、どの転職エージェントでも多忙ですので、自分からアプローチをしないとすぐ忘れられる可能性があるので気をつけましょう!

第二新卒エージェントneoと併用するべきおすすめサービス

近年、既卒向けの就職支援サービスが次々と生まれているおかげで、既卒、第二新卒、フリーターの方でも就職しやすい環境になっています。

それでも、正社員就職・転職に失敗するケースが珍しくありません。原因として職歴や学歴はもちろん、就職支援サービスを正しく使っていない可能性が高いです。

経験に多少ディスアドバンテージがあっても正社員にキャリアアップできた方の大半は、既卒向け就職サービス2社以上に加え、総合型の大手転職エージェントに少なくとも1社登録しています。

なぜなら、既卒向けの就職サービス紹介される案件は正社員といっても「月収18万」程度のものが多いからです。好条件を求めるならやはり大手の転職エージェントにもチャレンジすべきです。

ここで、登録すべきサービスの最適な組み合わせをご提案します。ぜひそれぞれの専用ページにてご確認ください。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。第二新卒エージェントneoの強みと弱み、サービスの特徴、利用者の口コミ評判をご紹介してきましたが、利用するか否かの判断ができるようになったでしょうか。

下記のどちらかに当てはまる場合は、思い切って第二新卒エージェントneoを使いましょう。

  • 新卒で入った会社を3年以内に退職した方
  • 派遣社員や契約社員、フリータ―など非正規雇用の方
  • 20代で正社員経験のない方
  • 既卒、第二新卒で、キャリアに自信のない方
  • 前職の会社にいた期間が短いため、実務スキルがゼロに等しい方
  • 他社で求人紹介を拒否された方

登録は下のボタンからだと簡略化された専用ページを利用できるため、1分以内に完了できます。

あなたが正社員として就職できることを陰ながら祈っております。

第二新卒エージェントneoのNews&最新情報

ここでは、運営会社のネオキャリア株式会社が公開しているニュースリリースの中で、第二新卒エージェントneoに触れた最新の情報とニュースを随時更新しています。

2017/01/24追記:大阪支店設立で地元企業との連携拡大

ネオキャリアが運営する第二新卒向けの就職支援サービス「第二新卒エージェントneo」は大阪で新たに支店を設立しました。

これまでは東京を中心に事業展開してきましたが、大阪支店の新設に伴い、関西エリア在住の第二新卒の方でも気軽に就職相談できるようになりました。

大阪支店の基本情報

  • 支店名:第二新卒事業 大阪支店
  • 所在地:〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル2階
  • TEL:06-4797-1307
  • アクセス:四つ橋線 西梅田駅 9番出口より徒歩1分
「第二新卒」の厳密な定義とは?

第二新卒とは、学校を卒業後、一度就職をしたが数年のうちに離職し、再就職先を探すために転職活動をする若手求職者のことです。数年以内とは一体何年かに関しては特に決まりがありませんが、一般的に3年以内を指すことが多いです。

ニュースリリースの引用元:ネオキャリアの「第二新卒エージェント」大阪支店設立地元企業との連携によりさらなる第二新卒就職支援の拡大へ

第二新卒エージェントneoの公式ページへ

第二新卒エージェントneoの会社概要

サービス名 第二新卒エージェントneo
運営会社名 ネオキャリア株式会社
本社所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
資本金 362,384,890円
事業内容
  • 各領域における採用支援
  • 人事業務支援
  • ターゲティング広告
  • 許認可
  • 一般労働者派遣許可 許可番号 派13-070366
  • 有料職業紹介事業許可 許可番号 13-ユ-070309
  • プライバシーマーク認定 10860758(06)
  • pagetop