転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > おすすめ転職サービス > 障害者雇用バンク(旧:エラビバ) > 障害者雇用バンク(旧:エラビバ)詳細

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)は評判悪い!?口コミ9件とサービス特徴を徹底解説!

🕒 2021/09/13
このエントリーをはてなブックマークに追加
障害者雇用バンク(旧:エラビバ)は評判悪い!?口コミ9件とサービス特徴を徹底解説!

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の基本情報

ユーザー評価
(4.0)
公開求人数
約4,100件
非公開求人
多数掲載
対応地域
全国
設立
2016年4月1日
口コミ件数
9件
職種 事務、営業、エンジニア、技術職、企画、販売など
業界 IT、医療・介護、Webなど
ポイント 障害者向けの求人数が業界トップクラス!/ハイクラス求人も豊富!

「障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の評判は悪いって聞いたんだけど…」
「障害者雇用バンクって本当に使うべきサービスなのかな…」

就職支援サービスを使う前に、利用者の評判をチェックしておきたいですよね。

なかでも障害者雇用バンクはスマホ1つで完結すると好評ですが、本当に使えるのかが気になるところ。

そんな障害者雇用バンクの評判については、こんなコメントが寄せられました。

<障害者雇用バンクの良い評判>

  • 「障害者向けの求人を探すのが楽になった」
  • 「トップクラスの求人数の多さ」
  • 「他の求人サイトにはなかった求人を見つけられた」
  • 「スマホがあれば諸々のフォローを受けられる」
  • 「カウンセラーとweb面談ができた」

<障害者雇用バンクの悪い評判>

  • 「電話がかかってくる」
  • 「求人を紹介されなかった」

この記事では9件の口コミ・評判を見て、障害者雇用バンクを本当に使うべきかを見ていきます!

<今回の記事でわかること>

  • 障害者雇用バンクの良い評判・悪い評判
  • 障害者雇用バンクの評判からわかるトラブル事例と対処法
  • 障害者雇用バンクを使うメリット・デメリット
  • 障害者雇用バンクでの登録方法
  • 障害者雇用バンクに関するよくある質問
※障害者雇用バンクは、エラビバからサービス名を変更しました

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の評判・口コミを紹介!【全9件】

ではさっそく障害者雇用バンクの評判を見ていきましょう。

今回は良い評判・悪い評判の両方を見ていきますので、本当にご自身が使うべきサービスかどうかの判断材料にしてくださいね。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の良い評判・口コミ7件

まずは障害者雇用バンクの良い評判から見てみましょう。

対応・サポートの関する良い評判・口コミ

障害者雇用バンクを利用して良かった点は「障碍者向けのサービスの中ではトップクラスの求人数の多さ」であったこともそうなのですが、個人的には「カウンセラーとweb面談ができた」ことが良かったです。

障害者雇用バンクに登録すると、担当してくれるコンサルタントがついてくれ、面談してもらうことができます。人には言えない自分の悩みを相談することができ、適切なアドバイスを受けることができたので、安心して転職活動を行うことができたのはとても良かったと感じています。

(引用元ページ:独自アンケート)

障害者雇用バンクでは、障害者に配慮した形で、カンタンウェブ面談がありましたので、簡単操作でカウンセラーとすぐに繋がることができたことでありました。また、3分で簡単に利用者登録ができますし、スキマ時間で都合の良い日時に、ウェブ面談も可能になる点が素晴らしいと思えました。安定した企業についても、数多く紹介されており、どの企業についても、障害者に配慮した募集枠を儲けられておりましたので、大変素晴らしいと思えました。

(引用元ページ:独自アンケート)

担当者の対応やサポート体制については「人に言えない悩みを相談できた」「安心して転職活動に臨めた」「Web面談もしてくれた」などの声が集まりました。

求人についての良い評判・口コミ

僕の意見何ですが障害者雇用の幅が広がりました。
やはり、ハローワーク行くのはちょっと見つからないとかハローワークの職員が怖く挫折してしまうってありませんかな新たにエラビバが増えた事で調べるのが楽になります。

(引用元ページ:Twitter

障害者枠で正社員になるには障害者向け就活サイトで片っ端から正社員の求人に応募するしかない。。
契約社員→正社員ってルートもあるけど時間がかかるから最初から正社員の求人に応募しよう。
障害者向け就活サイトならdodaチャレンジやエラビバは求人数が多くオススメ。
(引用元ページ:Twitter

マイナビやリクナビのような転職サイトで見つけられなかった求人も見つけられて、最終的に納得のいく形で働けるようになった

(引用元ページ:独自アンケート)

求人については好評の声が多く「障害者向けの求人を探すのが楽になった」「マイナビリクナビのような転職サイトで見つけられなかった求人も見つけられた」などの声が寄せられました。

なかなか障害者向けの求人サイトはないため、こうしたサービスはかなり重宝しますね。

その他の良い評判・口コミ

私は総務部担当者です。以前勤めていた障害者の方が体調不良により辞めることになり障害者方が足りずに困っています。近くの障害者支援業務を行っている就職活動支援センターを利用し障害者の方の紹介を受け2人を紹介していただいておりましたが、一人目は障害の度合いから部署員と合わずに1年の契機満了とともに辞め、もう一人はうちで働いていただくには少々無理という判断にいたり雇用に至らなかったこともあり、すこしその支援センターと距離を置くことになりました。そこで、部署員みんなで支援センターなどを探し、つるの剛士さんが起用されたを「障害者雇用バンク」さんを見つけるに至りました。登録してすぐに一人目を紹介していただくことになりました。今回は雇用にいたりませんでしたが、登録者数も多いということでまた二人目を紹介する準備をしてもらっています。前の支援センターよりフットワークが軽いのでこれからの厳しい障害者雇用環境に強い味方を得た気分です。

(引用元ページ:独自アンケート)

スマホがあると諸々のフォローを受けられますし、らくちんです。前使っていた求人サイトより使い勝手も良かった。

(引用元ページ:独自アンケート)

障害者雇用バンクはスマホ1つで完結するサービス。

カウンセリングや内定後のサポートも、お持ちのスマホでサクッと済ませられますよ。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の悪い評判・口コミ2件

好評の声が多い一方で、こんなコメントも寄せられました。

対応・サポートについての悪い評判・口コミ

エラビバさん電話はやめて… 苦手なのよ

(引用元ページ:Twitter

サービスを使い進めていくと、担当者から電話がかかってくる場面があります。

電話対応が苦手な方からすると、サービスを使っていて少々苦痛に感じることがあるかもしれませんね。

求人についての悪い評判・口コミ

せっかくサービスを使ったのに、求人をぜんぜん紹介されなかった。門前払いを喰らった感覚ですね。

(引用元ページ:独自アンケート)

サービスを使おうと思っても求人を全然紹介されず、結局使うのを諦めてしまう方もいます。

もし障害者雇用バンクの利用が難しい場合は、dodaチャレンジなど他社サービスも使ってみてください。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の悪い評判からわかるトラブル事例と対処法

ここでは障害者雇用バンクに関する悪い評判をもとに、具体的なトラブル事例とその対処法を解説していきます。

電話がニガテなときは対策を立てよう

なかには電話応対がニガテで、転職活動にニガテ意識をもたれる方もいますよね。

そんなときは以下の対策を実施し、スムーズに乗り切ってみましょう。

  • 事前に電話応対の練習をする
  • 聞かれることに対しての回答メモを用意する

前もって対策しておくと、あとはその内容をもとに話すのみ。

「こう聞かれたらこうやって回答しよう」と準備することで、よりスムーズに対応しやすくなりますよ。

求人を紹介されない時の対処法を押さえよう

せっかく障害者雇用バンクを使おうと思っても、ぜんぜん求人を紹介されないケースがありました。

この場合は、次の行動をとってみましょう。

  • 求人条件を緩めてみる
  • 他社のサービスを使ってみる

勤務地、募集職種などで絞り込んでいる場合は、保管の地域の求人まで範囲を広げてみたり、他職種の求人検索も視野に入れてみてください。

それでダメだった場合は、dodaチャレンジなど他社サービスも使ってみてくださいね。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使う10のメリットを解説!

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使う10のメリットを解説!

障害者雇用バンクを使うメリットは以下の通りです。

  1. 障害者向けの求人に強い!
  2. サービスは無料で使える!
  3. 大手有名企業の求人も多数掲載!
  4. 自宅でWeb面談を受けられる!
  5. 担当カウンセラーがヒアリング!
  6. ハイクラス求人も充実!
  7. 履歴書・職務経歴書の作成もフォロー!
  8. 面接対策もバッチリ!
  9. 就労支援施設の紹介もしてくれる!
  10. プライバシーマークで個人情報は安全!

①障害者向けの求人に強い!

障害者雇用バンク-業界No.1

(引用元ページ:障害者雇用バンク

障害者雇用バンクはその名の通り、障害者向けの就職支援サービスです。

障害者向けのサービスのなかでは求人数がトップクラスに多いため、よく比較したうえで就職できるのが魅力です。

なお障害者向けの就職・転職支援サービスの求人数を比較すると以下の通りです。

サービス名求人数
障害者雇用バンク約4,100件
dodaチャレンジ約1,200件
アットジーピー約950件
ランスタッドチャレンジド約400件
アビリティ・スタッフィング約250件
ソーシャル・パートナーズ約150件

複数サービスで比べても、求人数が圧倒的に多いと分かりますね。

また取り扱う職種の豊富さもポイントで、事務・企画・営業、ITエンジニア・技術職、医療・介護、販売、ゲーム・Web系など幅広く取り揃えていますよ。

②サービスは無料で使える!

なんと障害者雇用バンクは、最初から最後まで完全無料で利用できるサービス。

費用面を気にすることなく就職できるのは嬉しいポイントですね。

ちなみに登録はたったの3分で完了しますから、まずお気軽に利用してみてくださいね。

③大手有名企業の求人も多数掲載!

障害者雇用バンク-大手・有名企業の求人

(引用元ページ:障害者雇用バンク

たとえばTOSHIBAや大塚商会、CASIOなど誰もが一度は聞いたことのある求人が充実しているのもポイント。

大手企業への就職支援実績もあるため、「憧れのあの企業で働きたい…!」とお思いの方にもおすすめです。

大手企業だと快適に働ける環境が整っていますから、気になる方はぜひ応募してみてくださいね。

④自宅でWeb面談を受けられる!

web面談を受ける男性

障害者雇用バンクでは自宅でWeb面談をしてくれるのも魅力です。

ご都合のいい時間でサクッと済ませられますから、就職までがかなりスムーズ。

またアプリのインストールも不要。スマホ1つあれば面談を受けられるんです。

そうした使い勝手の良さから、今のお仕事を進めつつ就活できるのも嬉しいポイントですね。

⑤担当カウンセラーがヒアリング!

キャリアアドバイザーの面談

サービスを利用する際は、利用者一人ひとりに担当カウンセラーがついてヒアリングをしてくれます。

カウンセラーと二人三脚で転職・就職活動を進められますから、サポートを受けつつ成功まで導いてくれます。

もちろん転職や就職について不安なことがあるときは、相談に随時乗ってくれますよ。

お一人だけで転職・就職活動を進めるのが不安な方、実績のある人にサポートしてもらいたい方にもおすすめですね。

⑥ハイクラス求人も充実!

一般的な求人だけでなく、障害者向けのハイクラス求人に強いのもポイント。

なお非公開求人のなかでも50%以上が年収400万円以上の求人で、高収入求人に出会いやすいのが魅力です。

その他にも年収500万円以上の求人、外資系企業の求人、大手企業の求人などと幅広く用意しています。

マネージャー職やリーダー職など、障害者向けのハイキャリア求人を探したいならば、障害者雇用バンクがおすすめですよ。

⑦履歴書・職務経歴書の作成もフォロー!

「履歴書で自分の強みを伝えるのがニガテ…」
「職務経歴書の書き方がよくわからない…」

などなど、提出する書類についてこうお思いの方もいますよね。

ですが障害者雇用バンクではこうした書類対策も徹底しており、事前に対策してくれます。

どうすれば企業の採用担当に良いアピールができるか、より適切な表現の仕方はないかなど、隅々までチェックしてくれますよ。

⑧面接対策もバッチリ!

面接ではどうしても緊張してしまい、なかなかうまくご自身のことを表現できない方もいますよね。

対策するにしても、お一人でするのは難しいことでしょう。

そんななか障害者雇用バンクては面接対策も実施しているため、専属エージェントがしっかりサポート。

理想的な立ち居振る舞いは何か、どう職歴を伝えるのがベストかなど、面接対策もバッチリですから安心してくださいね。

⑨就労支援施設の紹介もしてくれる!

障害者雇用バンクは就職・転職支援をメインに展開しています。

ですがそれだけではなく、就労支援施設の紹介もしてくれるんです。

⑩プライバシーマークで個人情報は安全!

障害者雇用バンク-プライバシーマーク

(引用元ページ:株式会社スペシフィック

障害者雇用バンクを運営している株式会社スペシフィックでは、プライバシーマークを獲得しています。

このマークは個人情報の取り扱いが適切か評価するもので、一定基準を超えた事業者に与えられるものです。

プライバシー面の対策がしっかり取れたサービスですから、安心して利用できますね。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使うデメリット4つを解説

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使うデメリット4つを解説

障害者雇用バンクを使うデメリットは以下の通りです。

  1. まだ実績は少ない…
  2. 障害者手帳がないと利用不可…
  3. 都市部の求人が多い…
  4. 対面での面談は実施していない…

①まだ実績は少ない…

障害者雇用バンクは、2019年に運営が始まったサービスのため、まだ転職・就職支援実績が少ないです。

そのため老舗のサービスを使いたい、実績があるサービスを使いたい、なんて方にはおすすめできません。

もし10年以上の実績があるサービスを使いたいならば、dodaチャレンジをおすすめしますよ(2008年1月1日設立)

②障害者手帳がないと利用不可…

障害者雇用バンクのサービスを利用するには、障害者手帳が必要です。

以下の手帳を持っていない場合は、まず発行してから利用しましょう。

  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳

③都市部の求人が多い…

障害者雇用バンクの求人は全国に対応していますが、どうしても掲載地域に偏りが出てしまいます。

なかでも首都圏や大阪に集中していて、地方での求人は比較的少なめ。

もし希望する地域の求人が少ない時は、希望条件を変更するか、他のサービスを併用するのが得策です。

④対面での面談は実施していない…

障害者雇用枠の場合、面談の際は原則Webでの実施となります。

そのため、対面での面談ができないんです…。

「実際に会って話したほうが進めやすい」とお考えの方からすると、少々使い勝手悪いと感じるかもしれませんね。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使って転職するまで【流れを解説】

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)を使って転職するまで【流れを解説】

ここでは障害者雇用バンクを使って転職するまでの流れを解説します。具体的には以下の通りです。

  1. まずは会員登録(無料)
  2. プロフィール登録
  3. サイトから求人情報を探す
  4. 面接
  5. 内定・お仕事スタート!

STEP①まずは会員登録(無料)

サービスを使うにあたって、まずは会員登録を済ませましょう。

メールアドレスを入力すると確認メールが届きますので、開いて必要情報を入力しましょう。

STEP②プロフィール登録

STEP②で会員登録を済ませたら、次はプロフィールを入力します。

お持ちの障害、これまでの職歴を入力してくださいね。

STEP③サイトから求人情報を探す

職種と勤務地を選択して、ピッタリだと感じたお仕事を見つけてくださいね。

なお正社員、契約社員、パート求人と、幅広い雇用形態に対応してるのもポイントです。

なお障害者雇用バンクでは「ハローワーク求人」も掲載していますが、記載されている求人番号を控え、ハローワークに問い合わせて進めていくスタイルになります。

STEP④面接

各企業にて面接を受けます。

履歴書・職務経歴書などの準備も済ませ、面接本番に臨みましょう。

STEP⑤内定・お仕事スタート!

面接をクリアできたら、いよいよ転職先でのお仕事がスタートします!

【結論】~障害者雇用バンク(旧:エラビバ)は使うべき?~

今回は障害者雇用バンクの評判、サービス詳細を中心に解説してきました。

まとめると障害者雇用バンクは、以下に当てはまる方におすすめのサービスといえます。

  • 障害をお持ちで転職・就職したい方
  • 手厚いサポートのもとで転職・就職したい方
  • 大手有名企業への転職・就職をしたい方
  • 面談はWebで済ませたい方
  • 障害者向けのハイクラス求人をお探しの方
  • プライバシー面で安全なサービスを使いたい方

ですが障害者雇用バンクのデメリットも考慮した時、以下に当てはまる方にはおすすめできません。

  • 障害者手帳をお持ちでない方
  • 実績が豊富なサービスを使いたい方
  • 都市部以外に絞って求人をお探しの方
  • どうしても対面で面談を受けたい方

また評判を見る限りでは「トップクラスで求人数の多い」「他の求人サイトにない求人が見つかった」と良い評判が多い一方で、「求人を紹介されなかった」「電話がかかってくる」と悪い評判も散見されました。

マイナス面を受け入れないと利用しにくいですから、両者をよく比較して本当にご自身にとって使えるサービスなのか判断してくださいね。

【補足】障害者雇用バンク(旧:エラビバ)についてのよくある質問

ここでは障害者雇用バンクについてのよくある質問をまとめます。

①精神障害者向けの求人ってありますか?

障害者雇用バンクでは、精神障害者向けの求人向けの求人も多数掲載しています。

精神障害や知的障害者の方でも、もちろん利用できますよ。

②実際に入社してから昇給はできますか?

もちろん、企業によっては昇給の可能性もあります。

なお障害者雇用バンクでは年収アップのできる求人、キャリアアップのできる求人も充実していますよ。

③障害者雇用バンクfor新卒と障害者雇用バンクの違いを教えてください

障害者雇用バンクfor新卒、障害者雇用バンクはいずれも同じサービスです。

なお登録の際はどのページから進めても問題ありません。

④障害者雇用バンクにログインできないのですが…

ログインできない要因として多いのが、パスワード忘れによるもの。

もしパスワードを忘れた時は、障害者雇用バンクから再設定の手続きを済ませましょう。

専用フォームにて障害者雇用バンクで登録したメールアドレスを入力したら、送信してください。

その後に返信メールが来ますから、そこで再設定を進めてください。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)に関する最新情報【更新:2021年8月5日】

最後に障害者雇用バンクに関する最新情報をまとめます。

「エラビバ」から「障害者雇用バンク」へサービス名称を変更

2021年5月6日より、「エラビバ」から「障害者雇用バンク」へ名称が変わりました。

サイトもリニューアルされ、サイト内ではタレントのつるの剛士さんが起用されています。

障害者雇用バンク(旧:エラビバ)の会社概要

サービス名 障害者雇用バンク(旧:エラビバ)
運営会社名 株式会社スペシフィック
本社所在地 東京都渋谷区東3丁目21-1 スペシフィックビル
資本金 2000万円
事業内容 HR事業
許認可
  • 有料職業紹介事業 許可番号:13-ユ-307858
  • 労働者派遣事業 許可番号: 派13-306615
pagetop