転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 手取り20万円から飛躍的に年収をアップさせる方法とは

手取り20万円から飛躍的に年収をアップさせる方法とは

🕒 2018/11/12
このエントリーをはてなブックマークに追加
手取り20万円

恐らくこのサイトを閲覧して頂いている方は「自分の給料もしかして低い?」と思い始めている方ではないでしょうか。

もしくは、転職を考えていたり、今ある現状を打破したいと考えていたりしているのではないでしょうか。

。今回は手取り20万とは世間から見るとどのような位置にいるのか、給与アップの方法を提案させていただきます。

手取り20万に対する世間の評価

手取り20万と聞くと大手企業の平均的な新卒初任給とおおむね一致しています。

ここでは手取り20万が社会人全体で見るとどのような位置にいるのか、ご紹介します。

dodaの調べによると2017年の20代サラリーマンの平均年収は346万円とされています。

これが30代サラリーマンになると455万円になります。

このデータから見ると平均の手取りの月収は、20代・30代でそれぞれ

29万円・38万円になっています。

つまり、平均の手取りは30万前後かそれ以上になっているということです。

よって、手取り20万円は「とても低い月収」であるといえます。

初任給でも20万円は貰える時代に、その月収ではもったいないです。

手取り20万円だと世間からは

結婚する人にはもう少し稼いでもらわないと不安

親のすねをかじっているのか

生活も厳しそう

というような厳しい意見が多くあるのが現状です。

このままでは十分な時間も無ければ、給与もない人生をしばらく続けて行かなければなりません。

では、給与アップのためにはどのような方法があるのでしょうか。

給与をアップさせる方法

手取り20万円から給与アップさせる方法を調べていると、たくさんの情報が出てくることでしょう。

これらの情報は現実味の無いものや時間がかかりすぎるものがほとんどだと思います。

そのなかでも

資格を取ろう!!

会社で一生懸命働いて昇進しよう!

など、それができれば困っていないと思うようなものばかりです。

また、会社の中での昇給は年度ごとに行われる場合が多いので、今できる解決方法としては適していないでしょう。

そこでお勧めする手段が二つあります。

一つ目が、「副業」です。

最近のトレンドとして副業解禁はよく聞くのではないでしょうか。

副業をする時間を取ることによって自分のスキルを高めるきっかけにもなり、継続して続けていれば本業よりも稼げるなんて人もいるようです。

また、副業することによって他の買い物をする時間も無くなり、節約効果もあると言えるでしょう。

副業は様々ありますが、ここでおすすめするのがインターネットを使ったビジネスです。

なぜなら、在宅ワークによって家でも稼ぐことができることや、新しく仕事を始める固定費も低いからです。

副業を始めるときには、固定費の低いものを選ぶようにしましょう。

しかし、中には「副業禁止企業」もあります。

ご自身が働いている企業がこの副業禁止企業であった場合は、どうすればよいのでしょうか。

ここで2つ目の選択肢、「転職」です。

給与もアップしないし、そもそも給与が少ない、副業も禁止されているなら会社を離れましょう。

新しい場所でご自身の力を最大限評価してもらうべきです。

しかし、転職先で手取りの給与がアップしなくては意味がありません。

つぎに、本当に転職は手取りアップにつながるのかお伝えしていきます。

転職は手取りアップに繋がる

転職は手取りアップにつながります。

手取りアップする会社に転職しなければ意味がないからです。

この時必要になるのが転職の際の給料の交渉です。

自分の価値を高く評価してくれる企業に転職するように心がけましょう。

そこで不安になるのが

「自分にスキルや資格がないし価値を主張できない」

「そもそも取ってくれる企業があるとは思えない」

「手取り20万だと転職のために時間を割けない」

などでしょう。

自分にスキルが無いと考えている方は心配しないで問題ありません。

dodaの調べによると転職の際に人事は、スキルを重視していないそうです。

会社にフィットしているのか、一緒に働きたいと思える人材、仕事に熱意を持って取り組んでもらえるかなどの適性を見ていることが多いようです。

自分のやりたいことにフィットしているかを慎重に検討しましょう。

また、現在転職市場は「売り手市場」にあり、転職を積極的に受け入れる企業が増えてきました。

転職をするなら、今とは言いませんが早ければ早いほど良いです。

今ある転職で入ることができる企業の求人が締め切る前に、転職を検討するべきですよ!

まとめ

手取り20万は世間からは収入が低いという評価を受けがちです。

この現状を打破するために副業や転職をしましょう。

副業では本業に加え、新しく仕事をすることになるので、さらに厳しい生活になる可能性もあります。

その覚悟とそれだけの努力ができる人にオススメします。

根本の解決のためには本業を変える転職を強くお勧めします。

比較的転職のしやすい今だからこそ、動き出すチャンスです。

この記事を読んだ今からでも、転職先を調べてみてはいかがでしょうか

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

休職歴が転職エージェントにバレたくない方必見
転職を考える時、転職エージェントには休職していたことを言わずに転職を終わらせたい。
上京すべきか迷うなら東京へ転職するメリット・デメリットを確認しておこう

自らのキャリアプランを見据えて、上京を考える地方在住の方は多いのではないでしょうか。

しか…

転職するならどっち?税理士法人と個人事務所の違いを徹底解説
税理士が働く場所と言えば、まず税理士法人というイメージですね。そして個人事務所で仕事する税理士も多…
転職したいけど妻や夫など家族の反対に悩むあなたへ
近代転職するというイメージに対して抵抗感が薄れ始めていますが、家族の壁で転職するのを諦めている人が…
pagetop