転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 毎日2時間は勿体無い!通勤時間が長い辞めたい人に転職のアドバイスをご紹介

毎日2時間は勿体無い!通勤時間が長い辞めたい人に転職のアドバイスをご紹介

🕒 2019/07/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日2時間は勿体無い!通勤時間が長い辞めたい人に転職のアドバイスをご紹介

「通勤時間が長いと幸福度が下がる」と聞いたことはありませんか?

毎日通う会社に2時間かけるのと1時間かけるのとでは、自分のために使える時間が全く違ってきます。

また、毎日それだけの時間を使って通勤していれば疲労もたまります。

それがさらに満員電車となると身体的にも精神的にもしんどいですね。

実際、通勤時間が長いという理由で転職する人は多いようです。

通勤時間が長い理由で仕事を辞めたい人は実に多い

「給料が少ない」「もっと違う仕事がしたい」「人間関係が上手くいかない」。

転職の理由は様々あります。

「通勤時間が長くて今の仕事を辞めたい...」というと、そんな理由で辞めるの?なんて言われるかもしれません。

でも、通勤時間が長くてストレスを感じている人はたくさんいます。

アメリカで行われた調査によると、自宅から職場までの移動にかかる時間が長い人ほど幸福度が低いことが判明しました。通勤時間が長いほど、疲労感を感じ、仕事中も気分が沈みやすい傾向にあるそうです。

これは甘えではなく、きちんとした退職理由になります。

通勤時間が長いデメリット

そもそも通勤時間が長いことのメリットはあるのでしょうか?

通勤時間に音楽を聞いたり、本を読んだりすることができる。

ですが、これはメリットというより時間を上手に使う方法ですね。

通勤時間が長いことはデメリットの方が圧倒的に多いです。では、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

睡眠時間が減り健康のリスクが高まる

通勤に時間がかかるので、朝は早く起床しなければいけません。

しかし、帰宅時間は会社に家が近い人より遅くなってしまいます。

そのため、睡眠時間は必然的に短くなってしまいます。

睡眠時間が短いと、生活習慣病やうつ病のリスクが高まり、寿命も縮めるといわれています。

また、集中力が下がり、仕事に悪影響を与えるでしょう。

自由に使える時間が少ない

帰宅時間が遅くなるため、プライベートに費やす時間は限られてきます。

友達と飲みに行っても、朝が早いから早く帰って準備しなきゃと思って、時間を気にしてしまいますよね、

通勤時間を上手に使うこともできますが、満員電車で押しつぶされながらできることは限られてきます。

それに、身体的につらい状況で趣味の時間に費やしても楽しくないですよね。通勤は電車を利用する人がほとんどだと思いますが、通勤ラッシュを憂鬱に感じる人が多いようです。

プライベートに使える時間も少なく、満員電車に長く載っていたらストレスが溜まる一方です。

費用がかさみ生活を圧迫する

会社から遠いと交通費が高くなります。

会社が全額支給してくれる場合は問題ありませんが、上限がある場合は金銭的な負担が大きくなります。

飲み会があったら、終電が早いのを気にしなければいけないし、帰れなくなった時は宿泊代がかかります。

寝坊してタクシーを使わなければいけない状況も考えられますね。

以上のように、会社が自宅から遠いと何かとお金がかかってしまいます。

転職する際に注意すること

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8,649件(2017年12月時点)対応地域1都3県
非公開求人7,485件(2017年12月時点)ターゲット層20代~35歳以下
強い業界IT・Web/金融/医療年収UP実績4割

転職理由を正直に伝えるのはダメ

面接では、転職理由を必ず聞かれるでしょう。

その際に「通勤時間が長くて苦痛に感じていたから」なんて正直に答えるのはいけません。

以前の職場をネガティブに言うことは悪印象を与えます。

他の正当な理由を考え、転職をポジティブに伝えましょう。

通勤時間が短いことをアピール

企業側も、会社から自宅が近い人を求めています。履歴書の通勤時間の欄をチェックしているようです。

企業側が通勤時間を確認する理由には以下のようなものがあげられます。

・体力面の不安

・緊急の出社に対応できない

・遅くまで残業できない

・交通費が高くなる

通勤時間が長いことは企業にもデメリットが多いです。転職の際も通勤時間を一つの基準とするでしょう。

もちろんスキルが重視されますが、同じような候補者がいた際に有利となります。

履歴書に通勤時間を書いてアピールしましょう。

転職エージェントを利用する

理想の通勤時間は30分といわれています。現実的に考えて1時間以内、できれば30分以内が理想となります。

自宅から30分圏内の転職先を探すとなると、どうやって探せばいいのでしょうか?

転職エージェントを使ってプロに任せるのがおすすめです。

自分の希望する場所の求人を紹介してくれ、求人先の企業の情報を知ることができます。

転職しても、希望する勤務地で働けないかもしれないし、頻繁に転勤がある可能性もあります。

そういったことを内情に詳しいエージェントが解決してくれます。

しかし、通勤時間だけを優先して求人を探せば、求人も限られてくるでしょう。通勤時間と自分のやりたい仕事のバランスを考えて転職エージェントに相談してみましょう。

なんでも相談できる『typeエージェント』がおすすめです。

まとめ

通勤時間を短くすることで、時間に余裕が生まれ、ストレスも軽減できます。

通勤時間が長くて転職したいというのは、甘えではなく、立派な理由となります。

通勤時間が長くて悩んでいる方は転職を考えてみてはいかがですか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

ニトリへの転職を成功に導くための全知識と口コミ
株式会社ニトリの転職について、お考えの方必見!転職といっても、「何から初めたらいいかわからない。」…
ブラック企業に転職しないための見分け方
ブラック企業と巷ではよく聞きますが、この実態はどんな企業のことを指しているのか、転職失敗しないため…
リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントと面談できるの?
リクナビNEXTは業界最大手の転職サイトとして有名ですが、実はキャリアコンサルタントと面談もできるんで…
京王電鉄に転職すべき?~評判・年収・中途採用・転職難易度を徹底解説~
京王電鉄は鉄道のイメージがありますが、さまざまな部署に分かれていて、不動産、観光、ホテルなどの運営…
pagetop