転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 花王に転職するべき?|他社と比較してわかった会社評判・年収

花王に転職するべき?|他社と比較してわかった会社評判・年収

🕒 2018/12/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
花王に転職するべき?|他社と比較してわかった会社評判・年収

「花王」と聞いて潜在などを思い浮かべる方は多いです。

また、花王の製品を日ごろから愛用しているからこそ「花王に転職したい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、それだけで転職を成功させることは出来ません。

企業の分析はもちろんのこと、さまざまな調整を行う必要があります。

今回は、花王の企業分析をとおして見えてくる転職を成功させるメソッドを特別に大公開していきます。

花王ってどんな会社?

花王は1940年に設立された国内大手の科学メーカーです。

トイレタリーメーカーとしては国内首位、化粧品メーカーとしての国内のシェア2位と大手の会社として位置づけられています。

「トップ」などの洗濯用洗剤はシェア率が圧倒的に高いです。

また、ほかにも多くのカテゴリーでトップを独占しています。

ほかにも、国内におけるトイレタリーメーカーで唯一の自社で販売会社をもっているため原料から一貫生産し、物流、そして販売までを請け負っています。

さらに、財務的な実績の強化とともに、「環境」「健康」「高齢化」「衛生」といった社会的課題に対処するために、先進的な取り組みを進めています。

グローバルにも展開しています。

アジアを中心としてグローバル展開も積極的におこなうのみならず、世界約100カ国で事業展開しています。

欧州においては、美容系のビューティー部門にちからを入れており、アジア圏においては、ヘルスケア商品を中心に扱っています。

年功序列があり毎年少しずつ昇進することができる反面、若者が活躍しづらい環境になっています。

福利厚生が他の企業に比べて高い評価を得ています。

保育所,提携施設の充実、住宅手当などが充実しています。

化学メーカーは花王を除くと外資系の企業が多いため、必然的に福利厚生が充実しているのかもしれません。

花王の人間関係や社風は、残念なことに他の競合企業と比べて劣っています。

業界で大手の座を占めているだけあって、保守的すぎると言われています。

現に意思決定に時間がかかるため、外資企業のP&Gと比べるとどうしても会社自体の成長率が低いです。

花王のお給料はどのくらい?

次に花王の平均年収を見ていきましょう。

転職の年収は正式に公開されていませんが、社員の平均は798万円となっています。

P&Gやライオンなど他と比べると平均的な給与であると言えます。

福利厚生という面では、他社を上回っており、そこが唯一の強みとなっています。

花王の残業はどのくらい?

花王の残業時間は、月に20-30時間となっています。

同種のP&Gやライオン、ユニ・チャームと比べても残業時間は平均的であるといえます。

ただし、メーカーの場合は所属する事業によって達成度も異なり、そして残業時間も大きく変わって行きます。

確認は転職をする前に検討しておきましょう。

花王の中途採用は

花王は中途採用する際に、求められる5の条件があります。

それは、「高度な専門性」「国際感覚豊かな人材」「協働で成果を上げられる人材」といった項目が中途採用において特に必要とされる条件となっています。

また、事務系の仕事は新卒時でも職種別に募集しており、特にマーケティングの分野に力を注いでいます。

そのため、マーケティングの分野で転職を考えている方にとってはお勧めできます。

技術職では、生物、化学、化学工学、機械電気、生産技術分野で募集しています。

日本最大手のトイレタリーメーカーであるため幅広い製品を販売しています。また、研究開発拠点も国内外に多数あります。

具体的には、国内では東京、和歌山、栃木、小田原が主要開発拠点。国外ではドイツ、アメリカ、中国、スペイン等が拠点となっています。

花王へ転職する方法

花王へ転職をする場合には転職エージェントを活用すべきです。

なぜなら、非公開の求人を転職エージェントは取り扱ってくれるからです。

そもそも、企業側は転職の募集にあまり資金を投入したがりません。

かりに、公式に転職の求人を募集すると多くの募集を募ることになります。

もちろん、大手の企業であるからこうした事態は避けられません。

多くの応募者の中から選ぶには、多くの時間と手間と人件費がかかります。

こうした自体を避けるためにも非公開にして予め母体を限定します。

そうした非公開の情報を手に入れるためには転職エージェントに登録する必要があるのです。

また、転職をする上で重要な年収の交渉も転職エージェントを通すことでスムーズに行うことができるのです。

そういった意味でも、好条件で転職するためにエージェントは使うべきなのです。

他にも、業界に特化した対策を行ってくれます。

今までに多くの転職希望者を内定に導いてきた経験があるため、合格させるためのノウハウや企業側が求めている人物像についても理解があります。

また、面接の際に聞かれたことなどあまり外に出回りづらいような情報も持っています。

そのため、ひとりで対策をするよりもはるかに効率よく効果的に行うことができます。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

デロイトトーマツコンサルティングに転職したい方が知っておくべき全知識
外資系コンサルティング企業として抜群の人気と知名度を誇るデロイトトーマツコンサルティング。年収、中…
P&G Japanの転職について評判や特徴など
プロクター&ギャンブルジャパン、P&G Japanは、誰でも名前は聞いたことのある超有名企業ですよね。 有…
みずほ情報総研に転職を考えているなら知っておくべき情報

このサイトではみずほ情報総研について転職を考えている人に、年収や、福利厚生、社内体制など様々な…

口コミから見る日本総合研究所の転職情報!
日本総合研究所への転職を考えている方、必見です!基本的な情報から年収、やりがい、社風といった転職す…
pagetop