転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > ボストン・コンサルティングに転職すべき?~会社情報・年収・評判~

ボストン・コンサルティングに転職すべき?~会社情報・年収・評判~

🕒 2018/05/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボストン・コンサルティングに転職すべき?~会社情報・年収・評判~

コンサルティング会社に就職希望している人はどれだけいるでしょうか?

多くの企業の経営課題を解決していきたいと思っている人も多いそうです。

自分のコミュニケーション力や、ロジカルシンキングで企業の課題に取り組むことによって、課題を解決していきそれを間近で実感できるというのがとても魅力的だと思います。

今回は外資系コンサルティング企業の『ボストンコンサルティング』への転職を希望している人へ向けての転職ノウハウをご紹介していきたいと思います。

それだけではなく、『ボストン・コンサルティング』の今を分かりやすくしたいため、口コミ・評価を添えて解説していきたいと思います!

まず、ボストン・コンサルティングって具体的にどんなことしている会社?

この章では、ボストン・コンサルティングについての概要を説明していきたいと思います。

ボストン・コンサルティングはコンサルティングファーム です。

  • コンサルティングファーム(consulting firm)とは企業の抱える課題に対して意見を出し、その企業と共に解決まで導く企業のことを指します。
  • クライアントの課題解決のために、材料を提示しどんなことができるのか、どのようなシステムが必要などを考え、実行までに移す事業内容になります。

    1963年にボストンで立ち上げ、1966年に東京へオフィスを構えました。

    それ以降、アジアへの進出を果たしております。

    コンサルティング業界で知らない人はいないほどの巨大な企業ですね。

    仕事内容としては、経営者に代わって経営戦略を提案し、収益UPを狙い、企業のシステムの変更、改善、実行までをします。

    ボストン・コンサルティングは現場に介入することで知られていますね。

    つまり、コンサルティングファームの力量で、クライアントの収益は決まってくるといっても過言ではありません。

    また、経営を社外の者に担当させるという重大な役割を担っております。

    また、データ研究も仕事内容の一つになります。

    例えば、AIの登場により証券会社はどのような変化を見せるか予測したり、これから労働人口はどのように移行していくのか予測したりと、データに基づいた研究も仕事と内容の一つになります。

    ボストン・コンサルティングの口コミ・評価は?

    この章ではボストン・コンサルティングの口コミ・評価について説明していこうと思います。

    口コミによると、3~4人の少人数 で大手企業の課題に取り組んだり、経営者と対峙したりとプレッシャーが襲い掛かってくることが多々あるそうです。

    しかし、そのプレッシャーがやりがいに変わり、対象となる職業や経営課題も様々なので飽きることなく毎日新しいことに取り組むことができるそうです。

    また、企業内の雰囲気もいいそうです。

    クライアントだけではなく、プロジェクトメンバーにも尊敬できる人が多く、一緒に働くことに誇りを持ち、またとても自分自身の勉強になるようです。

    ですので、他のメンバーとも切磋琢磨しつつあなたのスキルを伸ばすことができます!

    また、その仕事量や、タスクのレベルに比例して給与も高くなっております。

    新卒入社だった場合、最初の3年弱は大体600~700万円程度でその後昇進することができれば一気に給与は上昇します。

    昇進後は一気に1000万を超えるそうです。

    ボーナスの面でも充実しており、実力がついている人はかなりまとまった額が支給されるそうです。

    ボストン・コンサルティングは完全に実力主義な企業ということがわかります。

    能力・実績によって若いうちから大きな差が出てしまいます。 

    また、労働時間に対してどうなのか、という時間効率をみると、実際には給与は低いのかもしれない、という意見もありました。

    勤務時間、福利厚生、社内制度などの口コミ・評価は?

    続いては、勤務時間、福利厚生、社内制度などの口コミ・評価を紹介していきたいと思います!

    ボストン・コンサルティングは定時・財業代という概念は一切なく、無尽蔵に長時間労働をしてしまう傾向があります。

    管理職の姿勢次第で日中だけではなく、深夜にMTGが入ってしまうなど長時間労働前提の働き方が定着してしまっている背景があります。

    この部分で不安な気持ちを抱く人は多いでしょう。

    家庭を持ちたい人でしたら、この企業は向いていないのでしょう。

    実際家族といる時間はとても短くなってしまい、関係が悪化してしまう可能性もあります。

    土日にも上司からメールが送られてくるなど、勤務時間管理が一切行われておりません。

    続いて、福利厚生全般についてみていきましょう。

    いわゆる日本企業のような充実した福利厚生はほぼ全くないと言っても過言ではないでしょう。

    給料が高いとはいっても、毎日深夜まで働くので、会社の近くに家を借りると家賃で給料がかなり目減りしている印象がある。

    給料だけではなく、福利厚生も見ていく必要がありそうです。

    続いて、社内制度について見ていきましょう。

    口コミによると、入社してからの一年半程度は、定期的に研修が実施されて、コンサルタントとしての基本的なスキルを身に着ける機会を提供してくれるそうです。

    また、インストラクターが新人一人につき一人付き、原則はじめの半年程度は同じプロジェクトの下でコンサルティングスキルを磨きます。

    ボストン・コンサルティングはとても忙しい企業ですが、教育・研修制度の優先度が高いために、積極的に受講を進めることが可能です。

    社内制度については高評価が多く目につきました。

    終わりに

    いかがでしたでしょうか?

    あなたの希望する企業とイメージは合いましたでしょうか。

    転職して、中途入社で30歳で、800万という水準になります!

    そこから昇進し役職に就くことで年収1000万も狙うことができます。

    もともと中途入社が多い企業ですので、理解も深く、思ったよりも早く年収を上げることが可能になっています。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    ヘッドハンティングの仕組みと転職成功のコツ
    ヘッドハンティングに関する仕組み、惹かれる人物像、失敗例から見る失敗しないためのコツ、お勧めの転職…
    第二新卒が必見!憧れの外資系企業に転職するためには?
    第二新卒が外資系企業に転職するために、必要な情報と注意点をまとめてご紹介。
    アクセンチュアに転職すべき?口コミから見た実情
    コンサル業界の中でも転職先としてとても人気のあるアクセンチュア。アクセンチュアの企業情報・採用につ…
    転職活動時にオススメの手帳ランキング!
    就職活動だけではなく、転職活動中の方々は必見。これさえあれば転職を乗り越えることができる…!スケジ…
    pagetop