転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 営業 > 「営業職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

「営業職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

🕒 2019/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
「営業職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

営業職への転職は他の業界とどこが違うのか、どんな転職サービスを使えば一番有利になるのか?といった疑問が求職者の中で常に存在します。あなたもそう悩んでいませんか?

営業職へ転職するといっても、前職は同じ営業職なのか、まったくの未経験なのか、専門職として働きたいのかなど、様々なタイプの求職者がいます。

転職サービスも、それぞれ異なるタイプの方に合わせて作られているので、どのサービスを選べばいいのかはケースバイケースです。

利用する転職支援サービスを間違えると、門前払いを食らうのはもちろん、仮に転職できたとしても、生涯の年収が一億円変わったり、出世に雲泥の差が生じたりする可能性もあるので、慎重に選ぶに越したことはありません。

このページでは、業界最大手の人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、 営業職への転職を成功させるために、下記2点をアドバイスいたします。

  • 営業職の転職事情
  • 営業職に強い転職サイト・転職エージェント5選

最後まで読むと、あなたの状況に最もふさわしい転職戦略を立てられ、トップレベルの会社で営業として活躍することができるでしょう。

営業職の転職事情

棒グラフの形をしている売上目標などをオフィスに掲げている場面を見たことがありませんか。そのような数字で成果がはっきり分かる仕事が営業職です。頑張れば頑張るほど成績が上がり評価されやすいというのは営業職の強みです。

営業職はどんな業界でも需要が大きく、転職に最も強い職種だと言われています。いくら良い商品やサービスがあっても、それを売る人がいなければ会社の収益になりません。

そのため、営業職は会社の存続にかかわる重要なポジションで、企業や経営者にとって優秀な営業マンはいくらいても足りないです。

ひとくち営業職といっても、その種類はまさに多種多様です。自社製品を小売店などに提供する法人営業や、医薬品や設備を医療機関に提供するMR(Medical Representative)、海外に商品・サービスを売り出す海外営業など多岐に渡ります。

成績は数字で表せるので評価されやすい一方、目標達成のプレッシャーが大きい職種でもあります。

営業職は未経験でも転職しやすい職種の1つでもあり、今の会社で十分に能力を発揮できていないのなら、転職エージェントと相談し今職場を変えた方がいいのか変えないほうが良いのかのアドバイスをしてもらうのがベストです。

営業職のトップ企業が求める人物像とは

ここでは、各業界の一流企業の経営者や人事部が営業に求めるスキルや資質をご紹介します。

どこでも通用するモノを売るスキル

営業職という職種の特徴は、今までどんな製品・サービスを扱っていたとしても、その経験でモノを売る営業力が培っていたら、他の製品・サービスを売る場合にも広く応用できることです。

そのため、企業側は「今までどんな業界にいた」よりも「その製品・サービスをどのように売ったのか」を重視するので、モノを売るためのプレゼンテーション能力や、成約に繋げるクロージング力にフォーカスしてアピールすると効果的です。

また、「前職は営業とかけ離れた仕事だったし、業界も違うし」という人でも、何かしら転職先で活かせる経験があれば、それを整理して言えるようにしましょう。未経験でも営業職として活躍できる資質として、例えば販売職なら失礼のないコミュニケーションの仕方、お客様の要望のヒアリング方法などがあります。

お客様の課題を聞くことが本来の営業

営業といえば、社交的で話し上手な人のイメージが多いですが、実は話し上手より「聞き上手」であることが本来営業職に求められる大事な素質なのです。

例えば口下手な人でも、しっかりお客様のニーズを聞き取り、トラブルの際にすぐ駆けつければ、誠実さが買われますね。大事なのは顧客の悩みをしっかり聞けて、その悩みを解決するというのはシンプルですがお客様に信頼される唯一の方法といっても良いかもしれません。

2017.08.23
このページは「営業職の経験は全くない場合、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は本当に未経験で大丈夫なの?」などのい未経験から営業職に転職しようとする人が高確率で抱える疑問に答えていきます。

営業職に強い転職サイト・転職エージェント5選

営業職の求人を取り扱っている転職サービスは、日本全国で400社以上が存在します。すべての会社が営業職の転職に多くの実績があるわけではなく、どんなものを使うかをしっかりと自分で判断する必要があります。

最も合理的な選び方は『 営業職求人のほとんどをカバーできる大手転職サイト1社以上』と営業職に対応しているサービスの中でも専門性が高い『特化型転職エージェント2社以上』を併用することです。

そうすると、異なるタイプの転職サービスの間でシナジー効果が発生し、理想の会社をもれなく見つけることができるでしょう。

今回は、400社以上ある転職サービスの中で、 営業職に転職しようとするあらゆるタイプの方におすすめの転職サイト・転職エージェントを5つ厳選し、それぞれの『 営業職求人の傾向』『サービスの特徴』をご説明します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画面

『リクナビNEXT』は人材会社最大手のリクルート傘下の社会人向け転職サイトです。

リクナビNEXTで閲覧可能となっている営業職の求人は2017年7月時点で3000件近くあります。

その半分は東京にあり、地方もかなりの求人があります。営業職求人の平均年収はおおよそ460万円程度となっています。

リクナビNEXTに掲載されている営業職の求人の特徴と傾向

リクナビNEXTの営業職の案件にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

リクナビNEXTの営業職求人の平均年収は460万円

リクナビNEXTに掲載されている営業職全般の平均年収は460万円程度となっています。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、海外営業やメディカル営業の年収は500万円前後となっており、他の営業職種よりダントツ高いです。

それはなぜかというと、海外営業とメディカル営業の業界では高額の取引が継続して行なわれていることと、特定分野の知識に長けている営業職が多いからです。相応のスキルと知識があれば年収が自然に上がるのも営業職のやりがいです。

また、インセンティブ制度が導入されている営業部門が多いので、平均年収はあくまで参考程度にして、自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが良いでしょう。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、営業職に転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

リクナビNEXTで募集している営業職の勤務地は全国に対応

リクナビNEXTに掲載されている営業職の求人数は、個人営業や法人営業などの細かい職種を全部含めて3000件近くあります(2017年7月現在)。

3000件というのは他社転職サイトではなかなかないボリュームです。

地域別に見ていくと、半分が東京を勤務地に置いている求人です。関西、九州、東北などの地方エリアも200件~400件の求人数を保有しているので、「〇〇で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」というようなことはリクナビNEXTではあり得ません。また、勤務なしや海外転勤ありなど人それぞれの要望に細かく対応する求人が多いというのも魅力のポイントです。

『リクナビNEXT』のサービス特徴

転職を考えてリクナビNEXTでいろんな求人を見比べするときに、様々な項目をチェックしなければならないので大変です。自分に合った求人が見つからなかったり迷いを感じた場合は問い合わせをして、アドバイスをもらいに行くとスムーズです。

気になる求人があったらとりあえず応募をしてみよう

リクナビNEXTは求人の検索や企業への応募ができるだけじゃなく、気になった企業や400社以上ある提携転職エージェントからのオファーをもらうこともできます。

意外とすぐに採用枠が埋まりますので、気になる求人があったらとりあえず応募してみることが大切です。入力した個人情報にマッチした求人があったら、転職エージェントからオファーが届く場合もあります。オファーが来たらすぐに確認するようにしましょう。

好条件の非公開求人を紹介してもらえるチャンスも

実はリクナビNEXTでは、一般の方が閲覧できない非公開求人を多数保有しています。

こういった非公開求人は往々にして責任が大きいポジションであったり給料が良かったりするので掘り出し物の求人が意外に簡単に見つかります。

非公開求人を見られるようにするには、リクナビNEXTに問い合わせをする以外に方法はありません。Web上の求人の中で、自分にマッチするものが少ないと感じた場合は、問い合わせを行った非公開求人を開示してもらうという手もアリです。

doda

リクナビNEXTの画面

『doda』は株式会社パーソルキャリア(元インテリジェンス)が運営しているヤング層に強い転職サイトです。

dodaで閲覧可能となっている営業職の求人は2017年7月時点で9000件もあります。

そのうち東京の求人は4000件程度で、そのほか大阪、名古屋や福岡が多いです。

求人の平均年収は全業界を合わせておおよそ440万円程度となっています。

さらにdodaではWeb上で見られる公開求人の以外にもキャリアコンサルタントと相談しないと閲覧できない非公開求人がたくさんあるので、積極的に問い合わせてみたほうが転職を有利にできます。

dodaに掲載されている営業職の求人の特徴と傾向

まずはdodaにある営業職の求人を見て、全体的な特徴や傾向についてご説明します。

dodaに掲載されている営業職求人の平均年収は440万円

dodaに掲載されている営業職全般の平均年収は440万円程度となっています。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、海外営業やメディカル営業の年収は500万円前後となっており、職種全般より一段と高くなっています。

それはなぜかというと、海外営業とメディカル営業は社会の最前線で大きな金額が取引されるスケールの大きな仕事をしていることと、特定分野の知識を持って専門性の高い商談をしているからです。共通の営業スキルをベースに業界の知識を積み上げていくと年収が自然に上がる仕組みとなっています。

ただし、営業職の場合インセンティブが給与を占める割合が大きいので、求人を見る際は平均年収にこだわるより、自分のスキルや経験に応じて希望条件を決めたほうが良いでしょう。

また、企業側が提示しているのはあくまで現段階の平均年収なので、営業職に転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探したほうが良いでしょう。

dodaで募集している営業職の勤務地は全国に対応

dodaエージェントサービスに掲載されている営業職の求人数は、全業界を含めて9000件と大量にあります(2017年7月現在)。

9000件という求人数は他の転職サイトではなかなか見ない数字です。

地域別に見ていくと、東京都の求人は4000件と最も多く、その他大阪、神奈川や福岡が比較的に多いです。これだけ豊富な求人を保有しているdodaを使えば、日本国内で求人が見つからないというようなことはまずありません。

また、dodaは積極的にグローバル展開をしている会社でもあるので、海外勤務できる求人の数も他社より断然多いので、興味があったらチェックしてみてください。

『doda』のサービス特徴

転職するかしないかで迷うときには、まず無料のキャリアコンサルタント面談を利用して、キャリアの棚卸しを行ってみましょう。何も行動せずに悩むよりも、プロのコンサルタントからアドバイスをしてもらったほうが役に立ちます。

営業職に精通するコンサルタントがサポートしてくれる

doda転職エージェントサービスには経験豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍しており、転職希望者1人に対して2人体制でサポートしてくれます。

中では元々営業職として働いていたコンサルタントが圧倒的に多いので、営業の知識が浅いコンサルタントよりも適切なアドバイスをしてくれます。

未経験から営業職への転職を考えている方やなんとなく職場を変えてみたいけど何をすればいいのかわからないという方は、とりあえずdodaに問い合わせしてキャリアコンサルタントと面談をしましょう。

秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらえる

キャリアコンサルタントと面談すれば、Web上には公開されていない非公開の求人を紹介してくれることもあります。

そういった非公開求人は、担当コンサルタントがひとり一人の経歴をしっかり見たうえで、「その人にとって一番いい選択肢」を提案してくれたものばかりです。

キャリアの棚卸しを手伝ってくれたり、もしかすると掘り出し物の求人案件も紹介してくれたり、dodaの無料相談はメリットだらけです。

リクルートエージェント

リクナビNEXTの画面

『リクルートエージェント』はリクルート社が運営している転職エージェントです。業界トップレベルの非公開求人数がその強みとなります。

リクルートエージェントが取り扱っている営業職の求人は2017年8月時点で40,000件以上あります。

その半分は東京にあり、地方もかなりの求人があります。営業職求人の平均年収はおおよそ800万円~1300万円という幅が一番多いです。

さらにリクルートエージェントではWeb上で見られる公開求人の以外にも好条件や高年収の非公開求人がたくさんあるので、積極的に問い合わせるとチャンスを見逃さずに済みますよ。

リクルートエージェントに掲載されている営業職の求人の特徴と傾向

まずはリクルートエージェントにある営業職の求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

リクルートエージェントの営業職求人の平均年収は800万円~1300円

リクルートエージェントに掲載されている営業職の平均年収は800万円~1300万円という幅の求人が一番多いです。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、未経験でも安心な法人営業の案件がメインとなっています。また、海外営業やメディカル営業の年収は幅が大きく年収の上限が3000万円というケースも見受けられ、つまり他の営業職種より年収が高くなる可能性が高いです。

それはなぜかというと、海外営業とメディカル営業の業界では高額の商品を取り扱っているのと、専門分野の知識が必要とされる営業職が多いからです。相応のスキルと知識があれば年収が自然に上がるため、モチベーションが保ちやすい職種とも言えます。

また、平均年収はあくまで参考ですので、コンサルタントと相談する際にどれぐらいの年収が自分に適しているかも含めてしっかりアドバイスをもらってきましょう。

リクルートエージェントで募集している営業職の勤務地は全国に対応

リクルートエージェントで公開されている営業職の求人は10,000件以上あり、非公開求人は30,000件以上となっています。

40,000件という求人数は他社エージェントではなかなか見ません。

地域別に見ていくと、半分が東京を勤務地に置いている求人です。関西、九州、東北などの地方エリアも1000件以上の求人を保有しているので、「地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」と不安であればリクルートエージェントを使えば安心です。また、子育て中の女性や未経験者OKなど人それぞれの状況に柔軟に対応する求人が多いというのも魅力のポイントです。

『リクルートエージェント』のサービス特徴

リクルートエージェントは国内トップクラスの求人データベースを持っているため、真剣に探せば理想の求人が見つかります。しかし時には、たとえ「東京23区にあるIT業界のアプリケーションエンジニア」というように細かく条件を絞り込んで検索しても求人はまだまだたくさんあるため、求人選びで迷いやすいという点に関しては大手転職エージェントを利用する際によくある贅沢な悩みです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

リクルートエージェントはその圧倒的な求人数と経験豊富なアドバイザー人材が評判で、悔いのない転職活動をするにはぜひ利用しましょう。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、同じくリクルートキャリアが運営している転職サイトのリクナビNEXTに登録すると、400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このようにリクナビNEXTとリクルートエージェントを並行して利用すると業界大手のリクルートキャリアの強みをフルに活用できます。

ビズリーチ

ビズリーチの画面

『ビズリーチ』は急成長している株式会社ビズリーチが立ち上げたハイキャリア向けの転職サービスです。申込型ではなく、ヘッドハンティング型であることが最大の特徴だと言えるでしょう。

ビズリーチで閲覧可能となっている営業職の求人は2017年7月時点で9000件もあります。

また、そのほとんどが東京にあり、平均年収800万円~1200万円という幅で変動する求人が一番目立ちます。

さらにビズリーチではWeb上で見られる公開求人の以外にも好条件や高年収の非公開求人がたくさんあり、有料サービスを使えば紹介されるのを待たずに自分からも応募できるようになっています。他の転職エージェントと比べて目新しさ満載のサービスなのでぜひ一度使ってみてください。

ビズリーチに掲載されている 営業職の求人の特徴と傾向

ここでは、ビズリーチで求人を出している企業人事、経営者が営業職に求めるスキルや資質をご紹介します。

信頼を構築するスキル

非常に一般的な言い方をすれば、営業はいろんな相手にもの・サービスを売り出すのが仕事です。商品を介していますが、実質人と人の繋がりがものを言います。

そのため、いかに堅実な人として買われるか、クライアントの信頼を獲得するかが成約のポイントとなります。

信頼を構築できる人は、結論までの思考プロセスを論理的にまとめ、説得力のある伝え方で分かりやすく相手に伝えられる人が多い傾向にあります。ロジカルシンキングのスキルとコミュニケーションのスキル両方が欠かせないのが営業職だと言えます。

粘り強い資質が重宝される

「口だけ達者」の人が多いと思われがちな営業職ですが、本当に成果を上げて評価される営業は決して口だけ達者の人ではなく、泥臭く、地道に最後までやりきる粘り強さを持っている人がほとんどです。

会社が設定した売上目標をクリアするまで諦めない忍耐力、計画性を持って仕事を進められる堅実派が企業に重宝されます。

『ビズリーチ』のサービス特徴

ビズリーチの使い方は他の転職エージェントと違って、自分からエージェントに相談しに行くことはありません。経歴を記入したあとに、企業の人事部やヘッドハンターからのスカウトが届くまで気長に待つことが大事です。

有料サービスならではの強み

ビズリーチは、会員登録しないと見られない一流企業の非公開求人、厳しい審査を突破した優秀なヘッドハンターによるスカウトといった質の高いサービスを提供してます。

さらに2980円~4980円/30日間の有料会員になれば、非公開求人を自ら検索・応募可能になり、特別スカウトの閲覧・返信もできるようになります。

有料サービスなので、求人の質を高い水準に保たないと会員数が激減します。ビズリーチは今も会員数が右肩上がりなので、それだけ求人に魅力がある証拠です。

ヘッドハンターを信用度で選べる

「転職エージェントやヘッドハンターは人にとって当たりはずれがあってちょっと怖い」という方に、ぜひビズリーチのヘッドハンター検索システムを活用してほしいです。

ビズリーチでは、1400人以上在籍しているヘッドハンターから、得意な業種や業界での経験などの条件を絞り込んで検索することができます。

また、ビズリーチスコアという複数の指標から数字で評価する仕組みがあり、ヘッドハンターをSからDまでランク付けしています。

どのヘッドハンターは自分に合っているか、どれぐらい信用できるかなどは一目瞭然とは言わないまでも、選ぶ際の目安となり得るでしょう。

自分にピッタリなヘッドハンターを味方につけると、転職成功の確率がぐんとあがるに違いありません。

マイナビ転職

マイナビ転職の画面

『マイナビ転職』は石原さとみをイメージキャラクターとして起用していることで知名度が急上昇している転職サイトです。新卒の就活でもお馴染みのマイナビ株式会社が運営しています。

マイナビ転職が取り扱っている営業職の求人は2017年8月時点で8700件以上あります。

その半分以上は東京にあり、地方もかなりの求人があります。営業職求人の平均年収はおおよそ600万円程度となっています。

マイナビ独自の求人が全体の82%を占めているので、他のサイトにすでに登録している場合でもマイナビ転職を使う価値が十分にあります。業界やトピックに特化した専門サイトもあるので、ぜひ活用してみてください。

マイナビ転職に掲載されている 営業職求人の特徴と傾向

まずはマイナビ転職に掲載されている営業職求人の全体的な特徴や傾向をご説明します。

マイナビ転職の営業職求人の平均年収は600万円

マイナビ転職に掲載されている営業職の年収に上下の幅が見られますが、平均して600万円程度です。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、法人向け営業や営業マネジャー、海外営業、メディカル営業の給与が平均を上回る傾向にあります。

それはなぜかというと、それらの職種は高額の取引が継続的に行われているのと、専門分野の知識が必要とされる仕事がメインとなっているからです。成果は数字ではっきり分かり、給与アップにも反映しやすいのが営業職の醍醐味です。

また、平均年収の数字は参考程度にしかなりませんので、給料面について気になることがあったら転職エージェントと相談して、どれぐらいの年収が自分に適しているかも含めて適切なアドバイスをもらってきましょう。

マイナビ転職で募集している営業職の勤務地は全国に対応

マイナビ転職で掲載されている営業職の求人は2700件(2017年8月現在)以上あり、地域別に見ていくと、やはり東京が一番多く8000件以上は東京に勤務地を置いている求人です。その他の地域にもたくさん求人があり、北海道だけ1000件を切った程度で求人全体の地域バランスが非常にいい。

「地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」と不安であればマイナビ転職を使えば安心です。また、3年連続売上アップ、育休産休制度や時短勤務制度完備、未経験者OKなど応募者それぞれの要望に柔軟に対応する求人が多いというのも魅力のポイントです。

『マイナビ転職』のサービス特徴

マイナビ転職は国内トップクラスの求人データベースを持っているため、ゆっくり探せばきっと理想の求人が見つかるはずです。

例えば「名古屋にある有給消化率が高い自動車メーカーの営業職」というような極めて細かく条件を絞り込んで検索でき、かつその条件に見合う求人がたくさんあるため、理想の求人に出会える確率が高いです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

マイナビ転職もエージェントサービスを提供しており、それに無料申込すれば転職全般について経験豊富なアドバイザーがフォローしてくれます。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、業界最大手の転職サイトであるリクナビNEXTにも登録しましょう。そうすると400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このように転職サイトのツートップであるマイナビ転職とリクナビNEXTを並行して利用すると情報戦とも言われている転職活動で優位に立てますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。改めて今回ご紹介した転職サービスをおさらいしましょう。

営業職の求人をカバーできる総合系大手転職サイト

  • リクナビNEXT

  • マイナビ転職

営業職に詳しい担当者がサポートする特化型転職エージェント

  • dodaエージェントサービス

  • リクルートエージェント

ハイキャリア営業職に強いヘッドハンティングサービス

  • ビズリーチ

あなたが 営業職への転職が成功できることを、心の底から願っております。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職エージェントに応募したが連絡がこない...【相手にされない原因分析】
どうして転職サイトは私に連絡してくれないのか。連絡がないと不安になりますよね。何か悪いことでもした…
キャリアカーバーに出ているアプリケーションエンジニア求人の特徴
キャリアカーバーに出ているアプリケーションエンジニア求人の特徴を実際の求人情報から紹介します。
アクセンチュアに転職すべき?口コミから見た実情
コンサル業界の中でも転職先としてとても人気のあるアクセンチュア。アクセンチュアの企業情報・採用につ…
電力会社に転職するためには?
電力の自由化から、電力会社の需要が増加傾向にあります。今回は電力会社の現状と、おすすめな転職先など…
pagetop