転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 転職エージェントの裏事情を元コンサルタントが暴露

転職エージェントの裏事情を元コンサルタントが暴露

🕒 2019/07/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェントの裏事情を元コンサルタントが暴露
転職者が知らないと損をする転職エージェントの裏事情を伝えます。転職エージェントは何を考えながら転職者に案件を紹介しているのか、目的は何なのか、について記していきます。

初めに

転職活動をしようと思って転職エージェントに登録しようとしているあなた。本当にこのサイトでいいのかな、と思い、口コミを見てみると「担当者のエージェントの対応がひどかった」、「サポートが雑だった」という書き込みが。

反対の場合もありますが、結局どの転職サイトにしようか決められない転職者にこの業界の裏事情を段階を追ってお教えいたします。

このサイトで知ったことを今後の転職活動に活かしてみてください。損する転職者にはなりませんよ。

面談について

転職エージェントに登録をするとエージェントから連絡が来ます。「転職についてあなたの希望の職種や条件をお聞きしたいので、お時間あるときに面談をしたいのですが。」のようなことを言われます。

普通、面談をする場合、3パターンに分かれます。

①自社での面談ブース

②電話での簡単な面談

③オフィス以外の特別な場所での面談

一般的には自社で面談を促すことがほとんどです。転職エージェントは1日に何人も面談や対応をしなければならないので、時間節約のために面談ブースで行うことが多いです。

また、あなた自身、外へ足を運ぶ時間が取れなくて電話で済ます場合を除いて、エージェントから電話面談を促される場合があります。その主な理由は担当者にとって優先度が高くない場合です。たとえばあなたに紹介できる求人が少なく、他の転職者の方が早く案件を紹介できる場合です。たまに担当者が怠惰である場合も電話面談になるときもありますが、全て電話で対応しているところもあるので、一概にすべてが当てはまるということではありません。

最後のオフィス以外の場所とは喫茶店などのことを言います。転職エージェントとして、どうしても会いたいと思われる人材に外で面談を促されることが多いそうです。

登録を断られる場合

転職エージェントに登録を断られるが、その理由が分からない!という人がいます。このページでは登録を断られる理由を乗せていきます。

1、登録の際に記載した年齢やキャリアを見る限り、紹介できる求人が少ない、また全くない

2、そのサイトが取り扱っている人材紹介のサービスの範囲外の職業、職種の場合

3、エージェントが紹介できる得意分野ではなく、案件が非常に少ない場合

などが挙げられます。

最初の例は、40代になりかかっているが、正社員の経験がなく、派遣社員かアルバイトの経験しかない場合などが含まれます。自分自身がエージェントになったと仮定して、キャリアが豊富な40代と真逆の人であれば、どちらを優先しますか。分かると思います。転職エージェントもノルマがあって案件を紹介しやすそうな人に優先的に連絡を取ります。

2つ目の例は、転職サイトが主に扱っている職業は事務系が多いが、職人系の仕事を求めている人が転職サイトの登録を断られる場合が多いです。

3つ目は、エージェントには特定のジャンルの仕事に対して得意不得意があるのですが、その担当になった転職者がエージェントの苦手な職業の求人を求めてきた場合です。こような状況になったら他の転職サイトに行きましょう。

転職エージェントの本音

案件を紹介をされてから連絡をしていないとエージェント側から、早めに行動をして転職活動を有利にしましょう、というようなことを言われることがあります。

これは転職エージェントは売上ノルマが課せられているので、それを達成するために言っていることがほとんどです。これが原因で口コミなどで案件が良くなかった、担当者が良くない、ということを言われるのです。

また上記に書いたように、案件が良くない、とよく言われる理由はもう一つあります。それは、エージェントが紹介する企業は、転職者の望み通りの企業ではなく、その転職者が受かりやすそうな案件を紹介しているというところにあります。

このような裏事情はなかなか知ることができないので必見です。

面談後について

面談後になにもサポートされない場合があります。いくつか理由があるので、順番にご紹介します。

まず、担当のキャリアコンサルタントが忙しくて時間が取れない場合です。コンサルタントの人は何人もの転職者をサポートをしているので仕方がないことです。しかし、裏を返せば他の転職者よりも優先度が下がったということになるかもしれません。

つぎに、経歴と希望している職種の共通点が少なく、企業にアピールできずに案件を紹介できないときがあります。せっかくの転職だからといって今までと異なるジャンルの職業を希望するとコンサルタントから連絡が来なくなるかもしれません。

内定後について

転職サイトを使って転職活動をするメリットは、企業と収入をを交渉することです。今後働く企業に自分でお金の話をするのはイヤらしいし気まずい、と気負いしてしまいます。しかし、エージェントを通せばそのようなことを気にせず交渉を行えます。

では、このときのエージェントの考えていることを紹介したいと思います。

一般的に、内定者のために高い年収を出してあげたいという気持ちを持っている良い人が多数います。でもその心理の裏には自分の売り上げのためという人もいる、とのことです。

また、内定を辞退しないか心配しているエージェントも多いです。これも売り上げのためでしょう。

最後に

いかがでしたか?

転職活動をしているだけでは得られない裏事情がたくさんありましたね。

今後転職サイトを利用する前に、ここで得た裏事情を思い出して転職活動をしてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

「金融業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『金融業界の転職事情』『金融業界に強い転職…
信用できない!?安心して使える転職サイトとは
数多くある転職サイトには求人の中に嘘が混じっていたり、本当のことが書いていない求人が多いのではない…
学歴がなくても転職しやすい職種・利用すべき転職エージェントまとめ

求人でよく見る「学歴不問」って本当なの?

学歴を気にしている転職者必見!

未経験可能…

審査が承認されない?『ビズリーチ』の最新の登録方法と使い方をわかりやすく解説!
ビズリーチはハイキャリア向けの転職サイトと有名で、登録しておいて損がないおすすめのサイトです。しか…
pagetop