転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 内定を辞退したい?転職エージェント経由で断る全方法

内定を辞退したい?転職エージェント経由で断る全方法

🕒 2019/07/12
このエントリーをはてなブックマークに追加
内定を辞退したい?転職エージェント経由で断る全方法

就職エージェントに登録して就職・転職活動をしていると、嫌な決断をしなくてはならないときがありますよね。

そう、内定辞退を伝えることです。

内定辞退までの道のりは人それぞれだと思います。

断る方法がわからず、転職エージェントに失礼なことをしてしまう場合もあります。

辞退するときの時期や言葉をどうすればいいかわからないときは誰にでもあると思います。

今回は、内定を断るときの適切な処置について述べていきたいと思います。

内定を辞退するときの注意事項

絶対に守ってほしいことが、選考を終えて入社承諾をした後に辞退をすることです。

これは就職・転職活動をする上での絶対ルールです。内定をいただいた企業だけでなく、就職エージェントにも失礼です。

ただし、そうでなければ転職エージェント側も承知してくれます。あくまで就職・転職活動で人生を決めるのはあなた自身ですので、あなたが納得できるものにしてください。

内定をいただいた企業が気に入らなければ自由に断っても良いのです。その際に断り方に気を付けましょう。

たとえば、「受かった会社では働きたくないので辞退したいです。」や「ほかにいいところが見つかったのでそっちに行きます。」といった失礼なことは言わないようにしましょう。

転職エージェントもあなたの就職・転職活動を支援してくれているので感謝の気持ちとともに辞退の意を伝えることが賢明です。

内定の辞退には電話、メール、実際に会って話す方法があるが、絶対に避けるべきなことは無視と放置です。

たとえば、友人と遊ぶ約束をしていたのに何も連絡がなくドタキャンされたらどうしますか。来るのか分からないため、何をすればいいかわからないですよね。それにやはり悲しいです。

転職エージェント側も連絡がないままだと今後どうすればいいのか分からないので困ります。連絡はするようにしましょう。

そして転職エージェントを今後も利用したいと思ったときに、過去にエージェントと気まずくなったら使いづらいですよね。

そうならないためにも転職エージェントとは信頼関係を築いておきましょう。

内定前の時点で断る

これはつまり、転職エージェント側から紹介してくれた求人を断るときに関してです。

なんとなくエージェント側から紹介してくれた案件って断りづらいですよね。

時間をかけてあなたに合わせて求人を探してくれたのに断るなんて気まずい!という方はぜひ読んでみてください。

転職エージェントは、人々の転職支援サービスをしてくれていので、求人紹介の案件に間違いはない、プロだから彼らの案件を受けても問題ないと思っている人も多数いると思われます。

そんなことはありません!

転職エージェントはたしかにプロですが、人によって向き不向きがあるため、その人に必ず合った案件を紹介してくれるわけではありません。

あなたが「この案件ちょっと微妙だな」と思ったときは素直にその旨を伝えるべきです。むしろ、そういう事は早めにエージェントに伝えたほうが良いでしょう。

転職エージェントを利用している人の中で多くの方が紹介してくれた案件を断っているので、エージェント側の人も理解してくれます。

逆に、断ることによって気まずくなるのが嫌だ、といって自分が行きたい会社に就職できないようであれば本末転倒です。

転職は、自分のキャリアを選択するうえで重要なことなので、自分の意志を持って行動しましょう。

最後に、断るときは明確に伝えましょう。案件が嫌な理由をエージェントに伝えることで、次回からあなたにとって優良な案件が見つかる第一歩となるのです。

内定後に辞退する

これは言葉通り、ある企業から内定をいただいた場合、それを受けずに断るときについての記述です。

他の企業に行きたいけど、今内定をいただいている企業の内定はどうすればいいの?と悩む人は多いです。

企業から内定が出た場合、エージェントの担当者からその企業へ入社するのかを確認されます。

就職・転職活動において、企業を複数受けて、第一志望に近い企業から内定をいただいたら志望優先順位が低い企業の内定を断ることは当たり前です。

断るのは申し訳ないといって妥協したら転職エージェント側は喜んでくれません。

内定を辞退するときは、申し訳なさと一緒に断る理由を明確に伝えましょう。

内定辞退を伝える手段は電話、メール、直接アポイントメントを取って会いに行くことです。最も良いと思われる内定辞退方法は、直接会うことですが、電話でも良いです。メールだと相手側が気づかない恐れがあるので気を付けてください。

大事なことは、手段よりも、内定辞退の意思が固まったら出来るだけ早くその旨を伝えることが重要です。

最後に

転職サイトを利用して実際に就職・転職活動をするのはあなたです。

転職する際には自分の気持ちに正直になって行動しましょう。

ただし、正直になりすぎて無礼だと思われたら元も子もないので、誠意をもって転職エージェントや企業側の人間と接しましょう。エージェントも企業もあなたの活動を積極的に応援してくれます。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職に活かそう!円満退職のマナーとテクニック
「会社を辞めたいけど退職願を出す場面ってドラマでしか見たことがないのでどうすればいいの?」初めて転…
転職経験者が教える転職エージェントを使わずに直接応募するメリットとデメリット
転職活動をする人のほとんどは転職サイトや転職エージェント経由で企業に応募しますが、中には敢えて企業…
転職したい50代もコレを知っておけば安心
転職が当たり前になってきている現代において50代も転職しなくては生きていけません。いつリストラかわか…
JACリクルートメントを利用すべき?中で働く社員の口コミから見える実態
ハイクラス転職支援を売りとしているJACリクルートメントについての紹介やどんな仕事を行っているかとい…
pagetop