転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > みずほ情報総研に転職を考えているなら知っておくべき情報

みずほ情報総研に転職を考えているなら知っておくべき情報

🕒 2019/04/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
みずほ情報総研に転職を考えているなら知っておくべき情報

「みずほ」と聞いて皆さんは何を始めに思い浮かべますか?

ほとんどの人が銀行、安田財閥などを思い浮かべるでしょう。

金融関係の職種に置いて日本で圧倒的な優位性を持つみずほグループ。

みずほ情報総研はそんなみずほグループのシンクタンクを担っている会社です。

世界中との取引もある「みずほ情報総研」。

そんな、グローバルな企業の転職情報を今回は掲載していたいと思いまさす。

みずほ情報総研の年収

転職を考えていく上でまず、1番に条件として考えていくのが年収では無いでしょうか。

年収は自分の生活に直結してくる大切な条件の一つです。

今の職場よりより年収が高いほうが当然良いですよね。

みずほ情報総研の平均年収は670万円となっています。

企画・事務・管理系の職種になってくると平均年収は783万円となっています。

エンジニア系では660万円です。

どの職種でも同じ業種の他の企業よりは年収は高いと思います。

大学院を卒業している場合、2年目で給与はアップするそうです、大学で卒業した場合は5年目に給与が上がります。

ただし、生涯年収で考えた場合、大学卒でも大学院卒でも同じくらいの年収になるようです。

また、雇用形態が正社員の場合目標設定を課されるようです。

しかし、それに給与やボーナスがリンクしているわけでは無いようです。

実力があれば経営管理職にも抜擢される場合があるようで、1000万円台の年収を得ることも可能なようです。

基本的に減点法かつ年功序列で支払われているそうです。

正社員でない限り少額で定額であることを知っておいたほうがよいといいった意見もありました。

みずほ情報総研の勤務時間など

いくら転職先の年収がよくても勤務時間が長い会社や、残業が当たり前などといった悪条件の会社で働きたくは無いですよね。

つぎにみずほ情報総研の勤務時間や休日休暇などについてまとめていきたいと思います。

勤務時間については9-10時間と特に問題はなさそうです。

会社的には残業のしすぎ等の禁止をうたっているが、実際の業務形態的にそれは厳しいようです。

休業時間のログ操作なども上が暗黙の了解としているようです。

平均残業時間は2時間ほどだそうで、頑張る人が評価される風潮が未だに残っているそうです。

休日等に関してはさほど不満のような意見はありませんでした。

有給も消化をしている人が多いようです。

ただし、忙しい人や重要な役割の人が休んでしまったときの対応はあまりよくなさそうです。

みずほ情報総研の福利厚生

福利厚生はその会社を転職先として選ぶにあたってかなり大切な条件ですよね。

福利厚生についてはかなり充実しているようです。

特に充実している福利厚生は住宅補助制度や住宅ローン支援で、この点のサービスが有ることはかなりの人が良い点として挙げていました。

また、みずほは関連グループ会社がかなりあります。

そうした、グループ会社のサービスを格安で受けることができるのも魅力的かもしれません。

かなりマイナーで細かい福利厚生もあるようなので、しっかりと使いこなすためには転職を考えている段階から予め会社の福利厚生について調べておく必要があるかもしれません。

みずほ情報総研の教育・研修制度などについて

みずほ情報総研の教育・研修などは他の同業社とみてもかなり、優れていると思います。

入社前には情報処理検定試験の通信教育を受けることができます。

また、入社後は3ヶ月間のプログラミング研修があるようです。

30人ずつのクラスでいくつかのクラスに分かられて実施されているようです。

研修では仕事に関わるスキルや知識などを詳しく教えてくれるようで、かなり満足している人が多かったです。

また、そのような、研修もかなりの回数でじっしされているようです。

これは教育と関係があるか分かりませんが、多くの現社員さんが、他の上司や同僚、後輩に相談をしやすい環境にあるとの意見が多くありました。

自分が感じた悩みや意見などをすぐにアウトプットできる環境があることはとてもいいことだと思います。

仕事のやりがい・キャリアについて

転職するなら自分キャリアを活用したいですよね。また、やりがいがある転職先を選びたいものです。

何人かのコメントをまとめてみました。

40代 男性 Aさん

シンクタンク業務ですので様々な業務があります。

そのため、温度差は部署によってかなりあります。

大きな企業ですので、安定はしていると思います。

チャレンジ精神次第で評価がついていくと思います。

20代 女性 (派遣) Bさん


小さな作業などの細かい業務を正社員から押し付けられがちである。

正社員と正規雇用社員との差が未だに大きい企業であると思う。

40代 女性 Cさん


やれる業務が多いので自分にあった業務、部署を見つけることができればかなりやりがいを感じる仕事のだと思う。

まとめ

ここまで様々な面から転職情報を載せてきました。

一つの企業の転職先が決まっていても同業種の会社を何社か見ることも比較する上で大切です。

是非、他の会社についても調べてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

SEに転職する際の残業が少ない企業の選び方
IT業界が伸びている昨今、SE(システムエンジニア)に転職する人が増えてきている。SEが活躍する残業が少…
ファナックの特徴と転職の役立つポイント

ファナックへの転職を考えている方に向けて、給与面や社風から見た同社の特徴や転職する際のポイント…

転職経験者が教える転職エージェントを使わずに直接応募するメリットとデメリット
転職活動をする人のほとんどは転職サイトや転職エージェント経由で企業に応募しますが、中には敢えて企業…
口コミから見る日本総合研究所の転職情報!
日本総合研究所への転職を考えている方、必見です!基本的な情報から年収、やりがい、社風といった転職す…
pagetop