転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 第二新卒で転職する人のベンチャー企業選びの秘訣とは

第二新卒で転職する人のベンチャー企業選びの秘訣とは

🕒 2019/05/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
第二新卒で転職する人のベンチャー企業選びの秘訣とは
大手企業から第二新卒でベンチャー企業に転職する人は少なくありません。

誰もが知るとおり大手企業とベンチャー企業では会社の雰囲気や文化は全くと言えるほど違います。

安定的な業務を行う大手企業とは打って変わり、ベンチャー企業では常に挑戦的な戦略を立てて経営しているところが多く、様々な新しいことにチャレンジできるのが特徴的で、仕事へのやりがいはとても大きなものです。

ここでは第二新卒で転職する上でベンチャー企業を選ぶ上で必要になる注意や、ベンチャー企業に向いている人、または向いていない人を詳しく紹介していきます。

第二新卒でベンチャー企業を選ぶ上で注意が必要

ベンチャー企業で働くリスク

ベンチャー企業で働く上でなにより一番リスクとなるのは、新しいことにチャレンジする体制による不安定さです。

必ずしも成功する確証は無い事業へのチャレンジをするベンチャー企業ではそれなりのリスクが伴いますが、もちろん成功したときのリターンも大きくなります。

大手企業からの第二新卒でベンチャー企業へ転職する人の多くが、その業務内容の違いに大きなギャップを抱くように思います。

ベンチャー企業では毎日が手探りであり、日々成長していくため、毎日の業務への重圧が大きいものです。

大手企業にあるマニュアルなどが存在しないベンチャー企業も存在するので、常に自分がしなければならないことを探さなければならないので、常に頭を使う状況となります。

具体的に説明すると、会計の業務を行うこととなっても、帳簿や書類のテンプレートなどが決まっておらず、自分で作っていく必要になることがあります。

また、変化の激しいベンチャー企業ではもちろん会計業務にも変化がありますので、今まで使用していたテンプレートを変更していく必要があり、打ち込み業務だけでは業務が成り立たないことがわかります。

何を優先的に考えて働きたいか

第二新卒でベンチャー企業を選ぶ上で注意が必要となるのは、「自身が何を優先的に考えて働きたいか」を決めることです。年収が高いところで働きたいのか、休みがきちんと確保できるところで働きたいのか、それぞれみなさんの中に働く上で「これだけは譲れない」というものがあると思います。

第二新卒での転職をする人はあまり労働者としての立場は高く見られないことが多いです。

そのため、転職の際に自身の優先度をしっかりと決めておくことが重要です。

なんでも全てを優先して転職活動をしてしまうと、表向きに承諾し、実際には全く優遇のないブラック企業などに転職してしまうこともあります。

ベンチャー企業に向いている人

では、第二新卒で転職する場合ベンチャー企業に向いているのは、実行力がある人です。

まず、大手企業を辞める実行力が求められます。

大勢の人が辞めない中、一人だけ辞める決意をし、実行するにはかなりの勇気が必要と言えるでしょう。

また、ベンチャー企業へ転職できたあとにも、自身の行動力が求められます。

常に変化し成長していくベンチャー企業では、新しい発想や行動が重要になります。

その発想や行動がやりがいに直結していくので、常に何かを求めて行動していく行動力が重要になるのです。

ベンチャー企業に向かない人

逆に、第二新卒で転職する場合にベンチャー企業に向いていない人は、リスクを背負いたくない人です。

大手企業での安定性を好み、高いリスクを背負いたくない人はベンチャー企業の業務方法には向いていません。

また、転職先の企業に高望みする人も向いていません。

転職自体にも多くのリスクが伴います。

つまり、大手企業の安定性を好み、転職にかかるリスクを伴いたくない人にはベンチャー企業に不向きです。

ベンチャー企業では常に行動力が求められるので、ベンチャー企業に転職した後でもリスクはついてまわります

転職サイトをフル活用

第二新卒で転職する方におすすめする転職サイトは「ビズリーチ」です。

「ビズリーチ」では優良企業の求人を確認することが出来たり、情報を登録することによって企業側からスカウトが来たりします。

自身がどのような企業に向いているのか、またそのような企業が必要とするかが分かるので非常におすすめです。

また、ベンチャー企業に興味がある方にはITやWeb、ゲーム業界を専門的に人材紹介を行なっている会社「GEEKLY」がおすすめです。

「GEEKLY」では人材の品質に重点を置いて人材紹介を行なっています。

また、「GEEKLY」では一般には公開されていない非公開求人が9,100件以上寄せられており、レアな案件も確認することができます。

まとめ

第二新卒での転職では、あなたの行動力が結果に結びつきます。

第二新卒はあまり良いイメージを持たれないことが多いですが、どうしても転職したいと考えている方はいるでしょう。

大手企業とベンチャー企業では会社の雰囲気や業務内容が大きく異なるのでそれらの違いを知った上で、自身の「ここだけは譲れない」部分を見つけ、転職にチャレンジしてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

既卒で就職できないは嘘!既卒就職成功のポイント
よく「既卒になったらおわり」とか「既卒は就職できない」という噂を聞くことがあると思います。しかしそ…
千載一遇のチャンス?第二新卒として大手企業への内定を目指そう
転職などでなにかつ有利だといわれる第二新卒。そんなチャンスを利用して大手企業への転職を考える人のた…
新卒歓迎・第二新卒歓迎のおすすめ転職サイト
転職サイトで一度は目にしたことがある「新卒・第二新卒歓迎」の文字ですが、一体どういう意味なのでしょ…
第二新卒として転職できるのはいつまで?
この記事では第二新卒として転職を考えている方に「第二新卒」とはいったいいつまでの年齢を指すのか、そ…
pagetop