転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 外資系・海外転職 > 外資系に転職する際に気になる年齢について説明します

外資系に転職する際に気になる年齢について説明します

🕒 2019/05/29
このエントリーをはてなブックマークに追加
外資系に転職する際に気になる年齢について説明します

外資系企業、それは花形的な存在の業種だといえます。

キャリアを積んだ優秀な人材が多く存在している外資系企業ですが、そこに転職する際に皆さんが気になる点はどういったことになるでしょうか。

やはり年齢的な部分は誰しもが気になっている点であると思います。

一般的な職業では年齢によっては転職できない企業もありますが、外資系企業ではそれがどう関係してくるのでしょうか。

本記事では外資系転職には年齢制限はあるのか、デメリットはあるのか、転職を成功させるためにはどうしたら良いのかなどについて詳しく説明していきます。

そういった悩みを抱えている方は必読してください。

外資系転職に年齢制限はあるのか

一般的な業種に対しての年齢制限は多いため、外資系転職の際に自身の年齢を気にする方は多いです。

しかし結論から申し上げますと、外資系転職には年齢は関係ありません。

これは外資系企業に勤めている人事部の方が解答しているので、信憑性はかなり高いです。

これは外資系企業には人事制度上では年齢が一切関係ないという部分が関係しています。

また、外資系企業は人材の流動性が他の企業に比べて高い、ということも関係します。

これによって外資系転職の求人を1年通して行っているため、多くの方が転職してきます。

20~50代と幅広く、ポジションも多くあるため適材適所の考えでその人のスキルなどを加味して人材を補充していきます。

これによって年齢を気にしている方にとっても転職には関係ないので一安心かといえばそうでもありません。

ではなぜ安心できないのかについて詳しく説明していきます。

外資系転職の年齢によるデメリット

先ほど、外資系企業には転職において制限はないと説明しましたが、年齢が高いことによるデメリットは存在します。

これには外資系企業の特徴が関係してくるのですが、具体的にはどういったことがデメリットに繋がってくるのでしょうか。

外資系企業の業務は大変である

外資系企業は他の企業に比べてハードなため、体力が要求されるほか、実力や成長性が関係してきます。

つまりこういう観点からは30代後半以降になると外資系転職はやや不利となります。

また外資系企業の中には日本に強く根付いている企業もあり、そういった企業は人事制度が日本的になります。

こういった理由から外資系転職には20代後半~30代前半が有利に働くことがあります。

上司との年齢差が大きい

年功序列制が主流の日本では、年齢的な部分で上下関係が成り立つことが多いです。

このため外資系企業でも年齢が大きく離れている人材を雇用しにくいと考えている上司は多いです。

特に若手で上司になった方などは指示が出しにくいと感じて応募者の採用を見送ることなどもあります。

自分のスキルが高すぎる

これは年齢とは直接的には関係ないのですが、自分のスキルが高すぎると年齢などと加味されて採用を見送られることがあります。

募集先のポジションの給与などが本人と見合わないためです。

そのため自分の状況と募集先のポジションを照らし合わせて、本当にそのポジションが自分に適切なのか判断しましょう。

転職経験がない

これは年齢が高くなればなるほど、転職したことがない方は要注意です。

というのも転職をしたことがない=新しい環境に適応できるのか分からない、と企業は判断するからです。

特に前職が年功序列制だった方は、今までの職場と大きく環境が変わるため注意してください。

外資系企業側が組織の若返りを図っている

外資系企業の中には会社の成長を図るためにフィルターを設けていることがあります。

特に中途採用を行っている企業は平均年齢が高くなりがちなので、採用する人材の年齢を見て採用かどうかを決定することがあります。

年齢別の求人

基本的には年齢を気にせず採用する外資系企業が多いですが、年代別の求人に特徴はあるのでしょうか。

20代の求人

20代で外資系転職を考えた場合、3年以上他の企業で勤めてから転職したほうが良いです。

これは3年以上の業務経験をした人材を募集している企業が多いからです。

逆に3年以上勤務してから転職をすると選べるポジションの幅も増えます。

30代の求人

30代からは重要なポストを任せられることもあるため、前職で成果を出していたほうが良いでしょう。

特に人気な外資系企業ほど競争が激しくなるので、自分の武器としての成果を多く身に付けておくようにしましょう。

40代の求人

40代は重要ポストに就く方がほとんどなので、引き抜きやヘッドハンティングで転職する方がほとんどです。

マネジメント経験や人脈の多さなども関わってくるため、自分の武器を増やしておきましょう。

30代以上でも外資系転職を成功させるために

30代以上で外資系転職を成功させるためには、先ほど説明してきたことを踏まえているかが重要となってきます。

具体的な自分の実績を数値化していくことが重要です。

特に30代以上となるとスキルが求められるので、マネジメント職に就いていることや英語が話せると優位となります。

しかし、スキルの中でも戦力として使えないものは外資系転職では評価されないので注意しましょう。

外資系転職の注意点

外資系転職における注意点は、自分の持っているスキルがその外資系企業で発揮できるのかどうか見直しておきましょう。

仕事に対するポテンシャルの高さも重要となってきます。

成長性がなければ企業側も採用しようとは思わないからです。

また自分の年齢がどれくらいなのか、それに照らし合わせて自分はどんなことを求められているかを募集要項などで確認しておきましょう。

最後に

外資系企業には年齢制限はないと分かりましたが、年齢によるデメリット、求められる能力が変化していくことがあると分かりました。

つまり外資系転職を考える場合、自身の状況がどんなものかを主観的にも客観的にも見ていくことで転職成功になると思います。

本記事で説明したことを参考にしていってください、ありがとうございました。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

金融専門職に転職すべき?詳しく調べてみた
金融業界と聞くと、銀行員や証券マンなどのイメージを持つ方が多いと思いますが、金融専門職とは、ディー…
大手に転職したい!ハイキャリアに強いビズリーチの会員になろう
今の会社で働いても将来性がないと感じた方の中で、福利厚生など各種制度が整っている大手企業に転職した…
英語が出来れば転職しやすい?グローバル企業が求める人材とは
日本企業の世界進出が急増する中で、英語力は転職において大きな武器になるのでしょうか。グローバル人材…
第二新卒の転職成功率って実際どうなの?
第二新卒は近年需要が伸びてきています。しかし、需要が伸びているからと安心していると転職に失敗してし…
pagetop