転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 転職先に日本オラクルはいかがですか?

転職先に日本オラクルはいかがですか?

🕒 2018/04/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職先に日本オラクルはいかがですか?

転職を考えている皆さん、転職先の候補はお決まりでしょうか。

日本オラクルという会社を候補に入れてみませんか。

日本オラクルという名前を聞いてどんな会社であるのかピンとくる人はあまりいないかも知れません。

ただ、なんとなく聞いたことはあるという人が多いのではないでしょうか。

では、転職先の決め手である待遇面や仕事内容などはどの様な感じなのでしょうか。

一つ一つしっかり見ていきたいと思います。

どんな会社?

日本オラクル株式会社は、アメリカのカリフォルニア州に本社を置くオラクル・コーポレーションのグループ企業であり、いわゆる外資系企業です。

オラクル・コーポレーションは従業員役11万人の巨大な世界的企業です。

1985年に設立され、日本国内向けのものやサービスを提供しています。

親会社であるオラクル・コーポレーションが培ってきたものを参考に、様々なものを提供しています。

具体的にはソフトウェア・ハードウェア製品などのITシステムに使用するものやコンサルティング、サポートサービス、教育などのサービスなど、数多くの事業を展開しています。

従業員数は2,500で、年間1,500億円以上の売上を出すかなりの大企業です。

ITが進化し続けている中で、クラウドソリューションなどの最先端デジタル技術を提供しクライアントの業績向上や社会の利便性など、社会の発展に貢献することを基本方針として掲げています。

オラクルは社員一人ひとりを尊重し価値を創造し、ものづくりをしていくという方針で、働く上でより快適で働きやすい環境を作っています。

気になる年収

日本オラクルは外資系企業のため、給与が良いことは皆さんも予想できると思います。

では一体どのくらいなのでしょうか。

平均年収は役1,000万円です。

平均がこれだけ高いと、これ以上貰っている社員もおおくいるということになりますから、年収は非常に良いと言えます。

ほとんどの社員が20代のうちに700万円を超え、40代でほとんどの社員が1,000万円を超えます。

また、特徴的なのは、普通の企業では55歳を超えたぐらいから給料が下がってきます。

しかしこの会社の場合60歳まではほとんどの社員が安定して年収が上がり続けます。

また、総合職では年収が1,500万円にまで増える場合もあるようです。

日本企業に比べるととても高い平均年収であると言えます。

しかし、外資系企業にしてはそこまで高くないと言えるかも知れません。

外資系企業の中には年収が2,000万円を超える企業をあります。

オラクルのアメリカ本社では年収が2,000万円近くまで行く社員もいるようですが、日本オラクルはあくまで子会社という位置づけであるため、そこまで高くはならないのかも知れません。

ただ、一般的な企業と比べれば、かなり良い給料であると言えます。

そこまで高い給料を求めていない限り、十分な額であると言えるでしょう。

仕事内容

では、皆さんが日本オラクルに入社するとどの様な仕事をするのでしょうか。

大きな企業であるだけあり、職種もいくつかあります。

まずはマーケティング部門です。

マーケティングはメーカーにとって非常に重要な業務の一つです。

世の中で何が求められているのかをマーケティングによって見極めることは業績に直結します。

また、どれだけ良いものやサービスがあっても、良いマーケティングがなければ多くを提供することは出来ないでしょう。

マーケティングはメーカーの心臓のようなものです。

次に営業です。

どんな業種でも自社を売り込むことは大切です。

営業をすることで顧客を獲得できれば、業績にも良い影響を与えることが出来るでしょう。

次にカスタマーサポートです。

日本オラクルにとってカスタマーサポートは大切な仕事であると言えます。

ITに関係する製品は機械製品がほとんどであるため、不具合が発生することも予想できます。

そういった時に柔軟に対応するカスタマーサポートがあることで、顧客の喪失を抑えることが出来る可能性があります。

そして人事です。

人事は営業同様、どんな会社にとっても大切な仕事であると言えます。

社員一人ひとりを良く理解し、それぞれの力を最大限発揮できる仕事を割り当てることで、仕事の効率があがったり、より良い成果を上げることが出来るでしょう。

皆さんにも適している仕事とそうでない仕事があると思います。

全員が希望した職種に就くことは不可能かもしれませんが、できるだけ多くの仕事を理解しておくことが大切なのではないでしょうか。

最後に

皆さんはどのようにして転職先を決めていますか。

おそらく多くの人がよく知っている企業の中から一番条件の良い企業を選んでいると思います。

しかし、皆さんもあまり良く知らないけれど、実はかなり良い企業が多く存在していると思います。

皆さんの転職がうまくいくためにも企業選びの際には、視野を広げより多くの企業の中から自分に最も適した企業を選ぶのが良いのではないでしょうか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

芸能プロダクションに転職すべきか詳しくまとめてみた
芸能プロダクションへの転職をお考えの方必見。芸能人のマネージャー・売り込みは楽じゃない?休みがあま…
第二新卒の転職成功率って実際どうなの?
第二新卒は近年需要が伸びてきています。しかし、需要が伸びているからと安心していると転職に失敗してし…
ANAに転職すべき?口コミからまとめてみた
ANAへの転職はとても人気となっています。しかし転職者からの人気は新卒からの人気に比べるとあまり高く…
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社への転勤を考えてみましょう
皆さん、マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社をご存知でしょうか。また、この会社についてどのく…
pagetop