転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > ヘッドハンティングの仕組みと転職成功のコツ

ヘッドハンティングの仕組みと転職成功のコツ

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘッドハンティングの仕組みと転職成功のコツ

こんにちは。最近日本でもよく聞くようになったヘッドハンティング。他社の優秀な人が、企業の偉い人に多額の報酬・労働環境の良さを餌に引き抜かれる...みたいなイメージしか湧いていない人がほとんどではないでしょうか。さらにヘッドハンティングは、転職支援サービスと何も違いはないんじゃないとお思いの方もかなりいるとのことでした。

そこで今回は、ヘッドハンティングと転職支援サービスとの違い、ヘッドハンティング失敗例から見る失敗しないためのコツ、オススメの転職支援サービスについてまとめていきます。

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは、経営者、経営幹部、それに準ずるミドル層などの優秀な人材を外部からスカウトし、自社に引き入れることをいう。 ヘッドハンターによって行われる事が多い。 ヘッドハンティングは、事前に企業から一定の金額を受け取って動くケースと、成果に応じて成果報酬を受け取るケースがある。

ヘッドハンティングと転職支援サービスの違い

そして皆さんが知識として混同していると思われる転職支援サービスとヘッドハンティングの違いですが、通常の転職支援サービスや転職エージェントは自分から転職支援サービスに登録して企業を見つけていくのに対し、ヘッドハンティングでの転職はサービスに登録をしていないような転職を希望していない方に企業を紹介するものとなっています。

つまり、転職支援サービスが能動的な転職活動に対し、ヘッドハンティングは受動的にオファーを待っているということです。

ヘッドハンティングでは、企業側が本当に人材の足りないところに人物を補っているため、かなりの有能者でなければヘッドハンティングとは縁がないかと思われます。転職支援サービスでは引っかからないような経営層の人材、かなり専門的な分野での人材などが主に対象となっているようです。そして日本では主に外資系企業が行ってきたのですが、最近では世界標準に合わせ日本企業も活用するようになってきました。

ヘッドハンティングの仕組み

ヘッドハンティングは、他の転職エージェントとのやり取りとほとんど変わりません。その違いは、転職者がもともと転職の意思があるかどうかによります。

実際に転職サービスに登録している人は、転職先の企業をネットなどを使って探していきますが、ヘッドハンティングはヘッドハンターがあらゆるツテやリサーチを重ねて、受注先の企業にマッチした人材を探していくという、皆さんがヘッドハンティングという響きの良い言葉からは程遠い地道な作業を行うようになっています。

転職といえども様々なやり方があるようです。

ヘッドハンターはどのような人材を求めているのか?

次に、ヘッドハンターはどのような人材を求めているのでしょうか?

ヘッドハンターが求める人材

ヘッドハンターが求める人材は、大まかに言えば転職エージェントとあまり変わらない様に思われますが、ヘッドハンティング自体が経営層、管理職層での募集になるので、より高い水準を求められていると言えます。

  • 会社での実績・高いスキル
  • やはり通常の転職同様、前の会社で行ってきた実績・仕事で即戦力となれる高いスキルが求められています。例えば、サントリーにローソンから新浪剛史氏が、 ベネッセに日本マクドナルドから原田泳幸氏が、 資生堂に日本コカ・コーラから魚谷雅彦氏が、LIXILにゼネラル・エレクトリックから藤森義明氏が、社長としてヘッドハンティングされている過去があります。このように、経営層やさらには社長ポストでの転職も見受けられます。

    人間関係を築くことがうまい

    2個目に人間関係を築くことがうまい人材がヘッドハンタ-を惹きます。やはりヘッドハンティングではエグゼクティブ層の転職が数多く見受けられます。エグゼクティブ層はサイトなどですぐに名前が出てくるなど簡単に調べることができますが、実務層である若手から経営者として引き抜くことはそうたやすいことではありません。そしてそんなエグゼクティブ層には、多くの人と良好な人間関係を築き、信頼されている人材が求められています。

    どんなに高いスキル・経験豊富な実績があったとしても、人間関係に難があるようでは転職したとしてもそのスキルを活かすことはできないかもしれません。

    組織の輪を重視し、良好な人間関係を築くことができる人材がやはり求められている傾向にあります。

    ヘッドハンティング失敗例

    ここでヘッドハンティングによる失敗例について見ていきたいと思います。

    ヘッドハンティングされたことによって浮かれない

    ヘッドハンティングされたことに浮かれて冷静な判断を怠ることは、転職先の会社を間違えることに繋がりかねません。注意しましょう。

    様々な企業を冷静に分析する

    やはり一番はこの問題に尽きるかなと思います。ヘッドハッティングされたといえど、その会社を冷静に見つめ直すことは、とても大事であると思います。

    ビズリーチ|国内初のヘッドハンティング型プラットフォーム

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数68000対応地域全国
    非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
    強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

    ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けることができることが最大の特徴です。

    ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

    最後に

    いかがだったでしょうか。ヘッドハンティングは華やかな印象がある反面、企業側も多くのことを転職者に求めています。しっかりと企業を見定め、自分に合ったものを選びましょう。

    皆様の転職活動が成功することを心からお祈りしております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    転職するならリクルートホールディングス!
    転職先をどこにしようかと、迷っている人のために今回は『リクルートホールディングス』を紹介したいと思…
    「IT・WEB業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
    大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『IT・WEB業界の転職事情』『IT・WEB業界に強…
    東日本旅客鉄道へ転職すべき?向いている人の特徴・資質
    鉄道業界への転職をお考えの皆さん必見!気になる情報が満載!!基本情報から働く人の声まで集めました。…
    未経験からアプリケーションエンジニアに転職する方法まとめ
    アプリケーションエンジニアに転職を考えている人必見です。転職の際のメリットやデメリットも紹介します。
    pagetop