転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 金融・保険・証券 > 金融専門職に転職すべき?詳しく調べてみた

金融専門職に転職すべき?詳しく調べてみた

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
金融専門職に転職すべき?詳しく調べてみた

こんにちは。皆さんは金融専門職という職業をご存知ですか?

金融業界と聞くと、銀行員などの職業を想像される方がほとんどだと思いますが、証券会社のアナリストやディーラーと言われる職業もとても需要のあるものとなっています。

金融専門職と呼ばれる職業が一体どのような仕事を行っているのか、給与などの待遇面はどうなのか、転職を考えている方にオススメの転職サイトをまとめました。

金融専門職とは

まず初めに、金融専門職についての説明です。金融専門職とは、銀行や証券会社に勤めて、様々な分野を専門的に取り扱っています。専門的な分野として、アナリスト、ディーラー、トレーダーなどがあり、それぞれ仕事内容が大きく異なっていきます。

アナリスト

アナリストとは、特定の分野において、高度な専門知識と技術を活用し、企業などに対し助言を行なうコンサルティング業務を主とした職業です。近年アナリストの仕事範囲の拡大、コンサルティング職の人気に伴い、様々な企業でアナリストを採用しています。

ディーラーとは、自分の会社の株や債権を実際に使い、売買することで利益を出す職業です。この職業は、実力主義であり、実力のない者は職を失うようなかなり残酷な世界となっています。

トレーダーは、ディーラーと内容は似ているのですが、利益の稼ぎ方で違いがあります。法人顧客を主としており、売買によって利益を生み出しています。しかし、こちらも実力主義の社会であり、実力のない者はすぐにクビになってしまいます。

金融専門職は、高学歴の人間が就く職業とされており、人気の職業とされています。

アナリストのメリット・デメリット

アナリストに転職を考える上でメリットとデメリットを押さえておきましょう。

メリット

  • 大金持ちになれるチャンスがある
  • アナリストは高い給与を貰えると言われている職業です。1つの企業につき、1~2人のアナリストを抱えており、人数が少ない分、様々な仕事が設けられています。その分給与も弾むというわけです。外資系かそれ以外かでかなり給料に差が出てくるのですが、外資系証券アナリストの平均年収は約1150万、それ以外の証券アナリストは600万と言われています。

  • やりがいがある
  • 企業毎にアナリストが対応しており、その企業へのコンサルティングを行うことは、他の職業では体験できないようなことであると思います。ですので、近年のコンサル業の人気が出ているのでしょう。

  • 社会的地位を得られる
  • 上の答えと付随してくるのですが、人気の職業であるが故、社会的な地位を獲得することができます。

    デメリット

  • 激務を強いられる可能性がある
  • 証券アナリストは、企業の持つ株の売買を行なっているので、かなりの努力が求められます。それに伴って、長時間労働を行なっている方も少なくありません。さらに、プレッシャーもかなりのものがあると思います。

  • 外出・出張が多くなる
  • 職業柄、社会情勢などの情報を数多く揃えなければいけません。それに外出・出張が多くなっていきます。

    ディーラー、トレーダーのメリット・デメリット

    続いて、ディーラー・トレーダーに転職を考える上でメリットとデメリットを押さえておきましょう。

    メリット

  • 実力主義である。
  • 実力主義であり、更には株を取り扱うということもあり、大当たりすればかなりの額を稼ぐ事ができます。

  • 市場の開いている時間のみに活動すればOK
  • 市場が朝の9時から開かれるので朝は少し早いですが、市場が閉まる夕方には仕事を終えることができるので、早めに帰宅することができます。

    続いて、デメリットです。

  • 実力が無ければ、職を失う。
  • メリットでの「実力主義」という風に、実力が無ければ職を失ってしまいます。1年間運用利益が出ず、結果が出なかったりしたらおそらく解雇されるでしょう。

  • かなりの努力を要する。
  • アナリスト同様、専門的な知識を求められるので、努力を怠っては行けません。さらに、トレーダーは外国での主流のため、外国人のである場合が非常に高いです。

  • 収入が安定しない。
  • 実力が大きく左右しますが、社会情勢によって好不況があります。その中で、銀行員のように安定した収入を得ようとすることは難しいでしょう。

    転職を考えている方にオススメの転職エージェント

    それでは、オススメの転職エージェントをご紹介します。

    【業界最大手】dodaエージェント

    【コンサル求人多数!】リクルートエージェント

    金融専門職は実力主義で大金を稼ぐチャンスがある!

    いかがでしたでしょうか。アナリストやディーラーは、大金を稼ぐチャンスのある職業であることがわかりました。しかし、実力主義の業界であるが故、かなりの努力と実力を備えていなければなりません。企業の利益を握っている分、プレッシャーもあり、責任感を感じながら仕事に取り組むことはなかなかできることではありません。しかし、この職業ほど夢のあるものはなかなかありませんね。

    それでは、皆さんの転職活動が成功することを心からお祈りしております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    マスコミへの転職に必要な全知識とおすすめ転職エージェント厳選
    みんな憧れのマスコミ業界。有名テレビ局やラジオ、出版社など誰もが聞いたことがある企業に、転職したい…
    未経験でも経理に転職できる!転職を成功させるためのコツを徹底解説
    経理職未経験の方にむけて、経理という仕事の内容とやりがいを紹介します。さらに未経験で経理への転職を…
    保育士は転職の際に保育園園見学に絶対に行くべき!

    可愛い子どもたちと間近でふれあい、成長を見守る保育士!女性を始め、最近は男性にも人気が出てきて…

    春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

    春といえば卒業、進学、引っ越しというような時期です。新卒した学生が新社会人として社会に飛び込む…

    pagetop