転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 人事・総務・経理 > 「人事」に転職したい方が知るべき全知識とおすすめ転職エージェント

「人事」に転職したい方が知るべき全知識とおすすめ転職エージェント

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
「人事」に転職したい方が知るべき全知識とおすすめ転職エージェント

今の仕事に不満を抱え、自分のやりたかったことが人事部であると思っている方や、人事部に転職を余儀なくされてしまったかたなど、人事の仕事に携わるようになった方はいらっしゃると思います。

人事とはどういうお仕事なのか、今まで行ってきた職業を活かすことはできるかなど期待や不満を持つことは不思議ではありません。

ここでは前職を活かすことができるのか、人事とそれ以外の部署との違い、人事の転職において重要なこと、人事職は年令に関係なく転職できるなどについて説明していきたいと思います。

前職を活かすことはできるのか?

人事というお仕事に転職しようと考えた時、今まで行ってきた仕事とは1風変わったお仕事をするようになるという不安はあると思います。

前職で培ってきた技能を活かすことが出来ないと考える人は少なくないと思います、

しかし、実際、前職での経験は必ずいかすことができます。

転職によって人事部所属になった人と、最初から人事部になった人の違いは、まず経験値での差が出ます。

人を見抜く力は必要な能力で、それは転職関係なく、個人の能力によるものだと思います。

しかし、他の仕事を行ってきた転職者は人を見抜く力と、現場経験から選考に進んでくれた人の職場に適しているかを綿密に判定することが出来ます。

そのため、前職での経験はいきてくるのです。

これはスポーツでも同じことが言えます。

実際に選手として活躍していた人が監督として起用されることは多くあります。

それは、現場を経験しており、現場での流れを誰よりも理解しているからです。

現場での経験を活かせるという意味ではむしろ転職で人事になることは利点があるのです。

人事とその他の部署での違い

人事に転職とその他の部署に転職ではどのような違いがあるのか疑問なかたも多くいると思います。

人事志望で面接を受ける方のメリットとしては、受けてる会社がどのような人材をもとめているか読み取りやすいという点です。

人事志望として面接を受ける場合、当たり前のように、面接官も人事の方です。

自分が人事としてどのようにすればいいのかと考え面接を受けるため、相手が欲していることを他の部署より感じやすくなっています。

他の部署では、自分をどうピーアールすることが1番合格につながるのか考えながら選考に進むため、相手の意図を受け取ろうとする気概が劣ります。

自分がこれからなる人事のお手本が目の前にいると考えられることが大きな違いです。

人事の転職において重要なスキル

人事部として必要な能力は主に2つで、コミュニケーション能力とメンタルがタフなことです。

人事というお仕事は従業員と役員両方とか変わっていく仕事です。

そのため、幅広い年代の人と関わることのでき、その場で1番適切な言葉を選ぶことができるコミュニケーション能力と、忙しい従業員と役員の間に入って動けるメンタルが大切となります。

主に人と関わる仕事が多いため、ストレスは他の部署よりも多くのしかかってきます。

そういったストレスにも我慢できる忍耐力が必要です。

例えを出すと、会社にもさまざまな部署があり、それぞれの部署が競い合ってます。

より良い人材をどの部署も欲しがり、仕事のできない従業員を回した場合、責任は人事部にきてしまいます。

仕事の良し悪しまでコントロールできない中、自分の責任にされてしまうことは不本意だと感じることが多くあると思います。

さらに、同じ部署で仲が悪いなどといった理由で部署を変えて欲しいなど、身勝手な異動を求められるなどイレギュラーな仕事も多くなります。

うまく切り抜けられるコミュニケーション能力と力強いメンタルが大切とされます。

人事は年齢に関係なく転職できる

人事に転職となると、ある程度キャリアを積んでからのほうがいいのではないか、最初から人事部に入っていなければ難しいのではないか、自分は歳をとりすぎているため若い人の考え方などがわからないんじゃないか、人選をミスして自分のせいで部署において大変な混乱が起きてしまったと責任を感じるなど色々な不安はあると思います。

しかし、人事はいくつになっても転職し、活躍することができる職業です。

人事において前述したように必要なスキルはコミュニケーション能力とメンタルが強いことです。

また人事として人間力が重視されます。

人を動かす仕事のため、相手の立場に立つことのできる力や、自分の経験や判断で人の適正を判断することができる総合的な人間力が必要です。

人事という職業は前職を活かすことができ、他の部署とは違い転職時の面接で面接官の意図を読み取りやすく、コミュニケーションの力とメンタルの強さ、人間力を必要とする職業です。

年齢関係なくなることができ、従業員を1番活かせる現場に配属させることのできる仕事です。

そのため、責任は重大でストレスも多くかかると思いますが、責任のある仕事に誇りをもって転職で人事を選びましょう。

関連する他の記事

通信ITエンジニアが転職活動を上手く行うコツとは
通信業界の人事から、エンジニアの採用が難しい、厳しいという声をよく聞きます。実は、採用方法から原因…
営業職向いていないと気付いたら内勤営業に転職すべき
「毎日外回りで体力的にきつい」「口下手でクライアントとなかなか信頼関係を築けない」「毎月の営業ノル…
インターネット業界に就職したい未経験のあなたが知っておくべき全知識
ここでは、インターネット業界のやりがいや実情、そして未経験からの転職も可能かどうかについても記載し…
プロの転職コンサルタントが教えるサーバーサイドエンジニアの志望動機
サーバーサイドエンジニアってなに?転職する際の志望動機ってどうやって書けばいいの?そういった疑問に…
pagetop