転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 日々の仕事に追われる薬剤師の方必見!忙しい仕事から脱却する方法とは

日々の仕事に追われる薬剤師の方必見!忙しい仕事から脱却する方法とは

🕒 2018/03/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
日々の仕事に追われる薬剤師の方必見!忙しい仕事から脱却する方法とは

人を救えることが出来るお医者さんの仕事に近い薬剤師。「人がより安心に正しい薬を飲んで、日々の充実生活を支えるために薬剤師になりました」というような心の優しい薬剤師さんはたくさんいます。

しかし、他人の健康を見守ってきた薬剤師のあなた、自分の身体は大丈夫ですか?あなたはひょっとして日々の仕事に追われています。

ここでは、仕事が忙しいとかんじる薬剤師の皆さんに、ワークライフバランスを実現できる仕事先の選び方について紹介します。

薬剤師が働く職場別の忙しさ

薬剤師は様々なところで活躍しています。職場によって、働く薬剤師の忙しさも変わってきます。そこで、主な働く職場を順次紹介していきます。

病院の場合

薬剤師を目指す方は、病院を第一志望として選択をすることがおおいです。

病院の中で働く人は、とても忙しいです。病院では採用人数が限られてることが背景にあります。

多忙な時期

インフルエンザや風邪の症状が多い時期が病院で働く薬剤師の忙しい時期です。

多忙と感じる時間帯

病院の中では働く人は午前中が最も泡多々しい時間帯です。外来調剤と入院患者用の薬が有るため、業務が重なることが原因の1つにあります。

以下の時期が薬剤師にとっては睡眠をとる余裕がないにほとしいです。

  • 冬季
  • 小児科で患者の来院が絶たないとき
  • 調剤薬局の場合

    調剤薬局で働く薬剤師について紹介します。

    基本どの調剤薬局も人手不足のため、とても忙しいです。

    ただ、大手チェーンの調剤薬局では、曜日や時間帯で本社からヘルプがくるため人手不足の問題をなんとか抑えることができます。

    多忙な時期

    病院と同様、インフルエンザの感染症患者が多い時期はとても忙しいです。

    また、病院が休み(お正月、GW、お盆などの大型連休日)になると、調剤薬局は向かい風を受け、業務が大変慌てたたしくなります。

    多忙な時間帯

    10~13時と18時の後が仕事のピークです。通勤前・通学前・仕事の後・下校などの時間帯が原因です。

    調剤薬局は必ずしも忙しい職場ではありません。会社で働く仕事族をターゲットに、午前中ではなく夜から営業する調剤薬局は比較的ゆったりできます。

    ドラッグストアの場合

    ドラッグストアで働く薬剤師について紹介します。

    ドラッグストアも人手不足が続く忙しい職場です。調剤師の仕事のほか、第一類医薬品の販売がある場合、患者さんがいるドラッグストアの売り場まで駆けつけなければいけないことがあるので、歩く体力が多くなります。

    多忙の時期

    ドラッグストアでは、閑散期と繁忙期があります。
  • 閑散期:8月頃
  • 繁忙期:新薬品の発売位が多い3~4月ごろ、インフルエンザや風邪の症状が出やすい11月~2月ごろ
  • 多忙な時間帯

    ドラッグストアの営業時間によって代わりますが、忙しさのピークは3つあると言います。

  • サラリーマンや学生が多い出勤や通学時:午前7~9時頃
  • お昼休みに足を運びにくる:11時~13時頃
  • 退勤や下校の多い時間帯:夕方17時頃
  • 製薬会社の場合

    製薬会社で働く薬剤師について紹介します。

    製薬会社は薬剤師に人気のある職業です。ただ、朝早くから夜遅くまで時間が絞られてしまうことがあります。

    そのほかに、土日祝日に薬剤師の勉強会などのセミナーがあるので、せっかくの休日が亡くなることもあります。

    多忙な時期

    ドラッグストアと同様、新薬がリリースする前が忙しです。人の口に入る商品のため、薬が本当に安全かどうかや、薬の効果がどの程度あるかなど、そういった調査を振り返し何度もやらなければ行けなかったりするので、毎日仕事詰めになることもあります。

    多忙と思われる時間帯

    医療事業者の予約が取りやすい昼休みや就業時間体が最も大変な時間です。

    薬剤師が忙しい仕事から解放されるために

    「どうすればこの多忙な業務から開放できるのか」と不安に感じる薬剤師はたくさんいます。誰だった自分の時間がほしいのです。

    仕事好きの方もいると思いますが、仕事をし続けると知らないうちに、体力の疲労が激化し、うつ病になる可能性があります。

    そういった身体を作らないためにも、休むことも重要なのです。では、忙しい仕事からどうやって自分の時間を作る事が出来るのでしょうか。

    解決方法として3つあります。

    なぜ忙しいのかその問題を見つける

    なぜ自分は忙しいかを考えることです。その原因を究明できれば、今抱えている問題を解決することができます。

    どうすれば業務を早く終わらせるかを考える

    一旦、自分が今してきた業務フローを見直すことです。業務を見直すことで、ここは時間かけ過ぎなのかなと、全体の業務の流れを見ることができます。全体の業務フローを把握することで、これまで以上に時間を有効活用することが出来、余裕な時間を持つことも出来ます。

    現場で不満があれば上司と相談・提案する

    仕事のあり方に対して不満がある場合、堂々と上司と相談しましょう。相談することで、今の会社の働き方を変えられるチャンスが生まれることもあります。

    転職する選択

    上記の方法を使用してもあまり効果がないと感じた場合、転職をオススメします。どこに転職をすればよいか不安を抱いている方は、転職エージェントを活用してみて下さい。転職エージェントを利用すると、薬剤師に関係ない業界に移ってしまうと考える方もいますが、転職エージェントでは同業の他会社へ転職することだって出来ます。

    今の忙しい日々、充実したワークライフバランスを求めたい方は、一度、転職のプロと相談することも良い選択です。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    ペット業界の仕事内容や年収、失敗しない転職法
    ペット業界は以前から人気のある業界です。市場そのものは順調に伸びており、需給関係のバランスが良いと…
    転職するならどっち?税理士法人と個人事務所の違いを徹底解説
    税理士が働く場所と言えば、まず税理士法人というイメージですね。そして個人事務所で仕事する税理士も多…
    研究職の求人に強い転職サイト・転職エージェントランキング!おすすめ4選を紹介
    常に人気が高くあまり求人が見つからない研究職、どの転職サイトに行けば、見れば研究職として転職できる…
    管理栄養士から転職したい?資格や知識を活かした転職先とは
    管理栄養士は厚生労働省の許可を得た国家資格が必要な職業です。「取得が困難である分、せっかくだから資…
    pagetop