転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > IT・WEB > Facebookの中途採用はやはり難しい?年収や転職成功のコツなど

Facebookの中途採用はやはり難しい?年収や転職成功のコツなど

🕒 2019/07/03
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookの中途採用はやはり難しい?年収や転職成功のコツなど
世界でもトップレベルのIT企業Facebookに転職したい!そう考えている方のために、Facebookの年収や福利厚生などの企業情報や中途採用されるための方法をお教えします。

Facebookとは

Facebookは世界で最もユーザーの多いソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

今この記事を読んでいるあなたもアカウント登録しているのではないでしょうか。

お分かりの方も多いかと思いますが、Facebookが何なのか紹介したいと思います。


Facebookに登録すると自分の家族や友だちなど他のユーザーと繋がれます。

名前を検索することでと友達を見つけたり、「知り合いかも」に表示された人を友達登録することで繋がりを広げることができます。


この「知り合いかも」というのは、共通の友達やコミュニティなどから自分の知り合いであろう人をFacebookが提示してくれる機能です。

そうして自分と繋がったユーザーと写真や記事などをアップロードすることで情報をシェアします。

企業や有名人も利用しているので、それらのアカウントをフォローすると情報収集にも非常に役立ちます。



2017年12月時点でのデイリーアクティブユーザーは14億人、2017年12月31日時点での月間アクティブ利用者数は21億3,000万人です。

Facebookってどんな会社?年収・福利厚生は?

Facebook社は2004年に設立され、アメリカのカリフォルニアに本社があります。世界各国にグローバル展開し、日本にも六本木にオフィスがあります。

マーケティングで市場調査に基づき一番新しいサービスを無償で提供し、その効果による広告収入を得ることで経営されています。

そのため、「スピード感」「流動性」が大事になってきます。

会社のスローガンが”Move Fast”となっているくらいです。



具体的な仕事内容としては、広告代理業務ソーシャル・ネットワーキング・サービス運営業務です。

広告代理業務とは、クライアントにFacebook広告のソリューションを提案し、導入、運用してもらい、ビジネス拡大を狙う仕事です。


外資系の企業なので、米国にある本社に多くの決定権があります。しかし、自由で柔軟性のある社風なので社員個人の目標やプランも反映させやすいのではないでしょうか。

平均年収は1,618万円!

給与についてです。

基本年俸制をとっており、年俸の66%を基本給とし、残りの34%がボーナスとなります。

ボーナスは四半期ごとのノルマ達成率によって支払われます。

平均年収は1,618万円で、およそ1157~1225万円の範囲です。

日本支社の場合、推定の生涯年収は3億2,300万円となります。本社と日本支社ではかなり差があるようです。

また前職での年収も影響してくるので一概には言えません。

福利厚生もすごい…!

次に福利厚生についてです。

福利厚生の制度は非常に充実しています。

朝昼夜の食事代が一日に一定額支給されます。これとは別に軽い軽食を食べることができ、さらにスナックやコーヒーは無料で提供されます。

他にも無料で借りることの出来る図書館があったり、フィットネス手当が支給されたりします。

そして女性の方が気になるのはもちろんですが、最近では男性も気になるであろう、育児休暇。

Facebookでは積極的に育児休暇を取ることを奨励しており、最大4ヶ月まで取ることができます。


女性は特に働きやすい環境になっているようです。

本社での重役を女性が担っているということや、女性社員だけが集まって会議をするということなどからそれが見受けられます。



Facebookで中途採用されるには?

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

Facebookで中途採用されるために重要なキーとなるのは2点です。

それはキャリア言語です。


Facebookの日本支社は基本的に少数精鋭で、まだ積極的に新入社員の公募を行っていません。

ほとんどが社員の紹介による入社です。

つまり、転職エージェント等での求人は行っていないのです。完全キャリア採用ということです。

ということは、自身の経歴と面接が重要になります。

キャリアとは例えば、どこかのIT企業のプロジェクトリーダーやECサイトプロジェクト責任者を務めていたことがあるといったことが望ましいです。

やはりIT企業での経験が長いほうが良いでしょう。

そのため日本支社では、オンライン広告代理店業務経験年数、メディア企業での業績成果、コンサルティング系列のマーケティング経営サイド戦略提案などはあまり評価の対象にはなりません。

したがって面接でも自分のキャリアからどのようなことが自分にできるのか、どのように会社に貢献できるのかをアピールしましょう。

面接は、多くの事業部と行うので回数は多いです。少なくとも4回はあると思っていて良いでしょう。

英語でも日本語でも行われます。そのつもりでしっかい準備をしておきましょう。そしてもしその場で分からないことがあれば素直に分からないと言い、分かるまで説明してもらうのがあとになって得策になります。

もし入社できることになれば、入社後は英語での業務が中心です。

ですので英語が堪能であることは前提となります。



以上のことをまとめると、Facebookで中途採用されるには、IT業界での経歴がきちんとあること、そして、かなり高いレベルの英語力があることが必要になります。


\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

アクセンチュアに転職すべき?口コミから見た実情
コンサル業界の中でも転職先としてとても人気のあるアクセンチュア。アクセンチュアの企業情報・採用につ…
薬剤師がつらいと感じるのはなぜか?脱出する方法は?
「こんなはずではなかった」と薬剤師を目指し必死に手に入れた仕事先でつらいことがあり、この業界をやめ…
ユニ・チャームに転職すべき?採用情報と口コミを覗いてみよう
ユニ・チャームにといえば、国内大手トイレタリーメーカーですが、転職に向いている会社なのでしょうか?…
税理士、税理士事務所を辞めたい?絶対におすすめする転職法
税理士を辞めたい、会計事務所、税理士事務所を辞めたいと考えていませんか。転職したら給料ダウンが心配…
pagetop