転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 総合商社・専門商社 > 専門商社から転職したい方におすすめの転職先まとめ

専門商社から転職したい方におすすめの転職先まとめ

🕒 2018/10/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
専門商社から転職したい方におすすめの転職先まとめ

「毎日同じ作業...専門商社の仕事はまるでロボットだ。」

「体質の古い商社に入ってしまった。体育会系のノリについていけない」

「転職して違う業界の新鮮な空気を吸ってみたい」

ここ数年、様々な理由で商社から転職したい人が激増しています。三菱商事のような総合商社ならまだエリートとは呼べますが、専門商社なんてもはや勝ち組でもなんでもない、という考え方が世間で広がりつつあるようです。

各人材会社の統計データを見ると、専門商社からメーカーに転職する方が圧倒的に多いです。メーカーは、専門商社で働いている人にとって理想的な転職先となっています。

このページでは、現役転職エージェントの知見を元に、専門商社から転職したい方に知ってもらいたい情報とメーカーの転職事情をご紹介します。

専門商社の転職先No.1はメーカー!両者の違いを徹底解説

専門商社から転職する人の中で一番多いのは、メーカーの営業や購買部門に転職するパターンと言われています。専門商社からメーカーに職を移す際に、まず両者の違いを把握しておかないと失敗する可能性が高いです。

ここでは、メーカーと専門商社のさまざまな違いを伝えていきます。

専門商社とメーカーの書類の量の違い

メーカー企業では社内での書類の量が多いです。

メーカー企業では販売店があることから個人の裁量で価格を決めることができないため、安く見積もりを作成しようとすればするほど書類が必要となり、各役職者に決裁されるまでの時間もかかります。

専門商社では価格をさげるための書類などは必要としないため苦労を感じることが多くなるでしょう。

専門商社とメーカーの個人の裁量の違い

最初は個人の裁量が無く、何をするにしても誰かに承認を得ないと身動きがとれないです。商社では個人の裁量で動けるケースが多いためこれも窮屈に感じるかもしれません。

「専門商社では自由にできたことがメーカーに行ったら上司の許可が必要であった」このような声を多く聞くことが多いので、ギャップを埋める能力も必要になることでしょう。

専門商社とメーカーの営業の難しさの違い

メーカーの営業ではお客様の問題を把握して、解決に導く提案が必要となります。専門商社で経験したビジネス面でのコミュニケーション能力を活かす機会が多くなります。また、販売する商品の商品力、業界内での企業の立ち位置で営業のスタンスが変わってくるため、就職、転職の際は念入りに確認しましょう。

そもそもメーカーと商社は役割が違いますが、商社勤務で培ったスキルがメーカーで必要とされるのであれば通用することでしょう。

専門商社とメーカーの給与面の違い

商社の平均年種は高いと想像する方も多いかもしれません。しかし専門商社は一部の大手を除くと、平均年収は比較的低いです。また残業代やボーナスの部分で不満の声が多いことも多々あります。

その点、メーカー企業に就職した場合。平均年収は上がるケースが多く、転職で年収を上げたいと考えている方にはうってつけです。

専門商社とメーカーの有給消化率の違い

日本の企業は先進諸国の中でも有給消化率が極めて低いことでも有名です。とりわけ専門商社では有給を消費しにくい企業が多いです。

一方メーカー企業でも、有給休暇を取りにくい雰囲気はありますが、期限以内での有給消費を促す企業も多く、多少なりとも有給休暇をとりやすくはなっています。

専門商社から転職しても仕事のやりがいに不満を感じることも

専門商社で未加工品などを取り扱った経験がある人は、比較的開発途上国と仕事をする機会が多いかと思います。開発途上国の企業や、ときには行政機関と仕事をする中で日本にはない大きなエネルギー感じられるのは大きな魅力です。

またこうした専門商社の営業職など職種によっては、取引先の所在国に定期的に海外出張があり、海外の空気を感じるのが好きな人には、それも魅力と言えるかもしれません。小売り商品を扱う専門商社の企画職であれば、新規に人気が出そうな商品を発掘して輸出入を行い、ヒットに繋げられる環境に魅力を感じるでしょう。

しかしメーカー企業やその他の仕事に転職した際、「やりがい」の部分で物足りなさを感じてしまうかもしれません。

転職活動中に企業分析などを入念に行い、転職後のギャップがなるべく少ないように準備しておきましょう。どうしても隣の芝生は青く見えてしまうものなので、自分にとってベストな働きができる企業を探すのが大事になってきます。

専門商社から転職する際に抑えるべきポイントとは

専門商社で学んだスキルや強みをアピールする

専門商社に勤務したことがある方は、ビジネス面のコミュニケーションスキル、資料作成やプレゼンなどの商材営業スキル、他国の文化や商習慣の理解、英文をはじめとする他言語でのメール作成等の語学スキルを身につけていると思います。

これらを統括すると、よく器用貧乏で目立ったビジネススキルがないと言われる専門商社マンですが、ビジネスにおける調整力に強みがあります。それをしっかりと履歴書や面接の場でアピールすることができれば、転職先からも良い評価を受けることができます。

希望する転職先に合わせた専門性を身に付ける

例えば金融業界に進みたい場合、株投資で利益を稼いで実績を出すことや、web業界に行きたい場合は自分でwebサイトを運用すること、また専門学校に通い、デザインを学び、MBAを取得するなど、日々の努力を習慣化して積みかねなくてはいけません。

また近年では商社からベンチャー企業に転職するケースも増えています。ベンチャー側からするとコンプライアンス対応に慣れており、ベンチャーキャピタルからの資金調達時の交渉・対応を把握している商社マンの価値は非常に大きいと言われています。

自分にとってどのような職が適しているかをさぐりながら行う必要があります。また商社マンにとってみれば強固な官僚組織である商社を抜けて、のびのびと自分で事業を営むことのできるベンチャー企業の業務は魅力的に映るものである。

スキルアップ転職を望んだ場合はどうすればいい?

他業種への転職を望んだ場合どれだけ営業力、向上心があったとしても、結局はポテンシャル採用になってしまいます。他業種への転職は年齢を重ねるだけ不利になってしまうのも現実です。

どの企業も中途採用者を採用する場合、「即戦力or若さ」を天秤にかけることが多いです。年齢を重ねての転職の場合、「スキル」や「技術」を全面的に売りにしていきましょう。

JACリクルートメント|専門商社経験者におすすめ度No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数6,247件(2017年10月)対応地域全国、イギリス、アジア7ヵ国
非公開求人6割ターゲット層外資・エグゼクティブ
強い業界製造/IT/金融年収UP実績7割

元々、JACリクルートメントはハイキャリア層向けの転職支援サービスで、外資系や日系グローバル企業に強みを持っています。その中でも、専門商社という分野に特段とノウハウがあると言われています。

専門商社に精通している転職コンサルタントが多数在籍しているからこそ、専門商社での経験を活かして、次の転職先を探す際にどうすれば良いのかという有意義な提案ができます。

専門商社から異業種の転職にチャレンジしたい方も、商社の中で転職をお考えの方も、どちらにとって『JACリクルートメント』が一番おすすめです。

ぜひプロのコンサルタントとの面談を予約し、一度相談してみてください。これからのキャリアについて、最適解を提示してくれるかもしれません。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

【介護士必見】おすすめ介護専門転職求人サイトまとめ
介護・福祉系の職業はつらい、厳しい、賃金が低いというイメージ。そんなイメージをイメージだけにしない…
「金融業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『金融業界の転職事情』『金融業界に強い転職…
※コールセンターに転職したいあなたが知っておくべき全知識
コールセンターの具体的な業務やその種類について言及しながら、向いている転職先を探します。
ゲームプログラマーの転職に必要なスキル・コツ
みなさんゲームプログラマーという職業はご存知ですか。大好きなゲームの仕事に関われるということで多く…
pagetop