転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 薬剤師はやりがいのある仕事なのだろうか?

薬剤師はやりがいのある仕事なのだろうか?

🕒 2018/03/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師はやりがいのある仕事なのだろうか?

薬剤師不足が続く日本では、今薬剤師は人気の職種となってきました。

ただ、人気だからという理由で薬剤師を目指している方は危険です。仕事を就く意義を確かめなければ自分が思ったとおりの仕事ではないと感じることもあります。ここでは、薬剤師のやりがいについて話して来ます。

また、どういったときに薬剤師を辞めたいのかについても紹介していきます。

薬剤師の仕事でやりがいを感じたときとは

薬剤師の仕事は大変です。そのかわり、他の業種と比べてやりがいを感じることが沢山あります。

ただ、やりがいと言っても、薬剤師という仕事は様々な職場で働くことが出来ます。そこで、今回はインタビューを通して現役で働く人に職場別でやりがいと感じる瞬間について紹介します。

調剤薬局で働く場合のやり甲斐

  • 専門的な調剤スキルを磨ける
  • 直接患者さんと接することができる
  • 患者さんの病気が治ったとき
  • 職場の人との人間関係
  • 患者さんが喜んでくれたとき
  • かかりつけ薬剤師になったとき
  • 店舗の経営を任されたとき
  • 従業員と楽しく働いたとき
  • 患者さんから感謝されたとき
  • などが薬剤師としてやりがいを感じています。

    インタビューの中では

    調剤薬局で働くことで一番嬉しいのは直接患者さんと接し、患者さんの病が回復したときです。長い間病を抱える患者さんが私のアドバイスで病が治った時がやりがいを感じました。また、薬の進めをする以外に、食事にかんしてもアドバイスがほしいと言われ、患者さんから信頼を得ている実感が出ました。この仕事をやってよかったと思うようになりました。

    ドラックストアで勤務したときのやり甲斐

  • 店の人に頼りにされたとき
  • 薬に関して患者さんから相談されたとき
  • 自分のアドバイスで患者さんが治ったとき
  • OTC薬の知識を学べたとき
  • などがでました。

    インタビューの中では

    ドラッグストアで働くとOTC薬を求めて来店する方もいます。そのため、どの薬を買えばよいか迷ってしまう方がいます。患者さんから相談を多く受けられて大変ですが、患者さんの症状を聞き、それにあった薬を患者さんにおすすめできます。患者さんが勧めた薬で症状が治った瞬間はこの仕事をやってよかったと感じます。

    製薬会社でやり甲斐を感じたとき

  • 自社の薬が色んな人に役にたったとき
  • 薬の最前線で働ける
  • 友人や家族周りの人が自社の作った商品を愛用してくれたとき
  • 作った新薬が世の中に販売したとき
  • などが出てきました。

    インタビューの中で

    製薬会社で働いて5年になりますが、自社の製品や自分が作った新薬が世間で浸透したときは嬉しくなります。ドラッグストアで自分が作った薬が店頭で見つけたときはもう達成感が出てしまいます。また、病院の医師が作った薬を使ってくれると嬉しくなります。この仕事をやっといてよかったと思えるようになります。

    病院薬剤師でやり甲斐を感じたとき

  • 沢山の薬を触れることができる
  • 専門分野関係なく職場の人間関係がよいとき
  • 病院の中で薬剤師の存在感を強めたとき
  • 患者さんに感謝されたとき
  • などが出ました。

    インタビューの中で

    病院で働く良い点として患者さんのほか医師や看護師ともコミュニケーションを取ることが出来ます。医師、看護師と連携して、患者さんが一番適する治療方法を一緒に探すことができるので、自分が医療チームの一員だと実感することが出来ます。

    また、病院では、自分の専門分野以外に他の業種の仕事について学べる機会がありとても楽しいです。

    薬剤師の仕事をやめようと感じてしまう瞬間

    ここでは薬剤師の仕事をしていく中でやめたいと感じたときについて話していきます。

    調剤薬局でやめたいと感じたとき

  • 言われた通りの調剤しかできないとき
  • 同じことを繰り返し行ったとき
  • 患者さんからの苦情があったとき
  • 患者さんとのコミュニケーションがつらいと感じたとき
  • ドラッグストアでやめたいと感じたとき

  • 調剤する回数が少ないとき
  • 本業の仕事よりもレジ打ちや品出し多いとき
  • 店長が薬剤師でないとき
  • 残業や労働時間が多いとき
  • 製薬会社でやめたいと感じたとき

  • 自分が開発した新薬が批判されたとき
  • 医師の価値観と合わなかったとき
  • 営業職だと扱いをされたとき
  • 病院で働くさいにやめたいと感じたとき

  • 医師、看護師と人間関係がよくないとき
  • 医師や看護師との意見の食い違いがあるとき
  • 給料が安い
  • 患者さんから理不尽な要求をされたとき
  • というような、職種別によって仕事を辞めたいと感じるときは違います。

    薬剤師の仕事をやめたいときの対処法

    上記で挙げたように、やりがいを感じるときもあればやめたいと思う瞬間もあります。

    やめたいとき感じたときはその職種から離れることをおすすめします。短期間はよいが、長期間仕事のストレスが溜まると自分の健康に大きな被害が葬る可能性が高くなります。

    自分の健康のためにも耐えることは辞めるべきです。

    「やめるといってもどうすればよいか分からない」というような方もいます。そんな時は、家族や友人と話してみましょう。話すことで自分のストレスの発散にも繋がりますし、彼らから様々なアドバイスを受けることも出来ます。

    家族や友人からアドバイスを貰っても、彼らはその道のプロではありません。

    そんな時は、転職エージェントを活用してみてください。同業や他業界に関して、その業界の人間関係や、職場環境、社風など、沢山の情報を持っています。

    エージェントと相談することで自分が本当にやりたかった仕事が見つかるかもしれません。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    ドイツ語を武器に転職を成功させる方法
    今回はドイツ語のおかげで年収アップした私が、ドイツ語を武器に転職を成功させたノウハウとおすすめの転…
    化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣
    化学メーカーと一口に言っても業種は様々。この記事ではメーカーでの研究開発職から転職したいと考えてい…
    転職エージェントから入手すべき企業の裏情報まとめ
    転職の際にエージェントをする方が少なくないでしょう。しかし本当に転職エージェントから企業の裏情報を…
    転職するならこの業界!2019年に最もアツい業界を隠さずにご紹介
    転職するべきかを迷っている方、転職しようとしているけどどこがいいのか分からない方、業界や職種も何を…
    pagetop