転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > ハイクラス > 部長クラスの転職で年収アップする方法とおすすめの転職エージェント

部長クラスの転職で年収アップする方法とおすすめの転職エージェント

🕒 2019/06/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
部長クラスの転職で年収アップする方法とおすすめの転職エージェント

現在の若者は転職を経験します。転職が当たり前になっている時代。

現在40代の部長クラスになっている人たちは転職をしないのが普通の時代でした。

しかし、平均寿命も伸び40代でもまだまだたくさん働く人たち。

部長になった今の会社で一生を終えますか?

歳をとると転職しにくいと言われていた時代はもう昔の話。

新しいことにもチャレンジでき、今の会社よりも良い条件で働きませんか?

部長の転職に強い転職エージェント

部長の転職に強いエージェントは「ミドルの転職」や、「ビズリーチ」、「ハイクラス転職サービスix」などのものです。

その中でも、「ハイクラス転職サービスix」が人気を得ています。

このサイトは、募集している仕事をサイトに載せるのではなく、「人材紹介サービス」を行っているエージェントです。

ハイクラスのポジションは求人を公開できるものが限られています。

しかし、転職サービスixでは人材紹介サービスを適用しているため、ハイクラスに特化しているサイトのため公開はしていないようなハイクラスのポジション案件を企業からもらい、紹介するという希少性の高いハイクラス案件が多く存在します。

転職を行うときに困ることとして、部長になったのに転職活動しているということが、今の会社にバレてしまうと気まずいと思う人もいますよね。

そのような人にうってつけなサービスとして個人情報の公開は、ヘッドハンターにのみで企業には未公開です。

部長の転職は、ヘッドハンティングが多いためヘッドハンティングのサイトに登録している企業は登録者の個人情報を見て、その中からヘッドハンティングを行なうため個人情報が登録企業にはバレてしまいます。

しかし、転職サービスixは、ヘッドハンターのみなので企業から依頼が来たときか、登録者が自ら応募した時のどちらかのみ公開されます。

企業から依頼があった場合は、その条件にあった人をピックアップし、登録者に確認しOKが出た人のみ、情報を渡さすのでとても厳重に個人情報を取り扱っています。

他のエージェントの方法とは少し違ったやりかたをしていますが、圧倒的な信頼を得て出来ているサイトです。

部長が年収アップ転職を実現するには

部長クラスになる人は、多くの経験を得ているため転職をして、年収アップもよくあることです。

しかし、役員や部長待遇で転職してくる人は、社員に「うちのことを何も知らないのに、いきなり部長職に就くなんて」などと思われ、上手く会社に馴染めず、実力を発揮できない、コミュニケーションが上手く取れず今までの経験が嘘のように見えることもあり、「期待はずれだった」と年収が下がってしまう人もいます。

もちろん、転職を行っても新しい環境にすんなり馴染め、今までよりもいい実力を発揮し活躍している人も多くいます。

ここで伝えたいことは、転職しても必ず年収がアップするというわけではないということです。

それを理解しつつどうしたら今よりもいい年収をもらえるか、を見ていきましょう。

一番簡単に、転職し年収をアップするには今までの人脈を有効活用することです。

人脈は、過去の自分が作っているものなので周りもどのような人なのか評価した上で引きに抜いてくれます。

自分にハイクラスの役割をまかせてもいい、企業の成長につながる、一緒に働きたいと思ってくれているので今の会社よりも良い条件でという人が多いです。

せっかく何年もかけて作ってきた人脈を上手く使って年収アップを目指しましょう。

しかし、今までの人脈を使いたくないという人などは、転職を行って急に年収アップ目指さず、「シュリンク・トゥ・グロー」という方法を取ったほうが上手くいくと思います。

最初から、部長クラスの年収アップをする転職を目指すではなく、「マネージャー候補」あたりの部長クラスよりも下のランクで転職し、半年から1年頑張って働き、結果を残し、誰も文句が付けられないような状況を作ってから、昇給・昇格を目指す、という方法をとルコとで、周りに馴染めないということもなく、他の社員からひがまれることもないので、人間関係もいい状態を作れます。

「シュリンク・トゥ・グロー」一時的に給与額は下がると思いますが、そのほうが仕事をしやすい環境を作ることができますし、しっかり結果を残せば早いうちに前の会社よりも、良いお給与をもらうことができるようになると思います。

まとめ

部長クラスの転職は、ふつうの転職よりも周りにかかる影響力が大きいです。

部長になり、転職を考えるということは何らかの理由があり、その理由は人それぞれだと思いますが、されに上を目指すには転職は必要不可欠です。

年収は一時的にダウンする可能性が高いです。

しかし、それを乗リ超えると今までとは比べ物にならないような年収を得ることができる可能性もあります。

「シュリンク・トゥ・グロー」でさらに上を目指すことをオススメします。

今までの人脈、成果などを無駄にしないようにし、さらに自分の成長のために選択を間違えることなく転職頑張って下さい。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

エリートだからこそ引っかかる転職の落とし穴|なぜエリートが失敗するのか
会社で活躍していたエリートこそ要注意。どうしてスター社員が転職失敗するのか。浮かれていられない、実…
【138社から12社厳選】業界別おすすめ転職サイト
このページでは、アパレル、金融、介護など何か一つの業界に特化した転職サイトをご紹介しています。それ…
30代、40代管理職の転職を成功に導く究極なコツ
超売り手市場で熱くなっている転職。管理職のあなたも、この波に乗っかって転職を考えていませんか。30代…
薬剤師がつらいと感じるのはなぜか?脱出する方法は?
「こんなはずではなかった」と薬剤師を目指し必死に手に入れた仕事先でつらいことがあり、この業界をやめ…
pagetop