転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 職場でのマウンティングが嫌い?転職も一つの選択肢

職場でのマウンティングが嫌い?転職も一つの選択肢

🕒 2019/07/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
職場でのマウンティングが嫌い?転職も一つの選択肢
みなさんは会社で働いていてマウンティングをされたことはありますか?マウンティングってかなり腹が立ちますよね。そんなマウンティングによって転職を考えたことのある方もいるかと思います。そこで今回はそんな転職を考えている方向けに記事を書いたので、この記事を参考に転職をするかしないか判断してみてはどうでしょうか?

マウンティングとは?

まずはそもそもマウンティングとはなんぞやというところから書いていきたいと思います。マウンティングとはマウントを取るということです。つまり、自分の方が相手より優位であるということを表す行動や主張をその相手に向かって取ること、を言います。

マウンティングはいろんなところで起こっていますが、今このマウンティングが会社の中で多く起こっていることが問題になっています。そんな会社内での腹立つマウンティングの良くある例を紹介していきます。

一つ目は、会社内での役職や配属のマウンティングです。

会社内には役職と配属というその人の立場を表すわかりやすい指標があります。もちろん役職が上に行けば行くほど立場が偉くなり、下の役職ほど立場は低くなります。そんな役職でマウンティングを取る人が少なくありません。自分より低い役職の人を見下したり、昇進や出世した瞬間に態度をあからさまに変えたりしてくる人もいます。

二つ目は、年収マウンティングです。

これは先ほどの役職マウンティングに似ていますが、自分より年収の低い人、つまり役職の低い人に対するものです。

三つ目は、学歴マウンティングです。

最近になって徐々に学歴社会でなくなってきてはいるものの、まだ学歴で判断し、マウンティングしてくる人は少なくありません。同じ会社に入った以上最終学歴は関係ないと思うのですが、会社内で学歴マウントを取られた、などという声をよく聞きます。

四つ目は、住所マウンティングです。

その人が住んでいる場所でその人の価値を判断する人も少なくありません。これも同じ会社に通勤している以上関係ないとは思いますが。

五つ目は、人脈マウンティングです。

会社内でどの派閥に属しているか、イケてるグループに所属しているなどの理由で、マウントを取ってくる人も少なくありません。また、だれだれと知り合いという人脈アピールをしてくる人も少なくありません。

このように会社内でのマウンティングは数多く起きています。しかし自分自身の会社での目的を明確にすることであまり気にしなくなるのではないかと思います。

会社内でのマウンティングはなんと女性間でのほうが多く、問題になっているということが分かりました。みなさんもやたらマウンティングしてくる女性を社内で見かけた経験はありませんか?男性より女性の方がマウンティングをするようなイメージは確かにあります。彼女たちはマウントを取るというよりも他の人を蹴落とすような感覚の人が多いような気もします。

転職したほうがいいケース

このように会社内での数多くの腹立つマウンティングが問題となっており、ストレスを感じる、腹立つなど、職場が嫌いな方も中には居るかと思います。そんな方たちへの対処方を今回は紹介していきたいと思います。

まず一つ目の対処法は、無視するなどあまり気にしないことです。

その様な行為に遭遇したら、人は人、自分は自分と気にしないことが一番です。

二つ目の対処法は、そもそも自分の情報をあまりさらけ出さないことです。

これによって比べられることは少なくなるかと思います。

三つ目の対処法は、逆に褒めるということです。

マウンティングしてくる人は自分の方が優位であることを示したいので気にせず褒めてあげることで相手は気分が良くなります。

そして最後の対処法は、転職してしまうということです。

結局は気にしないことが一番なのですが、どうしても我慢できなかったり、仕事に影響を及ぼしたりするような状態であれば、転職を考えることもありだと思います。仕事をする上では働く環境が一番大事だと思います。そんな環境が嫌いになってしまったのならば仕事自体も嫌いになってしまう可能性もあります。そうなってしまうとなんのために働いているのかが分からなくなってきてしまいます。そんな状態にまで陥ってしまったら、もうその会社に居る必要性はないのではないでしょうか?そうなってしまったのならば、転職という選択をし、新しい仕事環境に変えたほうが良いのではないかと思います。

転職理由はエージェントからアドバイスをもらうべき

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

さきほど転職したほうが良いケースを紹介しましたが、その際の理由はどうすればよいの?と思った方もいるかと思います。そんな時には見出しにも書きましたが、転職エージェントにアドバイスをもらうのが一番良いのではないかと思います。

まずそもそも、転職をする際には理由がとても重要になってきます。今回の例のように不満直結型の理由はあまりよくありません。会社の環境が嫌だからという理由だと、転職した先でも環境が合わなかったらすぐ逃げ出してしまうのではないかと思われてしまいます。しかし、会社内でのマウンティングに腹立つため転職したいという今回の例では、本人としての理由は会社環境が嫌だからという理由以外ないと思います。そんな状態で転職活動を送っていても上手くいかないと思います。

そのため、まずは転職エージェントに相談をし、今の会社に残るべきかどうかのアドバイスをもらい、そのうえで転職するべきなら理由を考えてもらい、アドバイスをもらうのが一番良い方法なのではないかと思います。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職の面接で聞かれる質問や注意すべきポイント、トラブル対処法
このページでは、あなたの転職を成功に導けるように面接時のポイントをまとめてお伝えします。面接前の準…
正社員でボーナスなしの人は会社を辞めて転職すべき理由

ボーナスを支給している会社は全ての日本会社で行ってはいません。ボーナスなしの日本会社は沢山あり…

手取り20万円から飛躍的に年収をアップさせる方法とは
手取り20万円で困っている方に様々な改善方法を紹介。世間の本音や、ご自分の年収は全体で見るとどの位置…
中途採用のWebテストって重要?準備を指導してくれる転職エージェントをご紹介
中途採用者が抱えるWEBテストの悩みについて解説。WEBテストは中途採用の現場でどれだけ重要度のある問題…
pagetop