転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 転職の方法を知っておこう!基本的な流れと進め方

転職の方法を知っておこう!基本的な流れと進め方

🕒 2019/05/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職の方法を知っておこう!基本的な流れと進め方

転職を考え始めた際に、転職活動をどうやって効率的に進めればいいか分からない人もいるのではないでしょうか。理想の職場や仕事に出会えるように、転職活動を成功させるためには、まず基本的な流れと進め方について知っておいたほうが良いでしょう。

このページでは、転職の流れと進め方を簡単にまとめました。「もっと詳しく知りたい」「基本はわかったけど具体的なテクニックも知りたい」という人はぜひ関連記事もチェックしてみてください。

転職活動を始めるベストなタイミング

多くの人々が転職しようと決めた途端に迫られる決断は、現在の仕事を続けながら内緒に活動を始めるべきか、退職してから転職活動に専念すべきかという二つの選択肢です。

どちらが圧倒的に有利かは一概に言い切れません。現職を継続しながらの転職活動と退職後の転職活動にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

在職中に転職活動を始める場合

メリット

  • 安定した収入が得られるので、心配なく転職活動にお金を使える
  • 転職活動に時間がかかるとしても職歴に空白期間(ブランク)が生じない
  • スムーズに転職できれば、社会保険の手続きは不要になる

デメリット

  • 現職と転職活動の両立は時間的に厳しい、特に面接日程の調整が大変
  • 職場の人に転職活動を内緒にする気遣いが必要
  • 転職先が決まらなくても失業状態にならず、転職活動のモチベーションが上がりにくい

退職後に転職活動を始める場合

メリット

  • 転職活動に時間をかける余裕がある
  • 心身をリフレッシュできる
  • 転職に備えた資格勉強の時間を確保できる

デメリット

  • 収入が途絶え経済的な負担が重くなる
  • 仕事が決まらないと焦り、本来の希望と異なる会社に決めてしまう恐れがある
  • 失業期間が長引くと経歴にブランクが生まれてしまい選考で不利な状況に陥る

このように在職中と退職後の転職活動はそれぞれ良いところと悪いところはありますが、退職後のリスクを考えると在職中に仕事を探したほうが無難です。その際に転職エージェントを利用すれば転職活動において時間がかかる作業を代行してもらえたり、指導してもらえるのでおすすめです。ただし、次の転職先が求める専門資格を取得するために勉強の時間を確保したい場合は今の仕事を辞めてからにしたほうがいいでしょう。

2017.09.05
「いつ転職すればベストなのか」「なんとなく転職したいけど、辞めるタイミングが分からない」...そんなあなたにいつ転職すべきかを教えます。

転職の基本的な流れと進め方

まず転職に当たって気をつけて欲しいのは、いきなり気になる求人に応募するという仕方は転職活動ではNGということです。なぜなら、自分や業界・会社の状況を把握しないまま転職すると、入社後のミスマッチを招いてしまうからです。特に在職中の転職活動は時間的に余裕がありませんので、ある程度条件を絞って応募することが必要になります。

転職の一般的な流れとしては、「自己分析」「業界や会社についての情報収集」「応募書類作成」「面接・選考」「入社・退職手続き」となります。これから転職活動のステップごとに進め方を説明していきます。

自己分析

自己分析では今までのキャリアの棚卸しを行い、自分の得意な分野について考えます。

まず一枚大きな白紙を用意し、今までの成功や失敗の経験や仕事への取り組みやこだわりを白紙に出来る限りたくさん書くといいでしょう。自分の能力や経験が行かせる仕事・会社探しの参考になるはずです。また、今の職場に不満があって転職しようという方は、今の現状、問題点についても書き出しておきましょう。例えば、残業が多い、人間関係が悪いなどの問題点があるとすると、次はワークライフバンス重視の職場、風通しの良い職場など、自分の希望条件が見えてきます。

業界・会社の情報収集

業界や会社の情報収集を行なう際には、ホームページや求人票に書かれている内容を鵜呑みにしないことが重要です。

情報収集の方法は、業界なら業界関連の書籍を読んだり、企業ならその会社に勤めている方や、勤めていた経験を持つ方に話を聞くのがベストですね。

大変だと感じる場合は、転職エージェントを利用してその業界や企業に精通しているキャリアコンサルタントから話を聞きましょう。無料で情報を手に入れられるのでおすすめです。

応募書類の作成

十分に情報を集めたら、応募書類の作成に入ります。応募先の企業の特徴、求めるスキルや経験を踏まえ、入社後に自分の能力がどのように活かせられるかをアピートするといいでしょう。広く浅くアピールするより、強みを絞ったほうが面接官の印象に残りやすいでしょう。

面接・選考

職務経歴書などの応募書類を提出し、書類選考に合格すると、面接での選考に入ります。

転職エージェントを利用する場合、面接日程の調整代行と模擬面接を受けることができます。事前にしっかり対策しておくと、本番では緊張のせいで伝えたいことを伝えられない事態を避けられます。また、担当コンサルタントが本番の面接に同行してくれる場合もあります。

入社・退職手続き

面接を通過すると、入社が認められます。入社前の手続きや働き始める日程の打診を行います。仕事を続けながら転職する場合、その後現職の退職手続きをして転職活動を終了するというのが全体の流れです。

まとめ

このページでは転職活動を始めるタイミングの話と基本的な流れをご紹介しました。仕事しながら転職活動を進めると、収入が途絶えず経済面を心配せずに済みます。転職をスムーズにするためには事前の自己分析や業界・企業研究などの下準備が必要不可欠です。また、現職への不満や問題点を明らかにすれば、次の転職先に求める条件の優先順位が分かってきます。

トータルのサポートを受けたい場合、こちらのおすすめ転職エージェントをチェックしてみてください。

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職に活かそう!円満退職のマナーとテクニック
「会社を辞めたいけど退職願を出す場面ってドラマでしか見たことがないのでどうすればいいの?」初めて転…
これで受かる!転職履歴書の書き方完全ガイド
気に入った企業にエントリーした後、履歴書と職務経歴書を準備して提出しなければならないですよね。実は…
【介護士必見】おすすめ介護専門転職求人サイトまとめ
介護・福祉系の職業はつらい、厳しい、賃金が低いというイメージ。そんなイメージをイメージだけにしない…
カカクコムに転職すべき?口コミから見る会社の実態
株式会社カカクコムの企業情報と採用の特徴、掲載している転職サイト、転職エージェントを紹介しています…
pagetop