転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > doda > dodaからの電話はしつこい?原因4つと対処法5つを解説

dodaからの電話はしつこい?原因4つと対処法5つを解説

🕒 2021/05/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
dodaからの電話はしつこい?原因4つと対処法5つを解説

dodaからの連絡がしつこいんだけど…」
「営業電話、どうにかならないかな…」

dodaのサービスを使っていて、こうお思いの方もいますよね。

ですが何も対策せずほったらかしにすると、結局解決できずストレスを溜める一方…。

また、在職中なのに営業電話があまりにしつこいと、転職活動をしていることが会社の人に疑われ、バレてしまうかもしれません。

今回はそんな方に向けて、dodaからの電話連絡がしつこいときの原因・対処法を解説します。

電話を無視・着信拒否しつづけた場合のことも解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

dodaからの電話はしつこいこともある…

dodaからの電話はしつこいこともある…

結論を言うと、dodaからの電話連絡がしつこくなることもあります。

「すべての利用者に対してしつこくなる…」とは言えませんが、状況によってはストレスに感じるほどしつこくなることもあるんです。

ネット・SNSでの反応は?

dodaからの電話連絡について、Twitter での反応を見てみましょう。

他にもさまざまなコメントがありましたが、カンタンにまとめると以下の通りです。

  • 21:00以降にかかってくることがある
  • 平日の昼間にかかることがある
  • 電話だけでなくメールもしつこい
  • 何度もかかってくることがある

次章より、dodaからの電話がしつこくなる原因と対処法を深掘りしていきます。

dodaから電話がしつこくかかる原因4つ

なぜdodaからの電話がしつこくなるのか、主な原因は以下の4つです。

  1. 条件にピッタリな求人が見つかった
  2. キツい営業ノルマを課されている
  3. 緊急・重要な連絡事項がある
  4. 求人を出した企業の意向

①条件にピッタリな求人が見つかった

求職者自身にとって希望条件に合った求人が見つかり、おすすめしたいがゆえに電話がしつこくなるケースです。

その求人のなかには応募〆切が迫っているものもあります。

緊急の場合だと、どうしても「電話ですぐ応じてもらいたい」と考えてしまいますよね。

しかも優良求人や好条件求人はライバルも多いため、より急を要する状況。

求人が見つかった以上は喜びたいところですが、難しいですよね…。

②キツい営業ノルマを課されている

doda含め、転職エージェントでは営業スタッフ一人ひとりにノルマが課されています。

dodaを通じて企業側が人材確保できないと売上は出ませんから、そこにコミットすべく設定されているんです。

なお月末、四半期ごとに営業成績の管理もありますから、その期間中はしつこくなりがちです。

転職エージェント側には「求人企業の要望に応える」という使命もありますから、利用者側からどうのこうのと言いにくいところですね…。

③緊急・重要な連絡事項がある

必要書類の提出、急な面接日程の調整などがあると、何度も連絡がかかってきやすいです。

ご自身の転職活動の進捗に支障が出てしまうため、こればかりは無視できないところです。

④求人を出した企業の意向

dodaに求人を出した企業側の意向もあり、電話がしつこくなるケースもあります。

例えば企業側から応募者アップを強く急かされることで、doda側も「もっと転職をスピードアップしよう」と考えるわけなんですね。

しつこい電話への対処法は?

しつこい電話への対処法は?

さて、電話がしつこくなる原因が分かったところで、次はどう対処していくか考えていきましょう。

ちなみに、もし今後もdodaを使いつづけたいなら、以下いずれのケースでも感情的にならないよう対応するのがポイントです。

  1. 担当者に連絡頻度を減らすよう伝える
  2. 希望条件をより細かく絞る
  3. dodaを退会する
  4. doda以外の転職エージェントを使う
  5. 転職サイトを使う

①担当者に連絡頻度を減らすよう伝える

dodaの担当者に一報を入れて、連絡頻度を抑えてもらうよう伝えてみましょう。

伝える際は電話やメールで OK ですが、メールの方が「言った言わない問題」を起こしにくいためおすすめです。

一報を入れる際は以下の文章例を参考にしてくださいね。

<参考例①>
doda
●● ●●(担当者名)様

いつもお世話になっております。
転職 花子でございます。

連絡手段について、一点ご相談がございます。
現在は在職中ということもあり、電話でのご対応が難しく、電話ができる時間帯が予測できない状況でございます。
大変恐れ入りますが、今後ご連絡なさる際は電話ではなく「メール」でお願いできれば幸いです。

お手数をおかけし誠に恐れ入りますが、今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

<参考例②>
doda
●● ●●(担当者名)様

いつもお世話になっております。
転職 花子でございます。

連絡手段について、一点ご相談がございます。

現在、在職中につき電話でのご対応が難しい状況です。

そのため大変恐れ入りますが、お電話にてご連絡いただく際は、以下の時間帯でお願いしたく存じます。

■月・火・水曜日 14:00~19:00
■木・金曜日 10:00~14:00
上記の時間帯でご対応できない可能性もございますので、その場合はメールにてお願いできれば幸いです。

お手数をおかけし誠に恐れ入りますが、今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

もしご自身がdodaに登録した直後の場合、登録直後の電話、担当者との最初の面談で、電話連絡を抑えてもらう旨を伝えておくのもおすすめです。

②希望条件をより細かく絞る

希望条件をより細かく絞ることで、求職者側が応募できる求人数も減ります。

これにより該当する求人数を抑えられ、受ける電話連絡が減る可能性もあるんです。

今の希望条件が広すぎるときは、より狭めて絞ってみてくださいね。

ただし、条件を調整しても"変更した条件に似た案件"を紹介される可能性がありますので、その点には注意してくださいね。

③dodaを退会する

担当者に要請してもダメ、希望条件を調整してもダメ、担当者変更してもダメ…。

ここまで来たら、思い切ってdodaを退会するのも手です。以下2つの方法を試してみてくださいね。

  1. dodaのWebサイトから退会する
  2. 担当者経由で退会する

④doda以外の転職エージェントを使う

doda以外にも、求人数の多い転職エージェント数多くあります。

しかも担当者によっては相性もありますから、他のサービスとも比較してみるのがオススメ。

dodaから乗り換えるならば、以下の転職エージェントも使ってみてくださいね。

サービス名求人数特徴
リクルートエージェント約100,000件
  • 業界トップクラスの求人数!
  • 転職支援実績No.1!
  • 日本全国に登録拠点を展開!
パソナキャリア約27,000件
  • オリコン顧客満足度1位!
  • 年収アップ率67.1%!
  • 営業・ITエンジニアの求人に強い!
マイナビエージェント約15,000件
  • 転職未経験者にも優しい!
  • 大手マイナビが運営!
  • IT・通信系やメーカー求人に強い!

⑤転職サイトを使う

「転職エージェントを乗り換えても、どうせまた連絡がしつこくなるんだろうな…」

こうお思いの方もいますよね。

確かにどのサービスでも「担当からの電話連絡がしつこい」との声はありますから、転職エージェントを変えてもムダ、と感じることでしょう。

その場合は転職エージェントではなく、転職サイトを使ってみましょう。

転職サイトだと利用者一人ひとりに担当者がつかず、自力で進める特性があります。もちろん電話連絡の数はグッと減ります。

リクナビNEXTエン転職など、求人数の多い転職サイトを使ってみてくださいね。

担当者変更にはほぼ意味がない…

なかには「担当者を変更すればいいのでは」と思う方もいるかもしれませんが、実はほぼ意味がありません。

というのも担当者を変更したところで、doda自体の運営・営業方針に変わりはなく、結局、電話連絡はしつこいままの可能性が高いからなんです。

「それでもイイから担当者を変更してみたい」とお思いならば、以下フォームから試してみてください。

dodaの場合は担当変更の専用フォーム

電話を無視・着信拒否しつづけるとどうなる?

人によっては「もうdodaの電話は無視したい…!」とお思いの方もいますよね。

あまりに強いストレスになれば、そう思うのも無理はない話です。

ですが無視・着信拒否しつづけてしまうと、ご自身にとって不利になってしまうんです…。

電話に出るまでかかることも…

無視や着信拒否をしつづけるると、電話に応答してもらうまでかかってくることも考えられます。

もともとdodaに登録をした時点で「この人は転職意思があるんだな」とみなされるワケですから、電話をかけてくるのは当然の話。

doda側での「なんとしても転職成功につなげる」との思いもありますから、一声入れない限りかかりつづける可能性高いです。

今後もdodaを使い続けたいなら、キチっと伝えてケリをつけるのが得策ですよ。

拒否しつづけると強制退会も…

場合によっては、強制退会のケースも考えられます。

一度でもdoda内で"問題のある人物"と見なされることで、次使いたい時にサービスを使えないことも…。

まとめ~dodaからの電話がしつこいときは冷静に対処しよう~

今回はdodaからの電話連絡について、詳しく解説してきました。

まとめると以下の通りです。

<dodaから電話がしつこくかかる原因>

  1. 条件にピッタリな求人が見つかった
  2. キツい営業ノルマを課されている
  3. 緊急・重要な連絡事項がある
  4. 求人を出した企業の意向

<dodaから電話がしつこくかかる時の対処法>

  1. 担当者に連絡頻度を減らすよう伝える
  2. 希望条件をより細かく絞る
  3. dodaを退会する
  4. doda以外の転職エージェントを使う
  5. 転職サイトを使う

なお対応の仕方によっては最悪の場合、条件の良くない求人紹介をされたり、紹介求人数が減ったりする可能性もあります。

そしてdodaが合わないと感じたときは、リクルートエージェントを中心とした他社の転職エージェント、リクナビNEXTを中心とした他社の転職サイトの利用も検討してくださいね。

ご自身にとって不利な転職活動にならないよう、まずは冷静に対処してくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

pagetop