転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 理系コンプを抱えるあなたに文系ならではの転職成功秘訣を伝授

理系コンプを抱えるあなたに文系ならではの転職成功秘訣を伝授

🕒 2019/05/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
理系コンプを抱えるあなたに文系ならではの転職成功秘訣を伝授

転職を考えている人の中では社会学、文学、経営学など文系出身の方も多いはずです。「文系の転職って理系とどう違うの?」「文系の有利、不利のところは?」など気になる方も多いのではないでしょうか。

どの業界でも選べるというのが文系の転職の特徴です。 銀行、保険の会社、メーカー、製薬会社、建設会社、好きな就職先を選ぶことができます。

実は転職の場合、専攻よりも前職の経験が重視されるのです!これから文系転職の注意点について詳しく紹介していきます。

文系の転職活動とは

文系の転職活動はイメージ通りの転職活動です。転職活動開始と同時に企業の説明会に参加していき、 エントリーシートを書き郵送、筆記の試験、あるいはWEBテストします。文系の転職では、どれだけの気持ちがあるか、人としてのマナー、会話のセンスといった、 判別しづらいものを相手に伝えます。即に戦力になることや今すぐ役立つではなく、将来性があるというように自分をアピールします。

文系、理系の大きな違いは専門的な力があるかです。文系の場合は大学で転職専用のスキルを勉強はしません。 就職して転職をする際に役立つスキルは無いのです。

文系の転職は現在ではなく未来について、会社に力を貸してしてもらうのです。

他の人に打ち勝って転職するためには、自分の未来の力、つまりポテンシャルを示す事が必要です。

文系の転職は幅広い業界を見るべき!

しかし、専門的知識がないことは文系の最大の武器なのです。専門的知識がないため、どの業界にでも行けるというのが文系の転職の特徴です。

銀行、保険の会社やメーカー、製薬の会社であっても、建設の会社だとしても、好きな転職先を選ぶことができます。その代わりに人気の企業には文系の転職活動をする人が集まり、転職の戦線は難しくなります。

製造業や生産業では定員が30名という企業が多いのですが、 そのたった30人の席を取らなければならないのです。

2017.07.21
リクナビNEXTが業界最大手で評判がいい転職サイトと言われていますが、実際にどう使うかで迷いを感じる人も多いのではないでしょうか。細かい部分は公式の説明を見ても分からないので、転職キャリアガイドで確認しておきましょう。

文系と理系の転職の違いとは!

ここでは、文系と理系が転職においての違いについてまとめていきます。

難易度

文系の転職と理系の転職の最大な違いは、 その転職の難易度にあります。 理系の場合は自分の研究と同じ企業しか志願することができないのです。 そのため1つの企業での推薦を持っていって即内定、そうでない場合でも1つの仕事で何社か受ければ、 いくつかの内定をもらえます。

文系の場合は、研究の内容は就活にはそこまで使えないため、さまざまな業界で体験して自分に向いている業界を探さないといけないのです。

理系が数社にエントリーシートを提出し内定をもらう間、文系は何十社も、エントリーシートを提出しないといけないのです。

アプローチ方法

また文系の転職と理系の転職では、アピールすることが違います。

文系は自分の未来の力をアピールするために、人格をアピールします。

理系は専門をどれくらい出来るのかをアピールするのです。

文系の研究は仕事には直結しなく、理系の研究は仕事に直結してしまいます。

理系はエントリーシートに書く内容が決まっていて、自分の研究について書けばいい、 文系の場合は仕事ごと、会社ごとに書く内容を考えます。

理系は研究という力がありますが、文系には曖昧なものという広く判別しづらい力しかないためです。

文系の場合は、会話能力をみるためにグループディスカッションをしますが、 理系の場合はそれほどありません。

最初から1:1の面接、あるいはグループの面接からのスタートです。

そもそも理系は文系に比べて人口が少ないので、転職でライバルとなるのは同じ研究をしている転職活動の人だけです。

社会人3年目から転職難易度はエベレスト級!

社会人の経験が短い第二新卒の方は自分の経験が浅いことによるスキル不足や現在の職場での働きのスタンスから転職が難しいと考えている人が多いのではないでしょうか。実は違うのです。

転職しやすいのは第二新卒のうち

会社に慣れはじめしまい、責任のある仕事が任されるようになってきた社会人の経験3年以上の方は様々な点で転職が難しいと言わざるを得ません。

決断が与える力の影響が増してくる20代の前半の頃は仕事のことだけでなく、自分のことだけを考えて転職をすることができました。

しかし社会人の経験が3年以上ともなると結婚や子育てなどプライベートが変化していきます。

すると自分だけではなく家族のことも考えなくてはならず、絶対に失敗を出来ないというプレッシャーがかかってきます。転職をした方がいいのか、しない方がいいのかの決断が未来に与えるインパクトが増してきます。

待遇面と仕事内容のバランスどのような転職をするのかにもよりますが、上がった年収分以上に仕事のハードさが増しているというケースが少なくないようです。

そのような状況での仕事が過酷になっても周囲に助けてくれる仲間がいればずいぶんと仕事はやりやすくなると思います。しかし職場に途中から入るということでなかなか助けてくれる仲間に巡り会えず一人で抱え込んでしまうことになってしまいます。

そのことから転職先での仕事がより一層ハードに感じてしまうということもあるようです。このように新卒の就職と転職では転職の方が難易度が増してくる理由と、社会人経験が3年以内と3年以上では転職の際に感じる大変さに変化が生じるということがよくわかったと思います。

doda|文系におすすめ転職エージェントNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

実を言うとこれらの述べた内容は一部の要因でしかありません。本来、誰しも可能性があり転職できるチャンスは有ります。

それを掴むにはあなたが動けるかどうかなのです。この記事があなたの転職活動に少しでも役に立てばそれほどの幸せは無いと思います。

ぜひ諦めず転職が出来ることを祈ります。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社への転勤を考えてみましょう
皆さん、マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社をご存知でしょうか。また、この会社についてどのく…
4回転職した筆者が教える正しい転職エージェントの選び方
軽い気持ちで転職エージェントを選んでいませんか?何を基準に選べばいいのかで迷っていませんか?このペ…
リクナビNEXTがイチオシ!大手上場企業に転職しよう
転職するなら、大手・上場企業がいいと思いません。大手ってだけで何か憧れますね。このページでは、大手…
もう受からないことはない!成功する転職方法
転職活動をしているけどなかなか受からないそういった方には何が足りないのか、自分では一生懸命やってい…
pagetop