転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 転職活動のプレッシャーに襲われてるあなたへストレス解消法

転職活動のプレッシャーに襲われてるあなたへストレス解消法

🕒 2019/06/21
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動のプレッシャーに襲われてるあなたへストレス解消法

転職を成し遂げるためにはプレッシャーと向き合わなければなりません。

しかしプレッシャーを長く感じてしまうと、緊張状態が続きストレスの原因となり精神的負担が増えます。

負担が大きくなればなるほどプレッシャーは大きくなり自分が追い込まれてしまいます。

そうなると転職活動にも悪影響を及ぼしかねません。

ここではそんな転職活動でプレッシャーがかかっている人へストレスの解消法をいくつか紹介していきます。

転職活動のプレッシャー原因を探る

まず最初に転職活動のストレスの解消を考えるときは自分が今いる状況を客観的にみて何が原因となっているのかを探りましょう。

原因が分かることによって心の中が少なからずスッキリしてくれるのと同時にストレス解消法の具体的な対策を考えることが出来ます。

ここでいくつか転職活動中に多いストレスをランキングで紹介します。

ストレスランキング

1位 不採用通知による落ち込み

2位 情報収集や書類作成に十分な時間が充てられない

3位 現職の仕事がうまく調整できずに面接の日程が決まらない

4位 予想外の出費でお金がない

5位 周囲に隠して転職活動する一苦労

ストレス解消に効果的な対策を考えるためにまずはプレッシャーの原因を明確にしましょう。

ストレスの解消法

ここから具体的なストレス解消法です。

1.転職活動だけに頭を切り替える

人間はタスクが増えれば増えるほどストレスが大きくなります。

転職活動は人生の中でも上位にくるほどの大きなイベントです。

そのため、この期間中は結婚などの他の大きなイベントは避けるべきです。

スケジュールを過密にしすぎずると、ストレスの適度なスケジュールを組みましょう。

2.頭を使わない時間を作る

人間の脳の認知能力は常に高い水準をキープしているわけではありません。

特に転職活動中は自分の人生を見つめ直したり、これからのライフプランを考えたりして脳を酷使する時間が圧倒的に多くなります。

科学的にも脳の酷使をしすぎると、論理的思考能力が低下することが証明されています。

ゆえに脳を酷使しすぎることは転職活動中に大きな支障をもたらし、面接での受け答えにも影響を及ぼしてしまいます。

そこで、頭を使わない時間が必要となります。

例えば、

  • 趣味を嗜む
  • テレビ番組を見る
  • 1日なにもしない日を作る
  • など。

    このような作業は脳を休めるのに最適です。

    3.運動をして汗を流す

    運動をすることによって精神的な疲労が軽減されると言われています。

    日頃運動しない方でも普段歩く道を少し遠回りしてみたりしましょう。

    運動後の汗をシャワーで流すことはとても爽快な気分になり気分転換にもつながります。

    転職後のストレスの予防策

    せっかく転職できたとおもっても、次は新しい環境で働き始めるため当然転職活動中と同様にストレスが大きくなってしまいます。

    もちろん新しい環境になったことによって高いモチベーションになる方もいると思います。

    ここでは転職後にも不安な気持ちを抱いている方にむけてその予防策を紹介していきます。

    前職と比較をしない

    転職直後の慣れない環境下では前の職場の方がよかったと考えてしまいがちですが、そこで考えても前の職場に戻れるわけではありません。

    過去のことを振り返るよりもまずは今与えられた仕事に成果を出すことを考えましょう。

    成果をだすことによって環境は変わってきます。

    職場での人間関係を良好にする

    職場の人と良好な関係を築けるかどうかは、転職先の職場での働きやすさ、居心地のよさの点でとても重要な役割を担います。

    同じ職場で仲のいい人を作ることができれば、仕事についてわからないことや、個人的な相談もできるので転職先でプレッシャーがとても軽減されます。

    人見知り積極的なコミュニケーションが苦手という方はまず新しい職場先の座席表で名前を覚え、挨拶をする際、名前と顔が一致する様に努力しましょう。

    顔なじみを増やすことができれば自然と距離感は縮まっていきます。

    プラス思考になる

    転職先で自分がプレッシャーを感じとったら、マイナスに捉えずにプラス思考で考えましょう。

    自分の気持の持ちようでプレッシャーは仕事に対する意欲を高める発奮剤にもなれば、精神的負担の原因となって仕事にマイナスの影響を及ぼすものにもなります。

    プラス思考で考えることは最初の慣れないうちは大変かもしれませんが、プラス思考を習慣づけることが出来れば自然と物事に対する考え方が変わり、重圧感が減り心が軽い状態で仕事に挑めます。

    まとめ

    プレッシャーに対するストレス解消法はいかかでしたでしょうか。

    プレッシャーは自分の向き合い方次第でメリットとして得ることができる一方、間違った対処をするとデメリットとなり重圧感や誠意心的な疲労に繋がります。

    疲労が溜まりすぎると、心の余裕がなくなりプレッシャーを感じやすくなってしまいます

    そんな方のストレス解消法として参考にしていただければ幸いです。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    転職エージェントの言いなりは危険!ノルマの存在を理解しよう
    転職サイトのエージェントはどうして対応の仕方にムラがあるのか?転職エージェントに課せられているノル…
    退職代行の評判は良いのか
    最近メディアに取り上げられ始め、注目を浴びている退職代行サービスですが、果たして退職代行の評判は良…
    転職して出戻り社員として働くことは可能?
    最近一度転職した会社に再び戻るという「出戻り社員」が増えてきています。そのような再雇用の実情はどの…
    未経験でプログラマに転職するってぶっちゃけどう?
    プログラマはよく残業が多いとネガティブなニュースが目に付く職種ですが、実は会社によって働く環境が非…
    pagetop