転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職サイト > 転職サイトに書かれている年収は嘘?実態を知る方法とは

転職サイトに書かれている年収は嘘?実態を知る方法とは

🕒 2019/07/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職サイトに書かれている年収の実態とは?

皆さんは転職を考えようと思った時まず何をしますか?

まずは無料で使える転職サイトを利用して今の会社よりいい待遇や

給料を期待して転職先を探しますよね。

今の会社に満足してないため他の企業がいい風に見えることもあるでしょう。

しかし安易に転職サイトだけで転職先を決めることは良いこととは言えません。

転職サイトに隠されている嘘に騙されないように良い会社を見つけなければ、

転職してからもまた不満が募ってしまうでしょう。

そこでどこに嘘が隠されているか具体的に見ていきましょう。

年収例は参考にならない

転職サイトによく書いてある年収例ですがあまり参考にしないほうが転職が成功するでしょう。

もしくは転職した後に後悔しないでしょう。

あくまで年収例であるので良いものが書かれている場合が多いです。

その会社に入っても実際にそれだけの給料が貰えることは少ないでしょう。

一番気になってしまう給料を正確に知りたいのであれば最低賃金といった表記を参考にするべきでしょう。

実際にもらえる最低ラインを確認しておくことによってトラブルを回避することができます。

しかし転職サイトや企業がなぜ年収例が曖昧なのにも関わらず載せているのでしょうか。

その理由は曖昧であっても例を示していることによって

見ている側が現在の就職先と簡単に比べることが可能だからです。

多少の誤差はあったとしても比較できることはとても重要であるということになります。

実際は年収について嘘をついてるわけではなく、含みを持たせているため

実際に想像していた給料とちがうということが起こってしまうということでしょう。

あくまで年収例は例として割りきることが必要といえます。

年収の仕組み

年収とは1年間に得られる収入ということですが

その内訳は大体の場合毎月の給与、一律の手当、残業代、その他の手当が含まれています。

ここにボーナスが含まれてくる訳ですが、

転職サイトは年収欄に細かな規定は設けていないため、

会社によって年収の書き方が曖昧になっていることが多いです。

また年収は月収に分けることができますが、その中でも月給というものに分けることができ

月給は1ヶ月に決まった形で配当される賃金となっていて、基本給ということができます。

よってここにはボーナスなどは含まれていません。

また残業手当なども含まれません。

また転職サイトに書かれている給与例は手取りの金額ではなく、額面である金額であることがほとんどです。

実際に手取りと書かれていれば別ですが、一般的には給与例から社会保障費や税金などが引かれることがほとんどです。

年収は最も気になることの1つですので気にする部分や問題が起こりやすい部分になってきます。

よく確認し質問などした上で転職先を決定しましょう。

転職サイトは嘘が多い!?

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

転職サイトでは嘘というよりも誤解を招くような表現や曖昧な表現が多く使われてしまっています。

その理由は転職サイトは企業の求人の広告を出して利益を出しているため、

企業の不利なことは載せないようにしているのが当たり前のことです。

例えば実際の企業で働いている従業員が有休をとりにくい環境にあったとしても

有休がとれないことなんて求人広告に書くことはありません。

そんなことを書くよりも人の目を引いて転職に興味を持ってもらった方が

転職サイトにお金を払っている意味があると言えます。

転職サイトの運営企業は転職した実績が大切になってきますのであまり企業の実態を意識せず

広告の書き方を相手が良い捉え方をするように書こうと努めるはずです。

曖昧な書き方が多く見られるところでは

質問が直接できる面接時などに質問できるようにまとめておいた方がいいでしょう。

嘘ではないにしても勘違いしてしまっていては同じことです。

気になっていることは転職エージェントに登録して、実際にキャリアアドバイザーと対面で聞いたほうが年収など正確な情報を教えてくれるでしょう。

企業の本音とは

企業は即戦力を求めていることが転職に関しては多いと言えます。

なるべく低い賃金で人を雇用したいというのが企業の本音です。

そんななかで年収が高い転職を望むのであれば企業の売り上げに直結するような仕事を

探すことが近道ということができます。

営業系は成功報酬という形で自分の力量によって報酬が決定するため自分のコミュニケーション力や

営業力に自信があるという方にはもってこいということができます。

また企画開発や経営戦略などは企業の利益にしてくるため給与が高めということができます。

一方で技術系は格差が激しく多くの場合はあまり給与が高くないようです。

最近ではベンチャー企業や中小企業に注目が集まっていることもあり、

自分のキャリアの為だけでなく、大企業よりも競争相手が少ないことによって

高い役職に就くことによって高い給与を受け取れる可能性も考えられます。

転職サイトでは大企業ばかりではなく中小企業の求人も数多く存在しているのでよく調べていくことが大切です。

転職するのであれば年収を高くしていきたいのは当たり前のことです。

転職先が昇進しやすい企業かまた現在の役職についている人の年齢なども見ることができれば

そこから自分がどのくらい昇進していくことが可能なのかも大まかに感じ取ることができるでしょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職経験者が教える転職エージェントを使わずに直接応募するメリットとデメリット
転職活動をする人のほとんどは転職サイトや転職エージェント経由で企業に応募しますが、中には敢えて企業…
第二新卒のキャリアアップに役立つおすすめ転職エージェント厳選
このページでは「新卒一年目が転職してもいいのか?」「転職しても成功するのか?」という疑問に、第二新…
人事担当者が教えるクールビズで転職面接に行ってはいけない本当の理由
「ノージャケット」「ノーネクタイ」「半袖シャツ」などのクールビズは最近推奨されていますね。しかし転…
転職エージェントに営業職ばかり紹介される時の対処法
転職しようと考えた時、転職エージェントに相談したが営業職ばかり紹介される。自分がやりたい職種は営業…
pagetop