転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 【元コンサルタントの本音】転職エージェントにお礼のメールは必要?

【元コンサルタントの本音】転職エージェントにお礼のメールは必要?

🕒 2018/01/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
【元コンサルタントの本音】転職エージェントにお礼のメールは必要?

転職活動を支えてくれた担当者にお礼は必要なのか。これは転職活動でエージェントにお世話になった方なら誰しも思ったことがあるのではないでしょうか。今の私があるのはエージェントが支えてくれたおかげ、という人には感謝の気持ちを伝えるか悩むものです。

今回は転職エージェントにとって転職者からのお礼はあったほうがいいかについて伝えていきます

はじめに

「転職活動(または就職活動)終わった!」とウキウキになる内定者。就職活動・転職活動が終わってからすることといえば、企業への連絡ですよね。メール、電話に関わらず、内定をいただいたが志望度の低い企業には内定辞退の連絡をするのが普通です。また、就職先の企業にもお礼の連絡をするのが普通です。

では、転職サイトを利用して尚且つエージェントにもお世話になった人は、その担当者にもお礼をするべきか?

転職エージェントにとって、担当になった人からのお礼の電話やメールは必要なのか、次の記事から記していきたいと思います。

転職エージェントにお礼の言葉を送るか送らないか

転職エージェントは、仕事柄から多くの転職者の面倒を見て、その人の転職支援を行っています。その転職エージェントにお礼は必要なのでしょうか。

ある転職エージェントが言うには、「自分が担当になった転職者から転職成功のお話を言ってもらったり、そのことの感謝をされるのは嬉しいです。そのおかげで仕事へのモチベーションも上がりますし、今後の転職支援にも活かせることを学べるので大変ありがたいです。」とのことです。エージェントも感謝をされれば、今の仕事をしていて良かった、と思えますね。

上記のことから、転職エージェントにとって転職支援は自分のお仕事ですので、特にお礼が必要というわけではないようです。ただ、エージェントも人間ですので、感謝されるとやはり嬉しいようですね。

したがって、感謝の言葉を送るか送らないかはあなたの気持ち次第ということでしょう。どうしても送らないと気が狂ってしまう、という人はぜひ送ってください。

何度も言いますが、転職エージェントにとって転職活動をサポートすることはお仕事ですので、お礼などのお気遣いは不要です。

もしお礼をするなら電話やメールを

以下の文章は、お世話になった転職エージェントにどうしてもお礼がしたい、と思う人に向けた記事です。

もし、感謝の気持ちを伝えたいなら、電話かメールをオススメします。

エージェントのところに直接出向いてお礼を言いたいんだ、という人もいると思いますが、転職をすれば今まで働いていた職場の担当の引継ぎや退職手続き、または挨拶など、やることがたくさん待っています。自分が思っているよりも忙しい時期ですので、時間が取れないこともあるでしょう。

さらに、入社手続きや新しい職場に向けてしなければならない準備もありますので、「また今度にしよう」となる人も多くいます。

そうなるよりは、比較的少しの時間で済ますことができる電話やメールで感謝の言葉を伝えたほうがいいと思います。

転職後にエージェントに連絡

転職エージェントにとって、自分が担当した人から感謝の気持ちなどの連絡が来ると嬉しい、モチベーションがあがる、などのことを述べてきました。この他にもエージェントが喜ぶことがあります。

それは、転職をして一定時間が経った後に新しい職場の雰囲気や担当の人の状況、具体的には与えられた仕事や役割などを伝えられることです。

エージェント自身が関わった人が新しい環境で結果が出ていることを聞けるのは嬉しいものです。

エージェントにとってもそのような話を聞くことによって、今後の転職支援の仕事に活かせるものを獲得することができるからです。

もちろん、このような連絡は必須ではありませんが、エージェントの中でも特にあなたの担当者であった人にとっては、転職先に満足していることを聞ければ安心するのではないでしょうか?

また、もし転職先に不満があるようでしたら、転職エージェントは入社後のアフターケアを行っているところがほとんどですので、相談することが可能ですし、もう一度転職をしたい、と思う人にはサポートもしてくれます。

このように、転職活動は転職が終わればすべて終了、というわけにはいかないので、エージェントとの継続的な連絡を取ることをオススメします。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

転職活動が終わった後の報告について記していきました。少しでも役に立つ情報をお伝えできているなら幸いです。

転職活動を終えたらそれで終了、ではないということがわかりましたね。転職エージェントにお礼は不要、とエージェント自身もおっしゃっていましたが、やはり感謝の言葉を伝えておいて損はないようです。

再び転職活動をすることになって、同じ転職エージェントにお世話になりたい、と思っても連絡を長い間取っていないことが原因で「気まずい」といった感情が邪魔してくるのは嫌ですよね。

そうならないためにも感謝のメールや相談などをして良好な関係の構築をするのは良いことだと思います。エージェントも頼りにされると嬉しいと思いますので、ぜひとも利用してください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

学歴で悩んでいるあなたへの転職アドバイス
「転職って学歴関係あるのかな」など悩みをお持ちなのではないでしょうか。そんな疑問に対する解説や、転…
転職で総合職と一般職の違いとは?本当はもう時代遅れ?
就職や転職活動で企業の募集要項を見ると、「総合職 月給○○万円、一般職 月給○○万円」というように…
貰えるものは貰うべき!転職が決まったら再就職手当かお祝い金を受け取ろう
転新しい会社にいつでも入社できる状態で今の会社を辞めるのが理想ですよね。空白期間がゼロで何も損はし…
会社勤めに向いていない?人生を楽しく出来る方法をご紹介
自分は会社で働くことに向いていないではないか?社会不適合者だと思っている方は多くいます。しかし、な…
pagetop