転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 転職すると年収が下がるのは本当?転職の実態を知ろう

転職すると年収が下がるのは本当?転職の実態を知ろう

🕒 2019/05/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職すると年収が下がるのは本当?転職の実態を知ろう
転職すると、年収が下がるのではないかと不安ですよね。実際はどうなのか?年収が下がっても転職をすべきなのか?そんなあなたの悩みや不安を解消します。

転職すると年収は下がるのか?

せっかく転職したのに、前職よりも年収が下がるのは嫌ですよね。

しかし日本では「転職すれば年収は下がる」という考え方が一般的です。

このような考えが定着しているのは、日本の企業が昔から終身雇用制・年功序列制を取っているからだと思われます。

それでは、年収が下がる実際のケースをいくつか見ていきましょう。

まずは、異業種間で転職する場合です。この場合、転職した新しい職業が未経験ということになります。

そのため、0からのキャリアなので収入は大幅に下がってしまう可能性が高いでしょう。

特に金融系からメーカーや事業所に転職する場合、または外資系企業から日本企業に転職する場合、年収の下がり幅は非常に激しいです。

さらに、年収の昇降は年齢によっても変わります。

年齢が高ければ高いほど年収はアップします。

しかし、転職後に収入が前職より10%以上アップしたとしても、数年後には下がっていく可能性もあります。

つまり、転職時の年齢があまりにも高すぎると、転職2年後に年収が10%以上下がってしまう人も多数いるわけです。

ということは、最初は下がってしまうかもしれませんが、転職するなら若いうちのほうがいいでしょう。

つまり、転職をしたら、年収は必ずしも下がるというわけではないということです。

年収が上がる場合とは?

転職をしても年収が逆に上がる場合も実はあります。

たしかに人手不足になると賃金は上がりますが、その上昇率は雀の涙ほどです。

実際に給料が上がったという実感はほとんど得られないでしょう。

最も一般的なケースでいえば、日本企業から外資系企業に転職する場合です。

日本の大手企業で働くと、安定した給料がもらえます。その一方、実績を上げともも、給与テーブルの範囲内でしか報酬に反映させることができません。

他の社員よりも能力も高くて、実績もよくても、給与にはつながらないのです。

外資系企業に転職すると、そんな給与体系から脱出できることがあります。

外資系企業ではほとんど年功序列制ではなく、実力主義であることが多く、実績や能力によって給料が変わっていきます。

日本企業から外資系企業に転職した場合、年収が下がるケースは少ないでしょう。

年収が下がっても転職をすべき理由

年収が下がってしまうから転職するのはやめようと思わないでください。

転職を目指し、この記事を読んでいる方の中で、年収が低いからということを転職理由にしていない方もいらっしゃるはずです。

というのは、年収だけが転職理由ではありません。

スキルアップのため

年収が下がっても転職するべき理由の1つ目は、自身のスキルアップのためです。

今の職場では得られないような経験やスキルを新しい職場で得ることができます。

また、今の会社の授業員より優秀なメンバーに囲まれて仕事をすることが、自分の成長につなげることができるはずです。

数年後、数十年後の収入をあげたいと将来を見据えている方は、今の収入よりも、自分のスキルアップや成長を優先させるべきです。

仕事以外の時間を作るため

2つめは、仕事以外の時間を優先させるためです。

今の仕事の残業時間が多すぎるから転職を考えている人は多数います

そんな方にとって、自己投資が非常に難しいと思われます。自己投資というのは、語学の習得、資格の取得などの習い事、読書や釣りなどの趣味など様々あげられますでしょう。

人生は仕事だけではありません。

仕事以外の時間を充実させて自分の視野を広げるのも素敵なのではないでしょうか。

最近では「ライフ・ワーク・バランス」という言葉が注目されています

子供を養うために働いているのに、子供と顔を合わせる時間が少ないと元も子もないですよね。

お子さんとの時間を大事にしてください。

親との思い出は、大人になったときにも大きな影響を与えています。そのため成長していく過程で最も大事な時期なのです。

ですから、多少給料が減ってもお子さんとの時間を確保すべきです。

新しい環境に飛び込むため

3つめは、新しい環境に飛び込むためです。

人間関係に悩んで転職をお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は転職してから、心を切り替えて新たなスタートを切ることで、心機一転して新しい人間関係を築くことができるはずです。

新しい人間関係を築くのは疲れることもあるかもしれませんが、自分の人生に彩りを与えてくれることもあるでしょう。

このように、転職をすることで、年収が大幅にアップする人もいれば下がってしまう人もいます。

しかし今の年収にばかりとらわれないでください。

転職をプラスに考え、積極的に動けば、自分の人生がより豊かなものになるはずです。

そして長い目で見れば、それが人間として成長していけるチャンスでもあります

年収が下がっても是非、勇気を出して転職に踏み切ってみてください。

年収が下がるのを防ぐためには?年収アップ率No.1『ビズリーチ』

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

どうしても年収の下がらない転職もしたいのであれば、転職エージェントに頼るという方法があります。

プロのコンサルタントに要望をリクエストすれば、100%今より年収やポジションが高い求人案件を紹介してくれます。

また、求人の紹介だけでなく、選考をどうすれば突破できるのかを教えてくれるし、企業にあなたをすすめてくれます。

転職エージェントの中でも、特に高年収、ハイキャリア向けの「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」がおすすめです。ぜひ登録面談を申し込んでみて、「どうすれば年収・キャリアをダウンさせずに転職できるのか」をコンサルタントに聞いてみることをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職エージェントと相性が合わないならフェードアウトしよう
今転職をサポートしてくれている転職エージェントは相性が悪い、希望と違う企業を紹介してくるとなった場…
学歴フィルターは実在する?転職市場のリアル
転職する時に、自分の学歴が気になりますね。国立と私立、大卒と大学中退や高卒でどれぐらいの差があるの…
転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方
転職エージェントの基本知識、口コミ体験談で見るメリットやデメリット、ビジネスの仕組み、業界職種年齢…
転職すると年収が下がるのは本当?転職の実態を知ろう
転職すると、年収が下がるのではないかと不安ですよね。実際はどうなのか?年収が下がっても転職をすべき…
pagetop