転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 全然違う!?日本と海外の転職エージェントの仕組み

全然違う!?日本と海外の転職エージェントの仕組み

🕒 2018/01/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
全然違う!?日本と海外の転職エージェントの仕組み

皆さんは海外で仕事をしてみたいと思ったことはあるでしょうか。そして海外の会社や企業にどんなイメージを持っているでしょうか。

日本の考え方とは異なった考え方で仕事が行われていることはご存知でしょうか。転職に対する意識そのものが日本と海外では異なります。

ではなぜ考え方が異なるのでしょうか。どちらの考え方の方が良いのか、またこれから日本の転職に関する考え方はどうなっていくのでしょうか。

転職先を紹介してくれる転職エージェントの違いを見てこれからの転職について考えていきます。

転職についての考え方

そもそも皆さんは転職についてどういったイメージを持っていますか?1,2回は転職してもいいけど転職しすぎていると企業にあまりいい印象を持たれないのではないか。

転職せずに1つの会社にいたほうが安定しているから終身雇用でそのまま定年まで同じ企業で働いている方がいいと考える方もいるでしょう。

しかし海外の考え方はそういった考え方ではありません。自分の将来のことを考えていくつかの企業で様々なことを経験しながら転職していくことが一般的になっています。実力主義でいつリストラされるかわからないようなシビアな世界になっています。

考え方を変えていかなくてはならない

日本人はよく勤勉だとかよく働くと言ったことがテレビなどで言われます。そういった働き方は効率が良いのでしょうかまた結果が伴っていると言えるのでしょうか。

日本の転職エージェントは多くの場合、転職エージェントと関係を結んでいる企業が紹介されて自分に合っているか選んでいくスタイルです。

しかし海外ではヘッドハンティングなども盛んに行なわれていて、その人物自身の人脈を見て転職を進めてくることもあります。こういった考え方の違いを認識しながら転職を意識するとグローバル化してきている社会にマッチしていけるといえます。

キャリアアップをしなければならない

これからの時代は寿命が伸びていくことが予測されるため、定年の幅が広がるもしくは働けるうちに多く稼ぐということが必要になってきます。

またバブルが崩壊して大企業に就職しても安心できないという点の2つが終身雇用が崩壊してきた大きな要因です。

ではどうしていけば良いのでしょうか。1つ目は結婚している場合は2人も働いて収入源を増やすという手があります。しかし子育てと仕事を両立していくのはなかなか困難であり、日本でも今解決しなければならない問題の1つと言えるでしょう。

そういった中で自分のできることが多く色々なところに収入源があったらどうでしょうか。1つのところから給料をもらうよりも効率が良いのは明らかです。日本政府も副業についての法律を変更しましたし、副業を認める企業も増えてきました。そういった考え方が2つ目です。

キャリアアップをするには

1つの企業で仕事をしていてもどうしても考え方が偏ってしまったり人脈が増える余地がありません。

つまり転職をすることに経験を積むことによって自分のできることを増やしていき、型にはまらずに仕事をしたほうが収入を増やすことができるということです。

日本でも優秀な人はいくつかのの代表を勤めていたり、人脈を広く持っています。そういった人に慣れるように活動することがキャリアアップにつながります。

海外での転職を考えている方に

海外では転職を考えている方は現地の転職エージェントに登録するのもとてもいいと言えますが、国内の転職エージェントにも外資系に強かったり、海外案件を多く持っている転職エージェントが存在します。

海外へ転職する際に利用すべき転職エージェント

外資系転職に強くハイキャリアな求人が揃っているため海外での転職を考えているひとには是非利用を検討してもらいたい転職エージェントと言えます。

また大手の転職エージェントはやはり海外の求人案件も持っており、登録しておいてもいいでしょう。

『JACリクルートメント』を始めとする外資系に強い転職エージェントの詳しいサービス内容と口コミ評判

実際に海外の拠点ごとに強い転職エージェントも存在し、もし働きたい国が決まっているのであればそういった転職エージェントを利用することも検討してみましょう。世界中にコネクションを持っている転職エージェントやコンサルタントが全員バイリンガルといったところも存在します。

海外でいくつかの転職方法

海外での転職方法はいくつか存在します。SNSをつかった転職やヘッドハンティングなど日本ではあまり見られないような転職方法も盛んに行われています。

転職サイトで自分から企業に直接コンタクトをとってみるのも良いでしょう。

しかし国内で働いている方におすすめなのは転職エージェントです。

その理由は転職が成功してその後働いていった場合、海外では何年かごとに転職することがキャリアアップのためには一般的になっています。

そういったまた転職する機会がきた時に転職を相談できる相手が多いほうがいいといえるでしょう。実際に働くと人脈も広がっていくと思いますがそのコネで転職できない場合も当然ながら出てきます。

そういった時のために転職エージェントを上手く利用して将来のことを考えながら働いていきましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

type転職エージェントの社内SEの求人を徹底的に調べてみた
転職市場が拡大していて転職を考える人が増えている。今回はtype転職エージェントの社内SEについて紹介し…
「製造業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『製造業界の転職事情』『製造業界に強い転職…
学歴がなくても転職しやすい職種・利用すべき転職エージェントまとめ

求人でよく見る「学歴不問」って本当なの?

学歴を気にしている転職者必見!

未経験可能…

9サイトを試してわかった転職に使える適職診断・自己分析ツール4選
このページでは、診断ツールの使い方を含めて、各社が提供しているツールを9個も試したモニターが本当に…
pagetop