転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > バイリンガルにとって自分に合った転職エージェントサイトとは?

バイリンガルにとって自分に合った転職エージェントサイトとは?

🕒 2018/02/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
バイリンガルにとって自分に合った転職エージェントサイトとは?

バイリンガルの一人ひとりに合った転職エージェントを正しく見つける方法があります。適当に転職サイトを選ぶと無駄な時間を使うことになります。そのようなことにならないために正確に転職エージェントを探すことが重要です。

数々ある転職エージェントのなかからバイリンガルはどのようにして正しく選択できるのか?

人手不足の問題意識が強まっている日本では海外の留学生を採用する行動が強まっています。その中にはもちろん日本語を母国語とし、2つ以上の外国語を話せるバイリンガルも日本企業にとっては喉から手が出るほど欲しい人材です。

今後海外展開に事業を拡大する計画を建てている企業はそういった人材を求めています。バイリンガルにとっては売り手市場の日本国内で就職することはとてもうまい話です。

今はインターネットが発展し、誰でもインターネットで自分の関心を持っていることについて検索できる時代になりました。

日本国内で就職しようと考えているバイリンガルも同じようにインターネットを活用しながら転職エージェントを探しています。

しかし、インターネットから転職エージェントサイトを探すのは良いが数々のサイトから適当に見つけて会員登録をしていませんか?自分の条件と合っていないサイトで時間を潰すのはもったいないです。

一回で自分の要求と合ったサイトを見つけることをココでお伝えしたいと思います。

ただ単に会社内で英語を使う職場で働きたいう曖昧な考え方ではなく、どういった会社でどういった英語を使う仕事をしていきたいのかを考える必要があります。サイトの中では沢山の転職サイトがあると言ってもそれぞれの会社には特徴があります。

日本語と英語を話せる人材を企業は求めていると言っても一般で言うコミュニケーションの英会話か、それともアメリカンジョークをかわせるまでのレベルを持つビジネス英語を話せる人なのか、どの人材を求めたいのかは企業それぞれ違います。

また、バイリンガルの転職サイトと言うと大半の人は海外で二年以上留学している帰国子女や、海外の大学から卒業をして来た日本人のことだと皆さんは思っているかもしれません。

実際のところどの年齢層であっても多重言語を話せる人であれば転職エージェントに申込むことができます。

バイリンガルの対象が幅広くなったことで転職エージェントに登録している企業は今後採用する人材に対して様々な条件を出しています。企業の条件によっては語学以外に能力を求めていたり、一般職ではなく管理職を募集しているようなこともたくさんあります。

管理職と言えば一人の人材に対して年収800万円以上出す企業があるということです。ビジネス英語というよりコミュニケーションの英語なら話せることができるという方には百貨店にある売り場で訪日外国人と英語で接客サービスを行ったりすることができます。

ビジネス英語に特化している方は、自分の能力に合わせて企業を選ぶことが良いです。そうすることで実際に働いた後に思ったこととは違うと感じやすくならなくなります。

バイリンガルを必要としている場所は都会だけではない

2つ以上の言語を話せるバイリンガルは東京のような都会のみで重視されていると考えている人が多いと思います。

確かにドラマや記事を見てみるとバイリンガルを必要とする場所といえば都会だと固定概念が生まれるのは当然のように見えます。

しかし、実際のところ日本国内の過疎地域や地方でもバイリンガルを欲しがっている人は沢山います。そのような需要が拡大したのは訪日外国人の増加の恩恵で東京以外の地域へ観光するようになったことです。

ほとんどのバイリンガルは東京などの都会で就職したいと考えています。しかし、日本の中でバイリンガルは少ないが必ずしも全ての人が採用されるとは限りません。TOEICスコアが700点以上の人を採用したいと考えている企業やTOEICスコアが900点以上もしくは満点をターゲットに採用を図っている企業もたくさんあります。

たとえTOIECで高い点数を取れたとしても優秀なバイリンガルが集まり易い都会では英語試験の点数が高いだけでは魅力に感じ取れない企業もあります。

外国語を話せるバイリンガルが要るのにもかかわらず都会で転職に困っている人がいます。このようにせっかく外国語を話せる力があるのに企業が見てくれず人材が埋まっていくのは非常にもったいないです。

バイリンガルが都会から地方に目を移ることによって思いもよらない良い転職がたくさんあります。バイリンガルが転職エージェントを選ぶ際はどの分野に特化した転職サイトであるのかを十分に注意しないといけません。

自分に合った転職エージェントを選べ!

転職エージェントはたくさんある中で有力の転職サイトを2つご紹介します。

一つ目はビズリーチです。このサイトは年収1000万円以上を目指すバイリンガルにオススメです。マネジメントクラス(中間、上級管理職)の他、流暢な英語を話せる人材を求めているサイトです。

二つ目はリクルートエージェントです。TOEIC600点からでも十分にバイリンガルのコン人に会った好きな業界で転職が豊富なサイトです。このようにバイリンガルが転職エージェントを選択する際は転職サイトの特徴を事前に把握することが自分に合った転職場所を選ぶことができます。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

アメリカやカナダで働きたいあなたへ海外転職のアドバイス
北米への海外転職について、必要な基礎知識からビザの取得難易度、役立つ転職エージェントまで一挙に解説…
英語力皆無でも外資系企業に転職できる?
「憧れの外資系企業に転職するにはやっぱり英語力がないと無理なのかな?」「どのくらいの英語力があれば…
英語が出来れば転職しやすい?グローバル企業が求める人材とは
日本企業の世界進出が急増する中で、英語力は転職において大きな武器になるのでしょうか。グローバル人材…
会計事務所で働きながら勉強できるの?両立させる方法をご紹介
儲かる職業の一つ、公認会計士への近道とは?!公認会計士ってどれくらいの勉強が必要なの?・働きながら…
pagetop