転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 役立つ資格 > 医療・介護・福祉系 > 管理栄養士から転職したい?資格や知識を活かした転職先とは

管理栄養士から転職したい?資格や知識を活かした転職先とは

🕒 2019/04/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
管理栄養士から転職したい!資格や知識を活かした転職先とは?

管理栄養士は厚生労働省の許可を得た国家資格が必要な職業です。「取得が困難である分、せっかくだから資格を活かした転職がしたい。」と思っているかもしれません。

しかし何にどう転職すればいいか分からないですよね。そんな方のために管理栄養士からの転職のポイントを解説します!

管理栄養士の転職理由

管理栄養士は女性に人気の資格の1つです。

国家資格とあって難易度が高い分、様々な職業で役立ちます。

しかし管理栄養士の待遇はそんなに良くないということが多く、転職したいと考えている人は多くいます。

管理栄養士だった人が辞めたいと思う具体的な転職理由はどんなものがあるのでしょうか。

体力的に辛い

1つ目は、意外と肉体労働だということです。

職場は医療現場だったり、学校だったり、福祉施設だったりと様々です。

しかしいずれも立ちっぱなしであることが多く、なんと10時間も立ちっぱなしであることもあるのです。

女性にはキツいですよね。

年収が低い

2つ目は給料が少ないということです。

管理栄養士の平均年収は288万円ほどです。

しかしこの数値は正規雇用も非正規雇用も含めたもので、また年齢も全て加味されています。

公務員として働くのか、民間企業で働くかによっても収入は変わってきます。

雇用形態や年齢によって収入は異なるのであくまで参考の数値だと思っていてください。

ですが、全体的に労働量や仕事内容の割には低い水準であると言われています。

そしてキャリアや職種、職場にによって格差が広いということも言われています。

人間関係の悩み

3つ目は、人間関係に悩みがあるということです。

どこの職場でも人間関係の悩みはつきものなのだから仕方ないと思う人もいるかもしれません。

ですが、管理栄養士の人間関係の悩みは少し特殊です。

クライアントの食事を指示・管理するのが仕事です。

ですので、自分よりも年上の人にも厳しく指導しなければならないのです。

仕事とはいえ、やはり気が引けますよね。

また、管理栄養士は職場で1~2人という場合がよくあります。

1人ないし2人で業務を行うい、しかもその業務は人の生命に関わるとだけあって、責任が他の仕事と比べて大きすぎるといった声を聞きます。

プライベートの時間を持てない

4つ目は、職場によっては休みが少なかったり、勤務時間が不規則だったりして、自分の時間が持てないということです。

このような理由で今の管理栄養士としての仕事を辞めたいと考えている人が多いようです。

資格を活かした転職先

せっかく長時間の勉強や実務経験を積んで国家資格を取ったのですから、その資格を活かしたいと思うのは自然なことでしょう。

管理栄養士が活躍できる職場は多岐に渡ります。

そのため、資格を活かして転職することは十分に可能です。

管理栄養士が活躍できる職場を見ていきましょう。

医療機関に転職する

医療現場では、患者の病状に合わせて食事の提供や栄養の指導を行って栄養管理をします。

医療チームの一員として医師や看護師、薬剤師などの医療職種と協力して働きます。そのため医療における栄養の専門職としての高度な知識や技術が必要になります。

学校に転職する

学校給食の現場では、小中学校などに勤務して、提供する学校給食の献立作成や成長期に必要な栄養素の計算をして、子どもたちに適切な給食を提供します。

また、子どもたちへの食育のほか、食生活の改善や食物アレルギー・肥満・糖尿病などの個別的な指導を担当することもあります。

スポーツの現場に転職する

スポーツの現場では、アスリート達の運動能力を高めるための栄養や食事に関するアドバイスを行います。

他にも、社員食堂や大学食堂での献立作成や、福祉施設や地域住民を訪問しての栄養アドバイスなどの仕事もあります。

研究職として働く

現場でのアドバイスという仕事だけではありません。

研究職もあります。国や大学、企業の研究室に入り、食や栄養に関する研究を行います。

食品企業では、食品の研究開発を行ったりもします。

このように職種は幅広く存在します。どこにも所属せずフリーランスで働くという手もあります。

管理栄養士という資格をお持ちならばできる仕事や職場は多くあるので、自分がどこでどのように仕事をしたいのかを考えてみてください。

資格なしでもokの転職先

資格を取得し管理栄養士として働いたという経験は決して無駄にはなりません。

ですので、資格が特に必要でなくても仕事に転職するのもいいと思います。

栄養士の知識が活かせるものといえば、フードコーディネーターや料理研究家があります。そこから発展して、フリーで雑誌の記事を書いたりテレビ番組に出演したりすることも出来ます。

また食品メーカーに務めることでも、栄養士の知識は生かされるでしょう。

企業であれば営業部だったり販売員だったりとポストは様々あります。

栄養士の知識を必ずしも活かさなければいけないということもありません。

管理栄養士として働いて得た「クライアントの細かい変化に気づいて気を配る」という力や「数字や細かい成分に強い」という力は、必ず他の業種でも生かされるはずです。

転職する際の面接では、そういった自分の脳力を存分にアピールしましょう。

転職を成功させるためのポイントと注意点

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

管理栄養士だけではなくどの職種でも言えることですが、転職の際には自分の長所をはっきりさせ相手に伝えられるようにすることが大切です。

この項目では転職を成功させるためのポイントをいくつか紹介していきます。

応募先の企業について研究しよう

福祉や医療の分野への転職でない限り、管理栄養士という前職の経験が優遇されることはありません。言い方を変えれば、企業からはフリーターやパートと同等の人材だとしか判断してもらえ無いということです。

よって、転職を成功させるには、まず応募先の企業をしっかり調査し、採用官に良い印象を与えることが大事なポイントとなります。20代であれば、若さと元気さを買われ採用してもらえることもあります。

一方30代以降になると採用確立は一気に下がります。希望職種の資格取得を目指すか現職を維持するのが賢明です。

資格のアドバンテージを活かそう

資格は持っているだけで企業に良い印象を与えられると思っていませんか。確かに評価されることもありますが、管理栄養士のように特定の職種でしか役に立たない資格だと、採用の判断材料には至りません。また管理栄養士について知らない採用官の場合はそもそも気にも留めらないです。

管理栄養士として自分はどう活躍してきたのか、また資格があることでどういったこと仕事ができるのかを説明出来るようにすることが転職に成功する2つ目のポイントです。

応募した企業の仕事に直接関係なくても、自分の長所をはっきり述べられる点が評価されます。資格を取得したままでいるのではなく、自分が企業にどう貢献できるのか説明することで、少しでも採用確立を上げましょう。

質の高い転職サイトを活用する

栄養管理士の経験を活かせて転職するために、知識豊富なコンサルタントのサポートが不可欠です。

大手転職エージェントのDODAはそういった独自のカウンセリングに長けているので、利用したほうがいいでしょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

実は女性のほうがお得?女性の転職に力を入れている『リクナビNEXT』の本当
リクナビNEXTは業界最大級の転職サイトです。実はリクナビNEXTで掲載されている求人は女性におすすめでき…
未経験からアプリケーションエンジニアに転職する方法まとめ
アプリケーションエンジニアに転職を考えている人必見です。転職の際のメリットやデメリットも紹介します。
【2018最新】会計士向け転職セミナーをまとめました

公認会計士である皆さんの知識は様々な場所で活かすことが出来ます。今回、公認会計士向けの転職セミ…

知られざる薬剤師のあるあるネタ集
今後薬剤師と働いてみたいがどういた業界なのか詳しくわからない。そんな薬剤師の卵となる方向けに、現役…
pagetop