転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 働き方改革による従業員のモチベーションの向上!

働き方改革による従業員のモチベーションの向上!

🕒 2018/02/22
このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方改革による従業員のモチベーションの向上!
働き方改革の導入により企業業績が赤字だった企業が次々と黒字に転換し、従業員のモチベーションや仕事の効率が向上しています。

今回は働き方改革のメリットや働き方改革を活用している会社の事例、良い働き方改革をするためにどのようにすればよいかをお伝えします!

働き改革で企業は業績アップに繋がるのか?

世間では企業の中で長時間労働による従業員の自殺行為が年々ニュースで目立っています。その影響で政府は働き改革の実施を加速してきました。

働き方改革の実施について企業によって賛否両輪が出ています。企業は働き方改革から様々なメリットを得ることになる。

皆さんブラック企業という言葉をご存知でしょうか?会社が従業員に長期労働を押し付けたり、離職する人が続々と生じることを指します。働き方改革の導入はブラック企業からホワイト企業に転換するチャンスなのです。

ホワイト企業とは、従業員が入社後に福利厚生が整っていたり、離職率が低いことを指します。働き方改革の魅力は新入社員、既存社員の離職減少の以外に企業の売上による純利益の拡大や、従業員のモチベーションの向上にも繋がります。

2018年2月19日の経済新聞によると中堅上場企業「next1000」を対象に五年間の従業員増加数をランキングで調査したところ、働き方改革を導入している企業は自社の売上増加や従業員の志気向上が高いことがわかりました。

働き方改革に成功した会社の事例

特定の会社の事例を一つ出してみよう。企業のホームページ運営代行を手がけるメンバーズは2007年に業容拡大に力を注ぎすげて、体制づくりを重視せず、社員に長時間労働を押しつけていました。

その結果、離職が大量に招いたほか、企業業績が赤字に転がりました。それをきっかけにメンバーズは働き方改革を導入しました。

今までは午前9時から出勤し個人作業が終わるまで残業するような企業体制から午前9時から午後6時に変更しました。午後6時に退勤した従業員は余った時間を家族と一緒に過ごしたり自分の趣味に時間を作ることができるのでストレスの解消の他に健康面でも良くなりました。

これにより、従業員が就業時間内で効率的に仕事ができるように繋がりました。また、これにより従業員の残業時間は30時間から16時間に減少しました。

その結果、2017年当企業の売上高は2009年と比べて7割増、純利益も増え、企業業績は黒字2009年と比較して26倍に改善しました。従業員の離職率も低下した上、2018年に145名の従業員を採用し、今では従業員が1000名規模の会社に成長しました。

このように、企業が働き方改革を導入することにより従業員の離職防止、会社の売上アップ、収益の拡大、従業員のモチベーションにつなぐことができます。

改革はどうすればいいの?

これでみなさんも働き方改革の魅力や重要性を十分にわかったと思います。ただ、ある企業では働き方改革の魅力は分かったがうちではどのように会社の働き方改革を推進すればよいか分からないなどそういった問題に抱えている経営者は沢山います。

そのような悩みを抱えている経営者に朗報があります。自社から働き方改革の専門部署を設け既存の従業員を配備し、従業員が働きやすい環境を作るためのアイデアを提案したり、どのようにすれば会社がもっとインフルエンスに働けるかを考えることになるが、働き方改革の部門を作る資金の余裕がなかったり、人手不足の企業では当然社員をその部門に回せないことが発生します。

そういった環境にある企業には他社の力を借りると言う選択が残っています。効率的に働き方改革を活用するため、そういった専門知識を持った会社と提携すれば解決することができます。

問題はワークライフバランスのノウハウを持つ専門会社を探すのはなかなか難しい。インターネットで当部門に関連する会社を調べても中々有力な情報が見つかりません。仮にそのような情報を見つかったとしてもその企業は果たして信用できるかなど信憑性の判断が難しいです。

このようなことにならないよう複数の会社で働き方改革について取り組むべきです。働き方改革の経験を持つ会社が他の会社に従業員が働きやすい環境の方法を提供することで、提供している会社側になかった新しい働き方改革の方法を提供した会社から学べることができます。

つまり、企業同士が互いにノウハウを情報交換することで自社の従業員の働きやすさを更に改善できるということです。ただし、企業同士が情報交換をする事により予期せぬ自体が訪れることもあります。それが情報漏えいです。

今では企業による顧客の個人情報の流失や話題の仮想通貨の大量紛失と同じように、企業同士による働き方改革の情報交換でそれとは無関係な企業の重要なデータが漏洩する恐れが無いわけでもありません。これを防ぐために第三者の企業が情報漏えいを防止することが重要になります。

こうすることによって、企業同士の情報交換においても情報漏えいの恐れがでてこないことや、会社同士がより一層良い働き方改革を作ることができます。

このように働き方改革は今の現代社会で特に日本の人手不足の険しい状況の中では、従業員の離職低下、従業員のモチベーションの向上、企業の業績アップを図るためには働き方改革は必要不可欠です。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職したいあなた必読!考え方を一変させるおすすめの本3選
今の自分の環境を変えたい、違う仕事に挑戦してみたい。新しい一歩を踏み出そうとしている人たちの為に、…
9サイトを試してわかった転職に使える適職診断・自己分析ツール4選
このページでは、診断ツールの使い方を含めて、各社が提供しているツールを9個も試したモニターが本当に…
転職に対する不安から道を開こう!不安の転職から自信のつく転職へ!

人は新しいことに挑戦をすると不安はつきものです。転職だって同じことが言えます。人間関係や職場環…

あなたも当てはまるかも...仕事ができない人の特徴まとめ
社会人になるとよく「あいつは仕事できないね」とか「さすが〇〇君、仕事できるね!」とかを耳にしますね…
pagetop