転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 薬剤師がつらいと感じるのはなぜか?脱出する方法は?

薬剤師がつらいと感じるのはなぜか?脱出する方法は?

🕒 2018/03/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師がつらいと感じるのはなぜか?脱出する方法は?

薬剤師を目指すために、通常の大学とは違い六年かけて勉強して、やっとの思いで掴んだ職種。社会人としてこの職種で働けることがとても楽しいと思います。

一方、「思っていた仕事とは違う」「この仕事はつらい」「もう辞めたい」と思った薬剤師は少なからずいます。ここでは、実際働いていて、人間関係や仕事上の問題でストレスを抱える方向けに、なぜ薬剤師という仕事が嫌になったのかというような疑問を打ち解けていきます。

少しでも皆さんの疑問を解消できれば良いです。

薬剤師がつらいと感じる理由とは

「私もあんな女性になりたい」と、小さい頃から薬剤師に憧れ、猛勉強してやっと自分が手に入れた仕事が出来たはずが、この仕事がつらいと感じてしまい、辞めたいと感じる人が増えています。

なぜこういったことが起きたのでしょうか。薬剤師といっても、仕事先はそれぞれです。今回は同業界の異業種から同種の仕事はつらいと感じてしまう理由を挙げます。

新人の薬剤師がつらいと感じたワケ

  • 覚える仕事量が多い
  • 立ちっぱなしで足がつらい
  • 残業が少ないと思って入った業界なのに、残業が頻繁にある
  • 人間関係が難しい
  • 患者さんによくダメ出しされる
  • などのような理由があげられました。

    薬剤師という仕事は、人間の口に入れる商品を扱っているので、安全面や、健康面を配慮して仕事を取り組まないといけません。当然ながら沢山の情報を頭の中に吸収しなければなりません。そのこともあって、毎日新しい知識を頭の中に叩き込まなければならない仕事です。

    また、この業種の仕事は座って薬を調剤することだと印象を受けていると思いますが実際のところ、仕事の中では立ちっぱなしが多く見られます。

    薬剤師は単に薬の調剤をするのみでなく、レジ打ちや、納品の処理もするので仕事がハードになることもあるのです。

    今後この職種を目指す人はこういった事を踏まえて将来の仕事を選びましょう。

    薬剤師が病院の勤務でつらいと感じたワケ

    病院で働く薬剤師はドラッグ店舗などで働く人とは違い、ずっと立ちっぱなしでレジ打ちをしなくて済みます。

    病院で働く人は患者さんと直接接する他に、病院で働く様々な専門医と一緒に仕事が出来たりと、やりがいのある仕事です。

    表では華やかな仕事をしてますが、実際のところ、不満を抱える薬剤師の方もいます。

  • 小規模の病院ではやりがいが持てないこと
  • 休日が取りづらいこと
  • 仕事量と給料が合わない
  • などといったことがつらいと感じてしまう原因にあります。

    規模の大きい病院で働くことは忙しいですが、医療員の一員として様々な経験を積むことができます。しかし、小規模の病院ではなかなかないです。なにか症状が起きれば大きな病院に駆け込む患者さんが多いので、小規模で働く人にとっては暇と感じてしまうことがあります。

    また、現在薬剤師の需要と供給のバランスが保っていないので、人手不足が続いています。そのため、家族や友人と遊びたいが、休日が取れないため、一緒に入れないことがあります。

    仮に休日が取れたとしても、家族と友人の日程が合わないことも多いのです。

    病院で働く人の給料に関しては、薬剤師の中でも低いほうだと言われています。

    薬剤師が調剤薬局の勤務でつらいと感じたワケ

    薬剤師の中でも調剤薬局で働く人の割合が一番多いと言われます。

    この職場は残業がなく、休みも取りやすく、子育ての方には適した仕事先と言われていますが、実際のところはどうでしょう。

  • 作業が単純で飽きる
  • 患者との接客がつらい
  • 人間関係が悪くなること
  • などのような理由が挙げられました。

    職場では残業が少なく、週に2日休日を取れることができる一方で、毎日の作業が単純でつらいと感じる方もいます。

    また、調剤薬局は百貨店や家電良販売店などと同様、顧客と第一線で接客する仕事です。そのため、顧客からの要望が理不尽なこともあります。コミュニケーションや他人と離すことが苦手な人は向いてない仕事だと言えます。

    薬剤師がドラッグストアの勤務でつらいと感じたワケ

    ドッラグストアで働く方は病院薬局、調剤薬局とは異なり、販売の仕事をするほか、店舗に関しても学ばなければなりません。

  • 店長職を任されることも
  • 販売を重視しなければならない
  • 薬の品出しやレジ打ちの業務
  • などが挙げられます。この職場ではたらく人は店舗を任されることがあります。そのため、売上のノルマ達成や、どのようにすれば利用者が薬を買ってくれるかなど、店舗などの専門外知識を学ばなければなりません。

    また、調剤や服薬指導のほかに、本業ではないレジ打ちや品出しもあります。

    「どの薬を飲めばいいか」という患者の悩みを解決するために薬剤師を目指してきた方はドラッグストアでの仕事は向かないです。

    薬剤師の仕事がつらいと感じたら転職しよう

    誤解を招いてしまうので事前に解釈します。ここで書いた転職というのは他業界に移すということではなく、薬剤師という仕事を続けたまま既存の仕事先から脱出することです。

    好きだからこの仕事をやっている方が人間関係などの要因で仕事を辞めるのはもったいないです。仕事がつらいと感じてしまうのは、既存の職場環境が問題なのです。

    職場を変えることでそういったストレスの問題が解決できます。

    職場を変える方法として転職サイトを使い、転職エージェントと相談してみてください。あらゆる業種の仕事環境、人間関係、社風、労働問題など、転職エージェントは沢山の情報を持っています。

    そのため、あなたにあった職場先がきっと見つかります。あなたの行動が今後の生活スタイルが変わるのです。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    ITエンジニアになるために必要な全知識と転職のコツ
    ITエンジニアは近年人気の職業ですが、その詳細はあまり知られていません。この記事では、転職のメリット…
    エグゼクティブ・ハイクラスが使うべき転職エージェントランキング
    ハイクラス・エグゼクティブ層の優秀な方にとっては転職とは大きな決断が必要となってきます。そのような…
    大手に転職したい!ハイキャリアに強いビズリーチの会員になろう
    今の会社で働いても将来性がないと感じた方の中で、福利厚生など各種制度が整っている大手企業に転職した…
    2018年に使った最高の看護師転職サイト3選
    あなたの希望の職場を見つけます!看護師向け転職サイトで人気のあるものをピックアップ。看護師の他に准…
    pagetop