転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 茶髪じゃダメ?転職面接時の髪色はどうする?男女別で考えてみよう

茶髪じゃダメ?転職面接時の髪色はどうする?男女別で考えてみよう

🕒 2019/04/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
茶髪じゃダメ?転職面接時の髪色はどうする?男女別で考えてみよう

今までの職場に慣れてくると、その雰囲気に合わせつつも、自分のパーソナリティを表すためにお好みの髪色にしたくなるものです。「黒髪のままじゃつまらない!」と感じている人は特にそうでしょう。

実際に周りには茶髪の社員もそこそこいて、さりげなく職場での生活を過ごしてきたが…

しかし、その髪色が転職活動やその面接に見合ったものかどうかは、まったく別の問題です。

当然ですが、自分のお好みの髪色は必ずしも先方企業の「受け入れられる」髪色とは限りませんし、最悪の場合に応募者の社会常識と社会人としてのマナーそのものが疑われても仕方はありません。

ここでは、転職の際に髪色をどうしたらいいのかを、男女別で考えていきましょう。

面接官は何を見ていますか

言うまでもないのですが、転職面接時に、面接官がもっとも重視するのは、あなたという応募者の人柄や、前職で積んできた経験とスキルでしょう。

すなわち、あまりにも社会人やビジネスパーソンとしての常識からかけ離れないかぎり、髪型や髪色は、それほど重要視されるわけではありません。

しかし、そうはいっても、「じゃ茶髪でもOKですね」、というわけでもありません。

あなたに対する第一印象は、実は面接の結果を大きく左右することもできますから、ケース・バイ・ケースですが、「茶髪なんて…」と思い込んでいる面接官はまだまだいるのも事実ですし、後にせっかくいい答えをしたのに評価してもらえないのは残念の極りでしょう。

それでは、転職をする際の髪色をどうするべきなのかを、男女別にみていきましょう。

転職時の髪色マナー/男性の場合

結論から申し上げますと、男性は、基本的に髪を染めない方がよいとされいます。

なぜならば、時代が結構進んだにもかかわらず、「茶髪の男性なんて、芸能人気取り?」と思っている面接官はまだ大勢にいますから。

そのため、男性の髪色は基本の黒色以外、あまり歓迎されない傾向にありますが、生まれつきに髪色が茶髪になっている方なら、無理矢理に黒髪に染める必要もありません。(余計に金銭的、身体的な負担をかけるため)

その場合は、履歴書や面接最初の自己紹介に一言を加えると、相手面接官の理解がもらえるはずです。

また、男性の場合は、髪色より髪型に気を付けたほうがよいかもしれません。転職者は社会人としての経験が身についているため、新卒の学生より、身だしなみがより厳しくチェックされています。

そのため、髪型はあまりオシャレすぎないように、すっきりと短めに、清潔感のあるかたちにしておきましょう。もちろん長い髪で寝癖がついてボサボサの髪型は論外です。

転職時の髪色マナー/女性の場合

女性の場合は基本の男性よりも、髪色は黒髪より少しだけ明るくなっても許容されることが多いようです。

それでもやはり、非常に目立つ金髪はもちろん、トーンの高い髪染めは軽薄なイメージを与えがちなため、髪色を黒っぽく見える程度に収まったほうがベストでしょう。

地毛の色がもともと茶髪だったりする場合は、男性の場合でも言いましたように、履歴書や自己紹介に一言を入れておくといいでしょう。この場合も、わざわざ黒染めをする必要はありません。

また、男性と同じく、ヘアスタイルにも気をつける必要があります。

オシャレすぎず、清潔感を与えるようにしたほうがベターでしょう。前髪は目にかからない長さが望ましいですが、切りすぎると幼稚に見えることもあります。

実は髪色への規定は業界ごとに違う?

これまでに述べてきた内容ですが、あくまでも一般論にすぎず、どんな場面にでも対応できるような、もっとも「無難」なチョイスです。

どこまで髪を染めていいのかは、実は業界ごとに違ってきます。

一般的に、金融や保険、そして官公庁は比較的に保守的な傾向にあって、もしそちらの業界への転職をお考えならば、黒髪に戻すことを強く推奨します。

逆に、ITや芸術系の仕事(デザイナーなど)は、よりハイレベルのクリエイティビティが求められているため、応募者の個性を尊重する価値観があって、もっとも無難な黒髪というより、むしろ個性の表れる髪色の方が面接官の心に残りやすいでしょう。

なので、転職をする際に、ケースによって、茶髪が可と不可の基準が実は非常にあいまいなもので、事前の業界研究でしっかりと情報収集を徹底しましょう。

迷ったらマイナビエージェントの助言を

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割
どうしても髪色で迷ってしまったら、自分の転職希望業界に詳しい転職専門エージェント、マイナビなどに聞いた方がオススメです。

もちろん、「茶髪のままでは面接にいけますか」というような質問は、絶対直接企業に聞いてはいけません。

なぜならば、「髪色ぐらいは自分で決めることでしょう」というように、あなたの社会人としての常識が疑われますので。

面接時の身だしなみは、第一印象が大きく左右して、採用の結果にも関わるものですので、面接で採用担当者に良い印象を与えられるようにしましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職が決まらない?「価値」「興味」「能力」という3つで判断すべき
「今の職場に居続けてもキャリアに繋がらないし、今月の給料をもらったら転職しようかな」キャリアカウン…
面接で変な質問や珍しい質問をされた時の対処法と回答例
中途採用の面接で聞かれる質問なんて、自己PRと志望動機だけと思っていませんか。実は予想外の質問を投げ…
転職エージェントにごり押しされたらどうすればいいのか
転職を考える時、転職エージェントに相談することは正当な手段です。しかし、転職エージェントによっては…
実は知られていない年齢制限を突破できる中高年の転職成功の秘訣
時代が移り変ってきて転職に関する概念が変わってきました。これまでの考え方を改めて自分の年齢を気にせ…
pagetop