転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > ブラック企業は辞めたいと思った時が辞め時

ブラック企業は辞めたいと思った時が辞め時

🕒 2018/06/15
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの企業はブラック企業ではありませんか?

ここでは、ブラック企業かどうかを簡単に見分ける方法やブラック企業を辞めたいと考え始めた方へのハウツーを紹介します。

ブラック企業の見分け方

あなたの企業はブラック企業か

そもそもブラック企業は一般的な企業とどんなところが違うのでしょうか?

「見かけは普通の企業でも、入社してみて初めてブラック企業であると分かった」という声もありますが、実は見分けるための分かりやすいポイントがあります。それを紹介していきましょう。

求人広告の頻度の高さ

「あの企業、求人広告をよく出しているけど、大手企業だから大量募集しているのだろう。」そういった考え方もできますが、その企業はブラック企業である可能性が高いですよ。

なぜなら、求人広告を出しているということは、その分離職率も高く辞めたいと思う方が多いことが窺えます。

選考の条件が緩く、待遇が極端に良い

求人広告をよく出している企業は、広告の掲載頻度の高さだけでなく、求人内容の方にもブラック企業であることが垣間見えます。

選考の手順が厳しくなかったり、初任給が極端に高い額であったりなど、就職・転職活動中の社会人の目に留まりやすいように操作されている可能性が高いです。

会社のホームページが簡素・未更新のもの

求人広告や待遇条件には手間をかけている企業でも、実際にその企業自体の情報も露わであるというわけではありません。

ブラック企業のホームページは、設置当時から変化がなかったり、そもそもそのホームページからその企業の情報にアクセスできなかったりするものが多いのです。

ネットの口コミが極端に

ブラック企業の中には、ネットの企業評判自体がそもそも良くないものも見られます。

その企業の元社員によるコメントが口コミサイトに載っていることがあるのでチェックしてみることをおすすめします。

ブラック企業だと感じたら、「辞めたい」と思いはじめたら

「辞める」ことは悪くない

「一度入社した手前、すぐに辞めるのは良くないよな。」

そう考えてしまいますよね。

しかし、ブラック企業であることに気付き、辞めたいと思い始めたら、まずはその考えを変えることを始めましょう。あなたが役に立てる企業や、あなたを即戦力だと考えている企業は他にも山ほどあるのですから。

転職活動の大変さを考えると、不安かもしれませんが、いくつかの転職機会は誰しも必ず迎えることとなります。

まずはそのブラック企業を辞めることを考え、行動するのが先です。

まずは、退職を円滑に進めることが大切なのですね。

ブラック企業を本当に辞めたいなら

「辞めたい」と思ったら、すぐ行動する

「退職する決心は着いたけど、少し落ち着いた時期になってから手続きをしよう。」

その考えだと永遠に辞める機会を失ってしまいそうです。

入社した時点で雇用保険や雇用契約など、企業側が手続きを早くも終わらせてしまい、いざ退職しようとすると面倒な手順が多くなっていたということもありえます。

あんなに辞めたいと思っていたブラック企業の職歴が、残したくない職歴として転職活動を妨げるであろうと考えたら、迅速な行動を心掛けたいですね。

「辞めたい」を行動に移そう

退職「願い」ではなく、退職「届け」を作成する

ブラック企業は、社員の離職をできるだけ防ごうとしたり、手続きを複雑にさせようと図ったりすることもあります。

そのため、退職「願い」ではなく、退職「届け」を作成する必要があります。

なぜなら、退職願いの提出は上司に「退職したいので、許可をいただきたいです。」という上司の承認を要求するものであるため、ブラック企業の上司によって否認されてしまい、社員の「辞めたい」という考えを認めてもらえない可能性が生じてしまうからです。

退職届けならば社員側が退職を宣言する形となるので、上司からの否認は被りません。

退職届けを上司に提出する

作成した退職届けを上司に提出する際にも注意が必要です。

「辞めたい」という気持ちを明確に示すことです。

届けを提出する際、ブラック企業の上司や先輩社員に強引な引き留めがあることでしょう。転職活動の厳しさについて説かれたり、退職を後悔することになるであろうと仄めかされたりするかもしれません。

それでも、「辞めたい」という意思を必ず伝え、手続きを進めることに集中しましょう。

「辞めたい」という気持ちを行動に移す権利はあなたにあるのです。

ブラック企業を「辞めたい」を行動に移した結果

あの時辞めて良かったと必ず思える

まだ、ブラック企業を辞めることを恐れている方がいるかもしれません。

それでも退職したことで、精神的にもゆとりができたと考えている方のほうが多いようです。ここで、いくつかのブラック企業を退職された方の思いを見ていきましょう。

・今までのストレスから解放された

ストレスから解放されたことで、改めて自分自身と落ち着いて向き合えるという方もいます。

・「辞めたい」を実行に移せて良かった

ブラック企業に流されずに、自身で行動したことが自信に結びつき、前向きに転職活動を進められそうだという方もいます。

ブラック企業を辞めることを過度に恐れる必要はないのですね。

ブラック企業を辞めることは難しくない

ブラック企業を辞めることは難しいことではありません。

もし辞めることを考えはじめたら、迅速な行動を勧めます。

後に、「あの時「辞めたい」を実行に移して良かったと思う日が必ず訪れますよ。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣
化学メーカーと一口に言っても業種は様々。この記事ではメーカーでの研究開発職から転職したいと考えてい…
新卒で入社した会社が合わないと思っている20歳女性の方!不安な転職の流れとポイントを伝授します。
新卒で入社した会社、やりたいことと違うし雰囲気も合わないなと感じている20代女性の方、転職したいと思…
専門商社から転職したい方におすすめの転職先まとめ
古い体質と言われる専門商社の仕事を辞めて、どこか違う業界の新鮮な空気を吸ってみたいという方は激増し…
キーエンスに転職すべき?年収|社風|社員の評判をまとめて紹介
日本一高い給料を出す会社「キーエンス」。なぜそんなに高い給料が出せるのか、高い売り上げを出す秘密は…
pagetop