転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 官僚から転職したいあなたにたった5分で読めるアドバイス

官僚から転職したいあなたにたった5分で読めるアドバイス

🕒 2018/03/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
官僚から転職したいあなたにたった5分で読めるアドバイス

最近、「森友学園」の問題財務省が書類を変えるなど、政府界では複雑になってきました。「今までは国民を守るため、正義を貫くために官僚に入ったのに」と純粋の政治家が、こういった国民を裏切るような行為をする上司や官僚をみて、この業界に対して飽きを感じてしまった方もいます。

そこで、当ページでは、「官僚の転職事情」を題名にして、官僚から他業界に転職した方向けにオススメ出来る転職先を紹介していきます。

官僚から転職をしたい理由や原因

最初の段落で述べたように、難関と言われる国家公務員採用総合職試験などを合格して、手に入れた官僚のというポジションであったのに、政府が国民に対する裏切り行為が過激化しつつある現場を見た、官僚は別の業界や民間企業へ転職を考える人が、少なくないようになりました。

「なぜ官僚から転職したいと考えるのだろうか」と、現在官僚を目指す若者は疑問に思っているのかも知れません。

官僚として働く上では、上司以外に市民と立場を考えて行動したければならず、心身共に他変なこともあり、必ずしも楽な仕事と言えないのです。

また、上司の命令に逆らえない事も多くあります。自分がやりたいことが上司に否定されやすい環境もないわけではないので、これから官僚に転職したいと考えている方は、官僚という職業のメリットやデメリットを理解し、次へ進むことをオススメします。

官僚から転職したい理由その1:マスコミに叩かれやすい職業

官僚と言うと安定な職業かつ、エリートのようなかっこいい仕事というイメージが世間に定着していますが、インターネットの普及などにより、官僚の一つ一つの行動が国民の目線に入りやすくなりました。

国民が政府の関心が強くなったのもマスメディアがあるからです。

ある官僚が生中継でインタビューをした際に、無意識に発した不適切な言葉が原因で、国民から責められることもあります。

インターネットが復旧しなかった過去にこういった言葉を発しても、ビデオや録音が無いため、たいした問題は無かったのですが、今では問題になります。

そのため、エリートという官僚のイメージは、ここ最近では悪い印象が増えました。

マスコミなどの厳しいインタビュー攻めに中傷を全く気にしたいという方であれば問題ないですが、周囲からの低評価や圧力に対してセンシティブな方は、ストレスや精神的に負担が大きくなることがあります。

官僚から転職したい理由その2:人間関係の争いが激しい世界

官僚というと、エリートというイメージはありますが、そのエリートよりさらなるエリートがあります。それが「エリートからの出世」です。

つまり、官僚として長年働くことで出世ができ、より高い位置の大臣や総裁など、目指すことができます。

ただし、必ずしも全ての人が出世できるとは言えないので、激しい出生競争が待っています。

出世競争で敗北、もしくは出遅れた場合、単に出世ができないでは済まないです。地方へ飛ばされたり、重要な仕事を任せない恐れがあるのです。

そのため、出世に出遅れないようと、必死に頑張ります。

出世で一番大切なことは、人間関係です。「この上司な大臣や総理になる素質があって、この人の下なら私も出世しやすくなる」と言うような考えを持ちます。

そのため、有望な上司に好かれようと、一緒に飲みに行ったり、高級商品を渡したり、一緒にゴルフしたりなどしていきます。

国民の支持率が強かったりする以外、単位仕事だけ頑張って、人間関係を疎かにした場合、出世出来るチャンスが少なくなります。官僚のサークルでは、出世は平等にできないことが多いと考えることです。

そういった、人間関係の左右で自分の出世が決まってしまう業界、激しいシュッッセ競争で勝ち残る自身がない人は、官僚に向かいない可能性があります。

官僚から転職したい理由その3:過酷な業務の連発

私達が日頃お世話になっている、市役所などの公務員を見ていると、勤務時間が長かったり、残業が多いイメージがありますよね。

国家公務員である官僚は、それより激務と言われています。

官僚の場合は、土日祝日関係なしに、国のため、国民のために仕事をしています。

また、官僚の部署やポジションによっては、深夜の帰宅や、早朝からの仕事が早いことも、珍しくはありません。

民間企業とは違い、簡単に倒産することもないので、安定な仕事とは言えますが、体力があったり、精神力が強い方でないと、官僚として働くことは難しいと言えるかもしれないです。

官僚から転職する場合におすすめしたい転職先

上記で紹介した官僚から転職したい3つの理由から、自分は官僚に向いていないのではないかと考える方がいるかもしれません。

民間企業という新しいフィールドで活躍してみませんか?

そういった挑戦者の方に、おすすめする民間企業を一挙大公開します。

  • 総合商社
  • コンサルティング業界
  • 銀行業界
  • 航空業界
  • なぜ、こういった業界を紹介するのかと、疑問に思っている方はいます。

    その詳細について、私が述べるよりも、こういった業界に詳しい転職エージェントと相談したほうが、もっと詳しく説明してくれます。

    転職エージェントでは、そういった業界のメリットやデメリット、また、同業界によっても社風や、収入、行っているサービスが違ったりするので、そういった情報も転職エージェントでは沢山持っています。

    ご興味をお持ちの方は是非、彼らに相談したみてください!

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント
    アセットマネジメントに転職しようと思っても、いろいろ知っているようで実は分からない。専門性の高い金…
    【138社から12社厳選】業界別おすすめ転職サイト
    このページでは、アパレル、金融、介護など何か一つの業界に特化した転職サイトをご紹介しています。それ…
    転職するならこの業界!2019年に最もアツい業界を隠さずにご紹介
    転職するべきかを迷っている方、転職しようとしているけどどこがいいのか分からない方、業界や職種も何を…
    未経験でもフリーランスエンジニアになれるの?
    フリーランスエンジニアという言葉を聞いたことありますか?未経験からフリーランスエンジニアになって収…
    pagetop