転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 転職の時に誰に相談すべき?相談所の使い分け大公開

転職の時に誰に相談すべき?相談所の使い分け大公開

🕒 2018/06/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職の時に誰に相談すべき?相談所の使い分け大公開

「職場でいじめ・パワハラに遭った」

「転職をしたいが、やはり不安」

「自分が何をできるのかがわからない」

こんな悩みもっていませんか?

転職のことならもちろん会社の人間に言えないし…家族にも心配をかけたくないからいつまでも黙っている…真剣に相談したいだが友達に笑い話にされた…というようにひとりで仕事の悩みを抱え込んでしまう方は多くいるでしょう。

特に男性の方は、「これくらいだけで弱音を吐くなんて…」と思い込んでしまい、なかなか転職の話を切り出しにくいでしょう。

そんなときは、一体どれに相談すればよいでしょうか。

転職相談所の分類と使い分け

転職相談所を大きく分類すれば、以下の二種類があります。

  • 公共系の相談所(ハローワークなど)
  • 民間系の相談所(リクルートエージェントなどの転職エージェント)

「どこに相談すればいいのか?」と迷っている時は、実は以上両方のどちらでも相談に行ってみるのがおススメです。

色々な人からアドバイスを聞いて、自分の職業観を新たに設計していくのがいいでしょう。

公共系の転職相談所

公共系の転職相談所といえば、ハローワークを思い出す方が多いでしょう。

ハローワークは各都道府県労働局に属している機構で、「公共の福祉」という視点から職業安定の諸サービスを提供しています。税金でその運営を賄っているため、完全無料かつ完全中立なアドバイスを提供してくれます。

「完全無料でいいんじゃん!」と思われるかもしれませんが、ハローワークは実は失業認定・雇用保険適用というような社会保険に関連する諸手続きが主要業務で、その余力で雇用対策として職業紹介業務をやっています。

つまり、ハローワークの職員は、社会保険の手続きに詳しい方が多くいて、求職者のキャリアプランの設計に関してはそれほど期待できないでしょう。

しかし、その反面、完全中立なアドバイザーでもあるため、転職のことはもちろん、それ以外の仕事の悩みに関する相談も気軽にできるでしょう。

民間系の相談所

民間の転職エージェントは基本的に業種毎に担当が分かれているので、専門的で具体的な話を聞くことが出来ます。

また、そのエージェントはだいたいキャリアカウンセリングのプロですので、 現在のあなたのキャリアから就業可能な職業リストを具体的に教えてくれるでしょう。さらに、職務経歴書を書く際の助言から面接対策までアフターサービス体制も整えています。

しかし、言うまでもないのですが、民間の転職エージェントは求職者からお金をもらいませんが、紹介先から転職者年収の約3割を手数料としてもらうというビジネスをやっています。

当然、「ただ転職について相談してみたい」というような人より、「今すぐでも転職をしたい」というような人の方がビジネスのお客さんとして歓迎されるはずです。

転職相談にいく前に明らかにしておきたいこと

ここまで述べてきたように、公共系の転職相談所と民間系の転職相談所に、それぞれの得意と不得意があるということはお分かりになったでしょう。

ここでは、転職相談所に行く前に、明確にしておきたいことを紹介していきます。

「転職をしたい理由」を明らかにする

「職場での人間関係が嫌いだった」、「飛び込み営業が苦手」などなど、自分の向きと不向き、好き嫌いをきちんと整理しておくと、次回の転職で、「こんなはずじゃなかった!」という不本意な失敗も防げるでしょう。

仕事内容と収入の優先順位を決めておく

仕事も楽しくて収入も高いという職業は理想ですが、残念ながら楽しさと収入の高さはなかなか両立できません。その場合は仕事内容と収入に優先順位をつけると、転職時の過剰な期待も防げますし、より客観的に自分の目標を絞り出すことも可能でしょう。

転勤の有無を押さえておく

一昔の総合職といえば、会社の辞令一つで全国のどこへでも転勤するという勤務スタイルが一般的でしたが、今はそんなことがなくなってきています。地域限定正社員など、色々な選択肢も豊富です。会社に人生のすべてを捧げるよりも、ワークライフバランスを大事にしましょう。

まとめ

今はまだ誰に相談すればいいのかわからない悩みであっても、転職のプロに相談することだけでその悩みが解決されるかもしれません。

また、公共系の相談所と民間系の相談所うを上手く使い分けると、自分の持っておりスキルや経験から算出される市場価値、そしてある業界の動向を客観的に把握する良い機会が得られるかもしれません。

漠然とした不安を抱えたままでは物事は前に進まないので、気持ちも前向きにしましょう。

転職は人生の一大イベントです。一人で悩まず、まずは公共でも民間でも、いろいろな転職相談所に相談することから始めてみましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

化学メーカーから転職したい?転職を成功させるためのたった一つの秘訣
化学メーカーと一口に言っても業種は様々。この記事ではメーカーでの研究開発職から転職したいと考えてい…
パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル
パワハラの被害に会っている方で早く現在の会社を辞めて、他社に転職したいでも、また同じことが起きるこ…
仕事が辛いのに相談できない!そんな時にすべき対処法
仕事のことで辛くて悩んでいるのにどこに相談したらいいかわからない方は多くいます。今回はそういう時の…
営業職向いていないと気付いたら内勤営業に転職すべき
「毎日外回りで体力的にきつい」「口下手でクライアントとなかなか信頼関係を築けない」「毎月の営業ノル…
pagetop